あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【香川県東かがわ市】危険な空き家の解体で、最大160万円の補助金

所有している空き家の処分に困っていませんか? 放置空き家は近隣住民にとって大変迷惑なので何とかしないといけませんが、解体をするにも多額の資金を用意する必要があります。そこで、香川県東かがわ市では空き家解体の補助金最大160万円を出しています。制度を活用して、解体を進めましょう。

空き家解体の補助金の概要

まず、はじめに空き家解体の補助金の概要についてお話しします。対象条件や補助金額等について、一緒に見ていきましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 東かがわ市内にある老朽危険空き家で、建物の腐朽・破損の程度が東かがわ市の基準を超えている
  • 現在空き家状態で、今後も誰も住む予定がない
  • 他の解体関連の助成金等の交付を受けていない(予定もない)
  • 公共事業等による補償の対象となっていない
  • 国や自治体等の所有ではない
  • 不動産の関連業者が自社の利益のために解体を行わない
  • 同一敷地内で、過去に本補助金の交付を受けて解体を行っていない
  • 不良住宅や空き家住宅によって、周辺に住めない環境になっている

最初の条件については、東かがわ市の建物調査で判定されますので、あまり気にする必要はありません。一応、柱・天井・床・屋根・壁がボロボロで、とても人が住める状況ではない(リフォームも不可な)空き家が補助対象であると考えておきましょう。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • 登記事項証明書等のうえでの所有者、相続人等(法人や団体を除く)
  • 申請者と家族全員が、市税と国民健康保険税等を完納している
  • 賃借の権利者等から同意を得ている(対象物件に賃借権等の設定がある場合)
  • 住宅の共有者(親族等)全員から同意を得ている(対象物件が複数人の共有である場合)

申請は所有者本人でなくても相続人等なら可能です。ただし、家族も含めて市税等の滞納は許されません。

補助金額

補助金額=補助対象経費×80%(上限額:160万円。千円未満切捨て)
※対象物件の延べ床面積(㎡)×国の基準を超えることは不可

補助対象経費には、解体工事費や解体で出たゴミの運搬や処分費が入ります。ただし、家財道具、機械、車両、浄化槽等の地下埋設物などについての運搬や処分費は含まれません。家財道具等は、そもそも解体業者に処分を依頼するのが難しいこともあるので(可能だとしても高額)、できる限りは自分で処理しておきましょうね。

空き家解体の補助金の手続き方法

次に、空き家解体の補助金の手続き方法について確認したいと思います。申請の流れや用意しなければならない書類について、見ていきましょう。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金額の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。流れに沿って、上から順番に説明します。

事前準備

申請前にやることとして、東かがわ市との事前協議と建物調査の依頼解体工事の見積書の作成依頼をしましょう。

事前協議では、「補助の対象と認められそうか?」等を確認するために行います。また、建物調査を依頼して、東かがわ市の基準を超えた老朽危険空き家と認定されるかをチェックしてもらいます。対象物件と認められたら、交付の申請が可能です。

解体工事の見積書は、解体業者を自分で選び、現地調査を依頼して作ってもらいます。ただし、解体業界は相場が一般にあまり知られていない分、悪徳業者が多いのが現状です。見積書では安く見せておいて、工事品質を落としてコストダウンしたり(不法投棄や手抜き工事)、後で追加請求して結局高額となるといったケースが頻繁に起きています。ですので、解体業者の選定はあんしん解体業者認定協会にぜひお任せください。

交付の申請

事前の準備が完了したら、次の書類を提出して交付の申請をしましょう。

・交付申請書(様式第1号)

・実施計画書(様式第2号)

〇その他の必要書類
・見積書の写し(内訳明細付き)
・建物平面図(延べ床面積と対象床面積が確認できるもの)
・現場の状況が分かる写真
・住宅の所有者が確認できる書類

