あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

最低限おさえておきたい空き家管理の方法と空き家管理代行サービスおすすめ3つ

管理サービスを使う

空き家の管理って意外と面倒ですよね?
そもそも誰も住んでいない家にそこまで手間や時間を掛けたくない!

誰か代わりに管理してくれると助かるのに…
なんて悩みを抱えている方も多いはず。

そこで今日は普段忙しくてお困りのあなたに代わって、低コストで空き家の管理をしてくれる、空き家管理サービスについて紹介します。

空き家にはどんな管理が必要なの?

空き家の管理に必要な事誰も住んでいないのなら放っておいても問題無いと感じる人もいるかもしれませんが、実は誰も住んでいない空き家の方が老朽化が早く、何もせずに放置したままにしていると気づいた時には手遅れになっている事があります。

ではなぜ、空き家には管理が必要なのでしょうか。
また、どのような管理が必要なのでしょうか?

老朽化防止に必要な管理

老朽化防止
空き家の管理の方法は沢山ありますが、管理するポイントをしっかりおさえておかないと老朽化を食い止める事はできません。

という事で、老朽化を防ぐために必要な項目をまとめてみました。

換気

換気空き家が老朽化する一番の原因は湿気だと言われています。
誰も住んでいない空き家は、家の中に湿気が溜まってしまい、溜まった湿気が家を腐らせてしまいます。

そのため定期的に換気をして、湿気を逃がしてあげる事が必要です。

また、換気をする際はクローゼットや押し入れ、靴箱など湿気が溜まりやすそうな場所を徹底的に開けて換気した方が効果的です。

通水

通水水道を使わずに放置していると中の水道管が錆びて、破裂してしまう事があります。
それだけでなく、長い間水道を使わないと水道管の中の水が蒸発して乾いてしまい、下水管からの空気が直接流れ込んで悪臭の原因にもなります。

最悪の場合、そこからネズミや害虫が侵入してくる事もあります。

そこで、空き家でも定期的に通水をして、異変が無いかのチェックをする必要があります。
最低でも1ヶ月に1回以上は通水の確認をして下さい。

この時、水の出は悪くないか、錆びが混じった赤茶色の水が出ないかなどに注意して、1分程度水を出しっぱなしにします。

これだけでも水道管に新しい水が送りこまれて乾きの防止できますし、錆びや異変が無いかを確認する事ができます。

除草

除草庭の雑草は放っておくと勝手に伸びてしまうので困ります。
「草刈りしなきゃ」と頭をよぎる事があっても、ついつい先延ばしにしてしまいがちですがちですよね。

しかし、そのまま放っておくと、庭に生い茂った雑草が害虫たちの格好の住み家になってしまいます。

大量に発生した害虫は、最悪の場合近隣にも被害を及ぼす事があります。

そうならない為にも庭の除草は大切です。

さらに、自分の家から飛び出した雑草や樹木は隣の家の人が勝手に切ることが出来ないので、場合によっては近隣トラブルに発展してしまう事もあります。

遠方に住んでいてなかなか空き家の除草ができないという場合は、防草シートなどを活用して草が生えにくい状況を作っておくと安心ですね。

雨漏りのチェック

雨漏り空き家の雨漏りを放置すると、壁や畳に大量のカビが発生したり、天井や柱の木造部分を腐らせる原因になります。

もし雨漏りをしていれば天井にシミがあったり、壁紙の一部が剥がれている事があります。
空き家を見に行くときには忘れずにチェックするようにして下さい。

とはいえ、雨漏りは目に見えないところで進行しているので発見した時には既に症状が悪化している場合もあります。
ある日突然、押し入れやクローゼットにカビが発生していたり、部屋に入った時に悪臭がしていていたら要注意です。

もしかしたら雨漏りしているかもしれません。

雨漏りは発見が難しく、見つけても自分で修理する事が難しい厄介な問題です。
早期発見のためにもこまめにチェックして下さい。

防犯上の管理

防犯長い間放置されている空き家は、犯罪の危険にもさらされています。
空き家に知らない人が住み着いていたり、空き家が放火の被害に遭ったという事例は少なくありません。

犯罪の拠点に使われた事例もあります。

空き家を国際詐欺に使う外国人

東京都世田谷区千歳台のアパートで管理人をしている男性から警視庁成城署に通報があった。現場に急行した署員が翌11日、アパートに出入りして家電製品を受け取っていた中国人の女(21)を発見し、住居侵入容疑で逮捕した。

