あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【富山県射水市】空き家の解体や跡地に新築で、補助金が出ます

放置している空き家はありませんか? 空き家や土地は持っているだけではもったいないですよね。でも、解体のための資金もそれなりに必要です。そこで、富山県射水市では最大50万円空き家解体の補助金に加えて、最大60万円跡地新築の補助金も出しています。2つの補助金を上手に活用して、新しい生活を始めませんか?

空き家解体の補助金の概要

では、まず最初に空き家解体の補助金の制度概要についてお話しします。
空き家解体の補助金は、放置して老朽化してしまった空き家を解体する際に利用できる制度です。対象条件や補助金額等を確認してみましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 射水市内にある
  • かつて住宅として使われていた
  • 現在、空き家かつ使用されていない(6ヶ月以上)
  • 老朽化により倒壊する可能性があり、非常に危険な状態
  • 一戸建て住宅または店舗兼住宅(延べ床面積の過半数が居住用に使われていた)
  • 昭和56年5月31日以前の建築

上から4つ目までの条件は、老朽危険空き家というものの条件です。補助対象の物件とされるには、射水市による建物調査で老朽危険空き家に認定される必要がありますが、申請前の段階では、ひとまず上の条件を満たせばOKです。
また、最後の条件は古い耐震基準で建てられているかの線引きです。古い耐震基準は今の基準よりゆるいので、それだけ地震に弱いと言えます。

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  • 対象物件の所有者
  • 申請者+同じ世帯の家族が、現在居住している市区町村の税を滞納していない

税金については、申請者本人だけでなく一緒に住んでいる家族も完納していなければいけません。よく確認しましょう。

対象工事

空き家解体の補助金の対象になるためには、射水市内の業者が解体工事を行う必要があります。解体業者を選ぶ際にはよく注意しましょうね。

補助金額

補助金額=解体工事費×50%(限度額:50万円。千円未満切り捨て)

解体工事費には、解体工事中に出たゴミの運搬や処分費が含まれます。
もし解体工事費が100万円を超えると、補助金額は50万円で固定ですので気を付けてください。

跡地新築の補助金の概要

次に、空き家解体の補助金を利用したあとに新築して居住する場合に使える、跡地新築の補助金の制度概要についてお話ししたいと思います。
跡地新築の補助金は解体跡地に新築して、ご自身で居住する場合にのみ利用できます。

対象条件

次の条件すべてに当てはまること

  • 解体補助金を利用した空き家跡地に、本補助金の申請者本人が居住する住宅を新築または増築する
  • 解体補助金の交付申請書に新築すると記載している
  • 解体後1年以内に本補助金の申請を行い、年度内に完成して居住できる

空き家解体の補助金を利用後に使える制度なので、上の項目は跡地新築の補助金もあわせて使う際の追加条件と言えます。
新築した本人が住むことが条件なので、貸出目的の新築は対象外です。

補助金額

補助金額=新築(増築)工事費×50%(限度額:60万円。千円未満切り捨て)

基本的な計算方法は空き家解体の補助金と同じですが、限度額は60万円です。
また、空き家解体の補助金が下りた後に使える制度なので、空き家解体の補助金とは別に受け取れます。

2つの補助金の手続き方法

最後に、空き家解体の補助金跡地新築の補助金の2つの補助金の手続き方法について説明します。
すでに触れた通り、跡地新築の補助金空き家解体の補助金を利用した後に申請できますが、手続き方法自体はほとんど変わらないので、一緒にお話ししたいと思います。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体(新築)工事

☆実績報告

補助金額の確定通知

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。上から順に「☆」を確認してみましょう。

事前準備

まず、最初に射水市に工事等の計画について相談をしましょう。申請したら補助金が下りそうか等をあらかじめ確認しておきます。
相談が済んだら工事の見積書を取得します。工事の見積書は、工事業者に依頼して作成してもらいましょう。

解体工事なら、解体業者に連絡して現地調査と見積書の作成をお願いしますが、解体業界は不正を働く悪徳業者が多いので、ぜひあんしん解体業者認定協会にご連絡ください。

交付の申請

工事の見積書が取得できたら、以下の書類を提出して交付の申請を行いましょう。

・交付申請書(様式第1号、空き家解体の補助金のみ)

・交付申請書(様式第2号、跡地新築の補助金のみ)

〇その他の必要書類
・対象物件の位置図
・工事見積書の写し
・納税証明書(世帯全員の状況が分かるもの)
・対象物件の現在の状況が分かる写真(空き家解体の補助金のみ)
・昭和56年5月31日以前に建築されたことが確認できる書面の写し(空き家解体の補助金のみ)
・建築確認申請書の写し(跡地新築の補助金のみ)
・空き家解体の補助金の交付決定通知書の写し(跡地新築の補助金のみ)

交付の申請時は提出書類が多いので、漏れがないかよくチェックしてくださいね。
申請の後には、書類審査や(射水市の)現地調査等があり、問題がなければ交付の決定通知が届きます。(ちなみに、空き家解体の補助金での現地調査は、対象条件で触れた老朽危険空き家の判定のためです)

解体(新築)工事

交付の決定通知が届いたら、工事業者と契約して工事を始めてもらいます。
工事内容に大きな変更等がある場合のみ射水市に書類を提出しますが、通常は必要ありません。
次の実績報告で工事前、中、後の写真を求められますので、忘れずに工事業者に撮影を依頼しておきましょう。

実績報告

工事が終わったら、射水市に実績報告をします。次の書類を提出しましょう。

・実績報告書(様式第5号)

〇その他の必要書類
・工事の領収書等の写し
・工事の請負契約書の写し
・工事前、中、後の写真
・建築物除却届の写し(空き家解体の補助金のみ)
・建築基準法に定める確認済証の写し(跡地新築の補助金のみ)
・世帯全員の住民票(跡地新築の補助金のみ)

実績報告をすると、射水市による書類審査や現地調査等を経て、補助金額の確定通知が出されます。

交付の請求

補助金額の確定通知を受け取ったら、射水市に交付の請求をしましょう。

・交付請求書(様式第7号)

請求から数日後、この請求書で指定した口座に対し、補助金が振り込まれます

以上で、空き家解体の補助金跡地新築の補助金の手続き方法についての説明は終わりです。
何か不明点があれば、射水市に確認してみてください。

富山県射水市
都市整備部 建築住宅課
所在地:〒939-0292 射水市小島703番地
電話:0766-51-6683
FAX:0766-51-6696
メール:kenchiku@city.imizu.lg.jp
公式サイト:射水市空き家対策支援事業について

また、書類データは以下からダウンロードできます。(3ページ目以降にあります)

まとめ

今回は、富山県射水市の空き家解体の補助金跡地新築の補助金についてお話ししました。空き家の処分は負担が大きいので大変ですよね。ただ、射水市では多額の補助金を出してサポートしてくれますので、上手に活用して工事を進めましょう。
まずは、公式サイトをチェックしたうえで、射水市に相談してみてください。



射水市公式サイト:射水市空き家対策支援事業について

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)