あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【島根県浜田市】老朽化が進む空き家の解体で、最大50万円の補助金

所有している空き家はしっかり管理しなければいけませんが、離れたところに住んでいたりすると難しいですよね。ただ、空き家は放置すると速いスピードで老朽化してしまいます。そこで、島根県浜田市では空き家解体の補助金として最大50万円の支援をしています。補助制度を活用して、自身の空き家問題を解消しましょう。

空き家解体の補助金の概要

最初に、空き家解体の補助金の制度概要についてお話しします。対象条件や補助金額について確認しましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 浜田市内にある
  • 現在空き家かつ使用されていない
  • 木造または鉄骨造
  • 周囲に対する危険性が高い(屋根が崩れかけている等)
  • 浜田市の調査で特定空家等に認定された

最後の条件は、浜田市に申し込んで調査してもらう必要があります。(手続きのところで説明します)
申し込み前は、柱、屋根、床、天井、壁等が老朽化により崩れかけている空き家が対象条件とお考えください。

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  • 対象物件の所有者(または家族等の相続人)等
  • 賃借権等を持つ方の同意がある(貸している場合等のみ)

申請者一人が対象物件に対する権利を持っている状態なら問題ないですが、誰かに貸している場合や借金の担保になっている場合には、相手の同意も必要です。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 解体業者と解体工事の請負契約を結んでいる
  • 申請年度の3月31日までに解体工事が完了する
  • 他の同種の補助金等の交付を受けない
  • 対象物件のすべてを解体、撤去する

解体工事では、建物の一部残し等は認められていません。敷地内のものは、すべて撤去しましょう。(敷地の境界線が分かるものを残す場合等は、浜田市に確認)

補助金額

補助金額=対象経費×40%(限度額:50万円。千円未満切り捨て)
※詳細な計算方法⇒補助金額の算定[PDF]

実際の計算方法はかなり複雑なので、基本的に対象経費×40%で限度額が50万円だと考えていただいた方が分かりやすいと思います。

空き家解体の補助金の手続き方法

次に、空き家解体の補助金の手続き方法について説明します。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金額の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。以下で、「☆」を順番に見ていきたいと思います。

事前準備

まず、事前準備で浜田市による特定空家等の認定解体工事の見積書取得が必要です。

特定空家等の認定は、すでに触れた通り補助の対象条件です。浜田市に建物調査を依頼して測定してもらい、一定の基準(老朽化の度合い)を上回ると特定空家等に認定されます。
調査を依頼するために、以下の書類を提出しましょう。

・認定申請書(様式第1号)

〇その他の必要書類
・補助対象者であることを証明する書類
・建物の位置図と、現在の状況が分かる写真

補助対象者であることを証明する書類は、固定資産課税台帳等です。浜田市役所に確認しましょう。また、登記事項証明書等も用意するのが望ましいので、登記所や法務局から入手してください。
調査の結果、特定空家等に認定されると特定空家等の認定通知書(様式第2号)が届きます。

また、解体工事の見積書も必要なので、解体業者を選んで(解体業者による)現地調査と見積書作成を依頼します。ただし、解体業界は悪徳業者(不法投棄や手抜き工事、不当な追加請求等をする業者)が多いのが現状です。何か問題が起きた場合は、依頼者側の責任も問われてしまいますので、解体業者の選定はぜひあんしん解体業者認定協会にお任せください。

交付の申請

認定通知書と見積書が手に入ったら、交付の申請をしましょう。次の書類を浜田市に出します。

・交付申請書(様式第3号)

・実施計画書(様式第4号)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・見積書の写し(内訳の分かるもの)
・建物の平面図と床面積求積図

書類の提出は、解体工事の着手7日前までに済ませなければなりません。要注意です。
交付の申請後に書類審査があり、問題がなければ交付の決定通知書(様式第5号)が出されます。

解体工事

交付の決定通知が届いた後に、解体業者に工事を始めてもらいます。
この段階では、通常は提出書類はありません。次の実績報告で工事の完了写真が必要なので、忘れずに解体業者に撮影を依頼しておきましょう。

実績報告

解体工事が無事完了し、代金の支払いも終わったら、浜田市に実績報告をします。

・実績報告書(様式第6号)

〇その他の必要書類
・領収書の写し
・工事の完了写真

実績報告を済ませ、審査を通ると補助金の確定通知書(様式第7号)が届きます。

交付の請求

補助金の確定通知を受け取ったら、浜田市に交付の請求をしましょう。

・交付請求書(様式第8号)

この請求書で指定した口座に対して、補助金が振り込まれます。入金確認ができたら完了です。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは終わりです。
不明点は浜田市にお問い合わせができます。

島根県浜田市
都市建設部 建築住宅課
電話:0855-25-9632
メール:kenchiku@city.hamada.lg.jp

また、書類データは以下からダウンロードできます。

浜田市公式サイトの見方

話は変わりますが、空き家解体の補助金の最新情報を知りたいと思ったら、浜田市公式サイトを確認するのではないかと思います。
ただ、自治体のサイトは貴重な情報がたくさんありすぎて、欲しい情報がなかなか見つからない問題があります。
そのため、空き家解体の補助金ページへの行き方や内容について説明したいと思います。

空き家解体の補助金ページへの行き方

空き家解体の補助金ページへの行き方を1つお伝えします。
最初に検索サイト(Google等)を使って「浜田市」で調べ、検索の結果一覧で表示される「浜田市」をクリックしましょう。

浜田市公式サイトが表示されました。そのまま続けて「くらしの情報」⇒「住まい・上下水道」⇒「(住まいづくりの)各種支援・助成制度」⇒「特定空家等除却促進事業」の順にクリックします。

間違いがなければ、次のページが表示されます。


引用元:浜田市公式サイト

この特定空家等除却促進事業というページに空き家解体の補助金の情報が載っています。

空き家解体の補助金ページの内容

空き家解体の補助金(特定空家等除却促進事業)について書かれたページからは、主に以下の情報が取得できます。

・制度の目的、概要
・要綱(空き家解体の補助金の制度詳細)
・建物の不良度の判定基準(特定空家等に認定される基準)
・補助金額の算定
・手続きの流れ
・書類データ

それぞれ、制度について細かい確認をしたい場合などに利用してください。
また、何か制度内容に大きな変更があるときも、この空き家解体の補助金ページで案内があります。補助制度を利用するときは、よく確認しましょうね。

まとめ

今回は、島根県浜田市の空き家解体の補助金についてお話ししました。空き家解体は準備も含めると数か月かかるので、とても大変です。ただ、浜田市は解体を積極的に支援しているので、ぜひサポートを上手に活かしてください。
まずは、浜田市に特定空家等の認定調査を依頼しましょう。



浜田市公式サイト:特定空家等除却促進事業

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)