引用:産経ニュース

空き家にまつわる事件や事故を未然に防ぐには定期的に、継続して空き家を見に行く事が一番の対策です。
もちろん外観だけで無く、内装もチェックして何か異変が無いか確認する必要があります。

そのほかにも、防犯グッツなどを活用して容易に侵入出来ないよう工夫したり、管理者が居る事が一目で分かるような張り紙、看板などを設置してとにかく不審者を寄せ付けない工夫が大切です。

できることなら近隣の方にも協力してもい、異変があればすぐに分かるようにできると心強いですね。

空き家管理サービス3社を比較

サービス比較空き家の管理は以外とやるべき項目が多く、手間がかかりますよね。
空き家を守る為にもきちんと管理をしたいですが、継続して漏れなく管理を続けていくのは大変です。

あなたも空き家の管理を誰かに頼みたいと考えた事があるのではないですか?

実は、空き家を管理して欲しいという需要は高く、近年では空き家管理事業に参入する会社が増えています。
ここでは、空き家管理サービスを専門にやっている会社の中でも、特徴的な3社をご紹介します。

1.大東建託パートナーズ

大東建託パートナーズ

内外巡回サービス

初期費用無料
月額10,000円(税別)
基本サービス換気、通水、清掃、除草、雨漏り・カビ確認、郵便物の転送、巡回報告有

充実のサービス内容!

老朽化を抑える為に必要だと言われている項目が基本パックに含まれた安心のサービスです。
空き家の活用を考えている方、空き家を長持ちさせたい方にはオススメのサービスです。

2.NPO法人空き家・空き地管理センター

100円管理サービス

100円管理サービス

初期費用3,800円(税別)
月額100円
基本サービス外観確認,管理会社の看板設置,クレームの一時対応,巡回報告

とにかく費用を安く抑えるならココ!

月額100円という驚きの価格で管理してくれるサービスです。
ただ、基本サービスに含まれる内容は少なく、オプションで必要な項目を追加していくスタイルになっています。
自分で出来るところは自分でやって、足りないところをお願いしたいという方にオススメです。
賢く使いこなせれば費用はグンと抑えられそうですね。

3.HOME ALSOK

るすたくサービス

HOME ALSOKるすたくサービス

初期費用
月額4,000円(税別)
主なサービス敷地内から外観見回り,郵便物の回収

プラス1,000円でホームセキュリティがつく!

基本料金に追加で毎月1,000円支払うと、ALSOKのホームセキュリティが付けられるという魅力的なサービスです。
いざという時、セキュリティのプロが駆けつけてくれるというのは心強いですよね。
防犯対策を重視している方にオススメのサービスです。

空き家管理サービスの落とし穴

落とし穴空き家管理サービスは自分の代わりに空き家を管理してくれる非常に便利なサービスです。
しかし、空き家管理サービスを利用する際には注意が必要です。

空き家管理サービスは月額だけでは決められない

月額料金空き家管理サービスを選ぶ際に注意して見てほしい事があります。

それは、『換気』をしてくれるかどうかです。

もともとのプランは安くても換気はオプションだったり、少し月額は高いけど換気は基本サービスに含まれていたり、換気をするかどうかで料金が大きく変わる場合があります。

空き家の管理をする上で一番重要なのは換気です。
換気をしないと空き家はすぐに老朽化してしまいす。

せっかく月額料金を払うなら換気をしてくれるサービスを選ぶことをオススメします。

空き家管理サービスで老朽化は完全に止められない

止められない空き家管理サービスを利用すれば定期的に空き家を管理してくれますが、その頻度はせいぜい月に1回程度です。
管理しているとはいえ、空き家の老朽化や防犯のリスクを完全に取り除けるわけではありません。

とても便利なサービスですが全ての管理を丸投げできるわけではありません。
空き家管理サービスを使う場合でも、最終的に空き家をどうするのか?
いつまで空き家管理サービスを使うのか?というのは平行して考えていく必要がありそうです。

リフォームをしていつか住めるようにするのか、売却するための準備を進めるのか、空き家の運用や活用方法はご家族と話し合って今後も検討していって下さい。

まとめ

今は住んでいなくても家には価値があります。
価格的な価値はもちろんですし、思い出などの値段が付けられない価値もあります。

売却したり解体したりという判断が難しいのであればひとまず、管理サービスに依頼して今後空き家をどうするかゆっくり考えるのも一つの手段です。

再度管理サービスを比較して、あなたに合ったプランを見つけて下さい。