あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【福岡県築上郡築上町】危険な空き家の解体に、最大50万円の補助金

長年放置してしまった空き家は、再利用も売却も難しいですよね。そこで、解体しようと考えても、それなりの資金が必要なので困ってしまいます。そこで、福岡県築上郡築上町では危険空き家の解体補助金最大50万円の補助金を提供して、老朽化して崩れそうな空き家の解体を支援し、近隣住民の安全確保を目指しています。

危険空き家の解体補助金の概要

最初に危険空き家の解体補助金について、対象物件と対象者、補助金額等をお話しします。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 築上町内にある
  • 現在使用していない
  • 木造または鉄骨造
  • 半分以上を居住のため建物として使用していた(風呂・トイレ・台所が備わっている)
  • 国が定める不良度の測定基準の評価が100点以上(事前相談後、現地調査)
  • 国が定める耐用年数を超えている

条件5番目にある不良度の測定とは、本当に危険な建物かどうかを、町職員等が現地調査で省令(住宅地区改良法施行規則)に沿って判定するものです。(省令の詳細はこちら)
最後の条件は、一般木造住宅なら築22年を目安にできますが、実際にはかなり細かい規定(減価償却資産の耐用年数等に関する省令)があります。(省令の詳細はこちら)
どちらもご自身で確認するのは大変なので、築上町の窓口で確認してもらいましょう。

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  • 登記事項証明書等に所有者として記録されている個人(または相続人)
  • 築上町税等の滞納がない方

登記事項証明書とは登記所・法務局で発行できる書類で、1つめの条件を言い換えると公的に認められている所有者等という意味です。
また、補助金の源泉である町税を滞納している方は対象外です。

対象工事

次の条件どちらにも当てはまらない工事

  • 補助金の交付の決定前に着手した工事
  • 建築物の一部を解体する工事(長屋住宅を除く)

対象工事の条件は重要です。と言うのも、後ほどお話をする補助金交付の決定通知が届く前に解体を始めた場合、補助の対象外とされてしまうからです。申請前に解体業者から見積書等を受け取りますが、間違って工事に入らないようにお気を付けください。
また、再利用ができないようなボロボロの建物が補助対象なので、建物を全部解体する必要があります。

補助金額

対象経費×1/2(上限額:50万円。また1,000円未満は切り捨て)

対象費用は、解体費用+解体ゴミの運搬や処分にかかる費用です。ただし、建物内に残っている家具等の処分料、倉庫や塀等の撤去費用は対象外です。対象費用を計算する際は注意しましょうね。

受付の限度

補助金は予算内で出されているので、予算の上限に達したら受付終了です。制度を利用したい場合は、早めに申請しましょう。

危険空き家の解体補助金の手続き方法

続いて、危険空き家の解体補助金の手続きはどうやって行うのか、お話をしたいと思います。

☆事前相談

築上町の現地調査

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事の契約、着工

☆完了報告

現地確認、補助金の確定通知

☆交付の請求

補助金振込

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。
「☆」を手順通りに見ていきましょう。

事前相談

まず、申請の前に「補助制度の対象となるか?」について環境課と相談します。その後、先に触れた不良度の測定を町職員と建築士が現地調査で行い、その結果で危険な空き家と判定されたら補助対象になるので、申請ができます。

ちなみに、申請には工事見積書と工事計画書が必要です。そのため、申請前に解体業者を選んで現地調査、見積書作成まで進めてもらうのですが、2つ注意点があります。
1つ目は申請前や交付の決定通知が届く前に、解体業者と契約や着工すると補助対象外になってしまう点。
解体業者とのやり取りは、見積書の取得までに留めておきましょう。

注意
申請前や交付の決定通知が届く前に、解体業者と契約や着工をしてはいけない!!

2つ目は解体業界は悪徳業者がとても多いという点。
解体業者は値段も含めて見かけで判断してはいけません。なぜなら、不法投棄でコストを抑えたり、最初安く見積もって、後で追加費用として高額の請求をするケースが非常に多いからです。そこで、第三者機関のあんしん解体業者認定協会が、価格に加えて実績も考えて解体業者を紹介しています。ぜひ、ご連絡ください。

交付の申請

事前準備が完了しましたら、交付の申請に移ります。以下の書類を築上町に提出します。

・交付申請書(第2号様式)


・工事計画書(第3号様式)

また、次の書類を加えます。(カッコは取得できるところ)
・申請者が町税等を滞納していないことを証明する書類(築上町税務課)
・内訳明細の付いた工事見積書(解体業者)
・現場の状況が分かる写真
・委任状(第三者が手続きする場合のみ)
漏れがないようにしましょう。

解体工事の契約、着工

申請が通ると交付の決定通知が届きます。この決定通知が届いてから、解体業者と契約して工事を開始してもらいます。
また、完了報告をする際に工事の完了写真が必要なので、解体業者に撮影を依頼しておくと良いでしょう。

完了報告

解体工事が終わったら、築上町に完了報告をします。

・工事完了の報告書(第11号様式)

・工事完了の証明書(第12号様式)

さらに、一緒に提出する書類として、
・工事の請負契約書の写し
・工事の完了写真
・工事の代金領収書の写し
を用意します。どれも解体業者から受け取ればOKです。

交付の請求

築上町が完了報告を受けた後に現地等を確認し、問題がなければ補助金の確定通知を送付します。通知が届いたら、次の書類で補助金交付の請求をします。

・交付請求書(第14号様式)

請求をしたあと、口座に補助金が振り込まれて完了です。

以上で、危険空き家の解体補助金の請求は終わりました。

築上町のWEBサイトを見てみましょう

ところで、「補助金はあるのかな?」と思ったら、まず築上町のWEBサイトを検索してみますよね。今回取り上げている危険空き家の解体補助金の詳細は、築上町老朽危険空き家除却費補助金制度についてというページに載っています。(WEBサイトはこちら)

・築上町のWEBサイト


築上町:築上町老朽危険空き家除却費補助金制度について

制度の概要と大まかな申請の流れは載っていますが、詳しい情報はどこにあるのでしょうか?
実は、ページ内の下側、関連ファイル-補助金交付要綱の中にすべて収められていて、書類データなども一緒に入っています。

画面の場所をクリックすると、要綱ファイルが開きます。(リンク先はこちら)

要綱ファイルの内容

では、要綱ファイルの構成はどうなっているのでしょう?

〇1-5ページ
第1条-第20条+附則

〇6ページ-21ページ
書類データ
・誓約書
・申請書
・工事計画書
・申請変更の承認申請書
・申請取り下げ書
・工事完了の報告書
・工事完了の証明書
・請求書、他

1-5ページには補助制度の対象条件や必要書類などの詳細が載っていますが、分かりにくいのでこの記事でまとめています。
6ページ以降の書類データについては、申請者側では使わない各通知書データも一緒に入っています。なので、ボリュームが多く見えてしまいますが、実際に利用する可能性があるものは上の枠内にある書類だけです。ただし、様式〇〇号という部分がページをまたいでズレてしまっているため(2019年1月時点)、書類はタイトルで判断するようにしましょう。

また、他に分からないことがあれば、以下にお問い合わせできます。

福岡県築上郡築上町
環境課 環境係
電話番号:0930-52-0001
築上町WEBサイト:築上町老朽危険空き家除却費補助金制度について

まとめ

今回は、福岡県築上郡築上町の危険空き家の解体補助金についてお話ししました。色々やるべきことが多いですが、まず築上町に事前相談をしてみるところから始めましょう。(詳細はこちら)

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)