あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

空き家を有効活用、愛知県みよし市の空き家対策と助成金とは?

愛知県のほぼ真ん中に位置するみよし市。みよし市は名古屋市と豊田市の間にあることから名古屋市と豊田市のベットタウンと言われ、みよしICがあることから交通の便がいいのがみよし市の特徴です。

そして、みよし市はカヌーの町としても有名で自然環境がいいところもみよし市の魅力です。そんな、みよし市には空き家を有効活用し、助成金を利用することで費用を抑えみよし市に住むことができます。今回の記事では、みよし市の助成金について紹介していきます。

みよし市の空き家対策


みよし市では空き家を解体し減らすのではなく、空き家を有効活用することを薦めています。空き家を手放したいという人が空き家の情報を登録し、みよし市に住みたいという人がその空き家の情報を見て、購入・賃貸したいと思ったら助成金を活用し購入または賃貸した空き家をリフォームすることができます。

そのため、空き家を手放したいという人は解体する際に発生する費用もかからず、みよし市で家を探している人は土地代や新築費用がかからないという制度となっています。

まずは、この制度を受けるためにみよし市の公式サイトで空き家バンクに登録し、空き家を売却・賃借したい場合と空き家を購入・賃貸したい場合のそれぞれの空き家バンクの利用方法を見ていきましょう。

空き家を売却・賃借したい!


空き家を手放したい人の空き家バンクの利用方法を紹介していきます。まず、空き家バンクで空き家の情報を登録し、空き家を売却・賃借することができます。空き家の管理は大変なため解体したいけど、そんな費用はないという人にいい制度です。

参考元:みよし市-空き家を売りたい、貸したい

空き家バンクの登録するには?

空き家バンクの登録には下記の書類が必要になります。

  • 空き家バンク物件登録申込書
  • 空き家バンク物件登録カード
  • 空き家に関する確認済証の写しか検査済証の写し

空き家バンクの登録ではこれらををみよし市役所(都市建設部都市計画課)に提出すれば登録できますが、下記の条件に当てはまると空き家バンクに登録できません。

  • 老朽化が酷いもの
  • 土地に抵当権などの担保物件が設定されているもの
  • 複数空き家の所有者がいた場合、空き家バンクの登録を認めない人がいる
  • 建築基準法に適法されていないもの

老朽化が酷いものとはどの程度のものかというと、昭和56年以前に建てられたものかどうかが1つの基準になるようです。なぜ、昭和56年が基準になるかというと、建築基準法の耐震基準が改正された年だからです。老朽化とは見た目のことより耐震性を重視するようです。

ですが、空き家自体がどのような状態かをみよし市役所の職員が現地調査するため多少は見た目での判断もあるでしょう。

下記が実際の登録申請書です。

「契約交渉の方法」で宅建協会に仲介をチェックすると、売却・賃借が決まった際に市役所から宅建協会に連絡してくれます。

これらをみよし市市役所に提出後、市職員が空き家の状態を確認するため現地調査に来てくれます。

実際に売却・賃借することになったら

自分の空き家を購入・賃貸したいという人がでたきたら契約の交渉になりますが、空き家バンクでは直接交渉と宅建協会に仲介をお願いする方法があります。ですが、直接交渉では費用などのトラブルになる可能性があるため手数料はかかりますが、仲介をお願いする方法がいいでしょう。

これからみよし市に住む人


次はこれからみよし市に住むという人の空き家バンクの利用方法を紹介します。まず、これから住む家を探している人も空き家バンクに登録します。そうすることで、みよし市の空き家情報を見ることができます。(現在は登録された空き家はありません。※2018年12月時点)


参考元:みよし市_空き家を探す

なぜ、普通に家を探すより空き家バンクで家を探したほうがいいのかというと空き家バンクに登録された家を購入・賃貸しリフォームするとその際、発生した費用を補助してくれる制度があるからです。

ですが、この制度は親世帯と子世帯の多世帯同居か多世帯近居のみの制度となります。しかし、両親がみよし市に住んでおり、子育てが心配なため近くに両親がいてほしいという方にいいかもしれません。

補助対象は?

多世帯同居と多世帯近居では少し対象内容が違うため間違えないように確認しておきましょう。

    【多世帯同居の場合】

  • 親世帯と子世帯の全員が空き家バンクに登録された空き家を購入・賃貸し、同じ敷地内に住んでいること
  • 親世帯と子世帯の全員がみよし市に居住地がないこと
  • 親世帯と子世帯の全員が市税等を滞納していないこと
  • 親世帯と子世帯の全員が生活保護法などの扶助を受けていないこと
  • 親世帯と子世帯の全員がこの制度を初めて受けていること
  • 親世帯と子世帯の全員が暴力団員または暴力団員と密接な関係ではないこと
    【多世帯近居】

  • 親世帯と子世帯のどちらかが空き家バンクに登録された空き家を購入・賃貸して住んでいること
  • 親世帯と子世帯の全員が市税等を滞納していないこと
  • 親世帯と子世帯の全員が生活保護法などの扶助を利用受けていないこと
  • 親世帯と子世帯の全員がこの制度を初めて受けること
  • 親世帯と子世帯の全員が暴力団員または暴力団員と密接な関係ではないこと

多世帯近居の場合は親世帯と子世帯のどちらかが既にみよし市に住んでいることが前提になっています。親世帯と子世帯のどちらもみよし市外に住んでいる場合はどちらもみよし市に戸籍を移さなければいけません。

補助はいくら?

家を買うのもリフォームすることも費用がかかるため、いくら補助してくれるのかきになりますよね。いくら補助してくれるかというと

・多世帯同居の購入 60万
・多世帯近居の購入 20万
・多世帯同居のリフォーム(借りる場合のみ) 20万または工事費用の1/2
・多世帯近居のリフォーム(借りる場合のみ) 10万または工事費用の1/2
また、リフォーム費用から補助金分を引いて上限の20万円以下になった場合は1/2の費用になります。

リフォームの計算例
例1)リフォーム費用 50万円
50万円-20万円=30万円 ◯ 50万円×1/2=25万円 ✖
※高いほうが費用になります

例2)リフォーム費用 30万円
30万円-20万円=10万円 ✖ 30万円×1/2=15万円 ◯

この制度を活用せず、みよし市で一戸建てを購入した場合1500~3000万円くらいかかり、修繕くらいのリフォームでは200~500万円とかかてしまうため補助してくれるのは嬉しいですよね。

補助金の申請

補助金の申請をするためには「みよし市空き家活用事業補助金交付申請書」と一緒に購入・賃貸してから1年以内に下記のもの提出します。

  • 親子であることを証明する戸籍全部事項証明書の写し
  • 子世帯の養育する子供が胎児のみである場合、親子健康手帳の写しまたは出産予定がわかる書類
  • この制度を開始したことが分かる子世帯と親世帯の住民票の写し
  • 子世帯と親世帯の納税証明書
  • 補助対象建物の全部事項証明書
  • 空き家を購入した場合は売買契約書の写し
  • 賃貸した空き家をリフォームした場合は工事請負契約書の写し・領収書の写し、リフォームした部分の写真
  • 補助対象建物の図面など

また、補助金の申請に必要な書類の他に転勤、療養などその他転居が必要にならない限り3年以上住むことが条件になっています。

まとめ


今回はみよし市の空き家対策について紹介してきました。みよし市の空き家対策は空き家を手放したい場合もみよし市にこれから住むという人も空き家バンクを利用することで空き家を有効活用することができるいい対策ですよね。また、空き家を購入・賃貸した場合は補助金を利用するといいでしょう。