申請者が相続人だったり、権利関係者が他にいる場合は、確約書(様式第3号)や同意書(様式第4号等)が必要ですので、一緒に提出しましょう。
交付の申請をすると書類審査等があり、パスできれば交付の決定通知(様式第5号)が発行されます。

解体工事

交付の決定通知を受け取った後に、解体業者との契約、着工しましょう(順番を間違えてはいけません。補助が受けられなくなります)
この段階では、通常東かがわ市へ出す書類はないです。(工事内容に大きな変更がある場合のみ)
ただ、解体業者に対して工事前・中・後の写真の撮影は必ずお願いしておきましょう。写真は次の実績報告で使用します。

実績報告

解体工事と代金の支払いが終わったら、工事の実績報告を済ませてください。

・実績報告書(様式第10号)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・代金領収書の写し(解体業者が発行したもの)
・工事の状況が分かる写真(工事前後と工事の内容が確認できるもの)
・建設リサイクル法の届け出の写し(必要な場合のみ)
・産業廃棄物管理票(マニフェスト)E票の写し

その他の必要書類で挙げたものは、どれも解体業者から受け取ります。
実績報告が完了すると、書類審査等を経て補助金額の確定通知が届きます。

交付の請求

補助金額の確定通知を受け取ったら、交付の請求ができます。次の書類を出しましょう。

・交付請求書(様式第11号)

請求からしばらくすると、指定した口座に補助金の入金があります。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは終了です。解体跡地の管理はしっかりしましょうね。
お問い合わせ先は、以下の通りです。

香川県東かがわ市
事業部 建設課
電話:0879-26-1302

東かがわ市公式サイトの見方

ところで、空き家解体の補助金の情報は、東かがわ市公式サイトで確認できます。ただ、自治体のサイトは全体の情報量が多く、その中から必要な情報を見つけるのが難しいという問題があります。
そこで、東かがわ市公式サイト内の空き家解体の補助金ページへの行き方やページ内容について説明したいと思います。

解体補助金に関するページへの行き方

目的ページへの行き方は何通りかありますが、そのうちの1つをお示しします。
最初に、検索サイト(Google等)を使って「東かがわ市」で調べると、検索結果の画面に「香川県 東かがわ市」と表示されますので、選択してください。

これで、東かがわ市公式サイト内に入れました。表示されているのはトップページです。続けて、「くらしの情報」⇒「(くらし・住まいの)住宅」⇒「支援制度・補助事業」の順に選択しましょう。

すると、次のページが表示されます。


引用元:東かがわ市公式サイト

ページ内には、たくさんの制度が並んでいます。そのうちの一つ、老朽危険空き家除却支援事業というのが、空き家解体の補助金です。

解体補助金に関するページの内容

さて、ページ内の老朽危険空き家除却支援事業(空き家解体の補助金の正式名称)のところを見てみると、対象条件や補助金額等の概要が書かれています。その概要の下に、申請書一式要綱(東かがわ市老朽危険空き家除却支援事業補助金交付)というリンクがあるので選択してみてください。

申請書一式は、クリックすると書類データ(圧縮状態)がダウンロードできます。この記事で記入例を示している書類等が、いつでも入手できるので大変便利です。
また、要綱では制度の詳細な内容が条文形式で確認できます。言い回しが少し分かりにくいので、この記事ではできるだけ分かりやすく補足も交えながらお話ししてきましたが、制度の細かい情報を知りたい場合にはチェックしてみてください。

また、制度内容で変更や重要なお知らせがある場合には、公式サイトで周知されます。特に、申請前には必ず調べておいた方が良いでしょう。

まとめ

今回は、香川県東かがわ市の空き家解体の補助金についてお話ししてきました。空き家の処分は手間やお金がかかるので、とても大変ですよね。しかしながら、東かがわ市では全国レベルでもトップクラスの解体補助金を出しています。条件はありますが、みすみす逃す手はありませんので、ぜひ利用を検討してみてください。
まずは、東かがわ市との事前協議から始めましょう。



東かがわ市公式サイト:支援制度・補助事業

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)