大阪府泉南郡のおすすめ解体業者をお探しの方へ

解体工事に取り掛かるなら、まずは解体業者探しですよね。たくさんの解体業者の中から1社に絞るには、値段以外にも解体業者の特徴や強みを見て、比較をしてから決めましょう。今回は、泉南郡の解体業者をご案内致します。解体業者選びの参考にしてくださいね。

1.株式会社シーズン(しーずん)

シーズン(しーずん)さんは、解体工事をはじめ、リフォーム工事、土木工事など幅ひろい工事に対応しています。公共工事、民間工事共に実績を積まれおり、大阪府と和歌山県全域を主な対応エリアとして活躍されています。住宅地でも周辺住民への細やかな配慮を徹底しているので安心です。

詳細情報

会社名 株式会社シーズン
住所 〒590-0441 大阪府泉南郡熊取町大字久保2190
電話番号 06-6626-9326
公式HP http://www.season.ink/
その他 【許認可】
大阪府知事 許可(般-27) 第142971

2.株式会社 岸本建設(きしもとけんせつ)

岸本建設(きしもとけんせつ)さんは、リフォーム工事や新築工事を中心に、その他解体工事や土木工事、内装、外構工事など住宅に関する工事全般を行っています。お客様を第一に、地域に密着して、行き届いたスピーディな対応を心がけています。

詳細情報

会社名 株式会社 岸本建設
住所 〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪4642
電話番号 072-494-3200
公式HP http://www.kishimoto-k.co.jp/index.html
その他 【建設業許可】
大阪府知事 許可(般-23) 第126381号

3.奥田建材株式会社(おくだけんざい)

奥田建材(おくだけんざい)さんは、大阪府と和歌山県を中心に、一般家屋から工場などの大型の建物、家の周りのプチ解体など、あらゆる解体工事に対応しています。解体工事だけでなく、産業廃棄物の中間処理施設もお持ちなので、解体工事後の廃棄物の処理まで安心してお任せできます。また、解体工事後の駐車場工事も行っているので、土地活用をお考えの際は、全て一貫しておまかせができる解体業者です。

詳細情報

会社名 奥田建材株式会社
住所 〒598-0091 大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺1163-1
電話番号 072-466-5262
公式HP http://nttbj.itp.ne.jp/0724665262/index.html
その他 【一般建設業許可(土木工事業)】
大阪府知事(般-22) 第100670号

【産業廃棄物処分業許可】
大阪府 第02720037351号

【産業廃棄物収集運搬業許可】
大阪府 第02710037351号
堺市 第06700037351号
和歌山県 第03000037351号
和歌山市 第07200037351号

まとめ

一口に解体業者と言っても、解体工事のみを専門に行っているのか、その他の工事にも対応しているのか、廃棄物の処理も一緒にお任せできるのかなど、特徴は様々です。失敗しない解体工事をするためにも、くれぐれも比較をせずに1社に決めてしまうのは避けて下さいね。

実は、お近くの業者より近郊の解体業者の方が
費用が安くなることがあります

解体工事でかかる費用は主に「人件費」と「産業廃棄物処理費用」の2つです。立地などの状況によりますが、「人件費」と「産業廃棄物処理費用」の2つで解体費用全体の70%~80%を占めています。これらの費用は各エリアで設定が異なるため、「解体現場付近の業者」より「近郊エリアの業者」の費用が安くなる場合があるのです。

こちらが実例の見積書です。同じ工事内容なのに50万円以上の金額差が出ています。
1枚目:解体現場付近業者の見積書(¥2,204,010)
2名目:近郊エリア業者の見積書(¥1,600,000)

一般社団法人「あんしん解体業者認定協会」が運営する見積比較サービス「解体無料見積ガイド」は、完全無料で最大3社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん、近郊の解体業者に合わせて見積依頼を出すこともできます。

解体業者から無理な売り込みは一切なし、見積取得後のお断り連絡も代行。全国8,000社いる解体業者のうち当協会独自の厳正な審査基準をクリアした約600社の解体業者から最適な業者選びができます。最も安く損をせずに解体をしたい方はご活用ください。

あんしん解体業者認定協会運営「解体無料見積ガイド」
公式サイトはこちらから

無料ダウンロード資料
知らないと損!『解体工事で失敗しないための手順書』

この手順書は、単に、“解体費用を安くする方法”や“いい解体業者の選び方” がわかるだけの資料ではありません。

「賢く(安く)」「安心できる」解体工事を行うための手順書です。

解体工事でよくある失敗例…

  • 工事時期を先延ばしにしていたら解体費用と税額負担が増額してしまった

  • 「安くてイイ業者」のはずが、悪徳業者だった…自分も不法投棄の処罰を受けた

  • 工事後1ヶ月以内に書類の提出を忘れ罰せられてしまった

  • 安さに惹かれて依頼したらずさんな工事で土地の価格が下がってしまった

  • 近隣住民からの苦情で工事が中断し、新築工事に間に合わなくなってしまった
  • 無料EBOOK

    「ちゃんと解体業者を選んだ」はずだった方が、結果的に大損してしまうケースは珍しくありません。最悪の場合、解体業者や近隣住民とのトラブルが訴訟にまで及ぶこともあり、解体後の新築や売却、土地活用等の命運を分けてしまいます。

    将来の計画を大きく左右する解体工事を、「賢く(安く)」しかも「安心して」行うには、「いつ」「何を」「どんな事に注意して」進めることが正解なのか?

    解体業者探しから工事後の申請手続きまで、手順に沿ってお伝えします。一生に一度の解体工事で大損しないために、この「解体工事で失敗しないための手順書」を是非お役立てください。