あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【東京都板橋区】避難路沿い等にある、古い建物の解体・建替え助成金

板橋区の新板橋駅前

地震への備えはできていますか? 近年地震が起こる可能性が高まっているため、都内では様々な対策が実施されています。東京都板橋区でも、いざというときに重要な避難路・輸送路(特定緊急輸送道路)を確保するため、沿道に建つ古い建物の解体・建替え助成金(非木造向け)を出しています。助成金を活用して、建物の解体や建替えを進めましょう。

解体・建替え助成金の制度概要

大金

最初に、解体・建替え助成金の制度概要(助成の対象条件、助成金額)について整理します。

耐震化助成制度には、現在補強設計・耐震改修・解体(除却)のみ・建替えに対する助成金があります。この記事では、解体・建替え助成金について取り上げます。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 1981年(昭和56年)5月31日以前に建築確認を受けた
  2. 鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(プレハブ構造は除く)
  3. 特定緊急輸送道路の境界線までの水平距離に、道路横幅の半分に相当する距離を加えたものに相当する高さ
  4. 解体等の措置をするように命令を受けていない
  5. 検査済証の交付を受けた(原則)
  6. 耐震診断の結果が一定の基準未満(倒壊の危険性が高い)
  7. 過去に本助成制度による助成金を受けていない

条件1では、古い耐震基準で建てられているかどうかが分かります。
当てはまる建物は、元々耐震性が低いと思われます。

条件3にある特定緊急輸送道路は下図の通りです。

板橋区の特定緊急輸送道路
引用元:板橋区公式ホームページ-特定緊急輸送道路沿道建築物耐震化助成のご案内

板橋区の特定緊急輸送道路
・中山道
・川越街道
・環状七号線
・首都高速5号線
・新大宮バイパス
・その他

また、以下は条件3の文を図にしたものです。
文字だけで理解するのは難しいので、参考にしてください。

特定緊急輸送道路沿道建築物の条件
引用元:板橋区公式ホームページ-特定緊急輸送道路沿道建築物耐震化助成のご案内

対象者

次の条件どちらかに当てはまる方

  1. 建築物の所有者
  2. 分譲マンションの管理組合

条件2の場合、助成を受けるためには管理組合の総会議決が必要です。

助成金額

〇助成金額
助成対象経費×1/3
(5,000㎡超えの部分は1/6)
——————————
〇助成対象経費の限度額
通常:50,300円/㎡かつ1棟当たり5億300万円以内
マンション:49,300円/㎡かつ1棟当たり4億9300円以内

助成金額の計算方法は少々複雑ですので、助成金額=工事でかかった経費×1/3以内と考えておきましょう。

また、国の助成金もあわせて受けられる可能性があるので、板橋区役所に問い合わせましょう。

解体・建替え助成金の申請方法

印鑑と朱肉

次に、解体・建替え助成金の申請方法についてまとめます。
手続き全体の流れは、以下の通りです。

☆事前相談等

☆見積書取得

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体or建替え工事

☆完了報告

完了検査

助成金額の確定通知

☆交付請求

助成金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。
今回は、提出書類が色々ある交付申請を完了させるまでを確認しましょう。

事前相談等

まず、耐震診断を受診する必要があります。
耐震診断の結果で一定の基準未満(倒壊の危険性が高い)と判定されることが、対象物件と認められるための前提条件です。

耐震診断の結果を受けて「解体or建替えをする」と決めたら、板橋区役所に事前相談をしましょう。
以下の書類を用意します。

〇必要書類
・相談申込書(板橋区役所で入手)
・既存建築物の確認通知書の写しor台帳記載事項証明書(原則用意)
・既存建築物の検査済証の写しor台帳記載事項証明書(原則用意)
・案内図、配置図、各階平面図+2面以上の立面図or断面図
・面積表(階別、用途別の面積が確認できるもの)
・工事内容が分かる書類
・緊急輸送道路の沿道建築物であることが確認できる書類
・耐震診断に関する評定書の写しor構造設計一級建築士による耐震診断結果に対する確認書+耐震診断の結果報告書(概要書等)
——————————
【建替えの場合に追加】
・建替え建築物の確認済証の交付を受けたこと証明する書面の写し(原則用意)

用意するものについては、状況によって若干変わることがあります。詳しくは、板橋区役所に問い合わせましょう。
事前相談後に書類審査と現地確認があります。

見積書取得

次に、見積書を取得してください。解体業者・建設業者に依頼して作成をお願いします。
取得する見積書は解体or建替え工事分に加えて、耐震改修の工事分も必要ですので注意しましょう。

ちなみに、解体業界に関しては悪徳業者(不法投棄・手抜き工事・不当な追加請求等の不正を働く業者)がいまだに多いのが現状です。
そこで、あんしん解体業者認定協会では無料サービスの優良業者の3社紹介で、適正範囲内でより安く、より高品質な解体工事が受けられるようにサポートしています。
解体業者を選ぶ際はぜひご連絡ください。(ちなみに、建替え工事の場合は解体について高く見積もられる傾向が強いので、分離発注がオススメ)

※工事が複数年度にまたがる場合は、あらかじめ全体設計承認の手続きが必要です。
提出物等については、板橋区役所へ問い合わせてください。

交付申請

事前相談や見積書取得が終わったら、交付申請が可能です。
以下の書類を板橋区役所へ出してください。

〇必要書類
・交付申請書(板橋区役所で入手)
・工事見積書(内訳書を含む)写し+工程表
・Is(構造耐震指針)の値が0.6相当以上となる耐震改修工事の見積書の写し
・耐震改修工事の見積書の根拠となる図書等
・分譲マンションの場合は以下の書類
1.工事の実施について、区分所有法による総会の決議を得たことを証明する書面(決議書or議事録等)の写し
2.区分所有部分ごとの用途+区分所有者氏名の一覧
3.管理規約の写し
・建物登記の現在事項証明書or建築物の所有権を証明する書類(分譲マンションの場合は2住戸分)
・複数の所有者がいる場合(管理組合を除く)は、代表者選定同意書(板橋区役所で入手)
・法人の場合は、法人登記の現在事項証明書
・土地所有者の承諾書(借地の場合)
・工事内容がわかる書類
——————————
【建替えの場合に追加】
・建替え建築物の確認済証の交付を受けたこと証明する書面の写し+関係図書の写し

交付申請で用意するものは一見多いようですが、よく見るとケースによって不要な書類が少なくありません。一つずつチェックしていきましょう。

交付申請を済ませると、審査を経て交付の決定通知があります。

解体or建替え工事の開始以降

交付の決定通知を受けてから、工事業者と契約を結んで着工してもらい、同時に着手届を板橋区役所へ出します。(順序は必ず守ってください。助成が受けられなくなります。また、工事の撮影を必ず工事業者に依頼しましょう)

工事が終わったら、完了報告と交付請求を行って助成金を受けます。
提出書類が多いのは交付申請までなので、あとは必要書類を期限内に出すことを中心に考えましょう。

解体・建替え助成金の申請方法については以上です。
疑問点・不明点等があれば、板橋区役所へ問い合わせてみてください。

板橋区役所
都市整備部 市街地整備課 防災まちづくりグループ
——————————
所在地:〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号(本庁舎北館5階11番窓口)
電話:03-3579-2554
FAX:03-3579-5437

解体・建替え助成金に関する情報取得

パソコンと眼鏡

最後に、解体・建替え助成金の情報取得についてお話しします。

助成金の情報は板橋区公式ホームページから得られます。ただし、サイト規模がとても大きいため、欲しい情報が載っているページを見つけるのに苦労するかもしれません。

そこで、解体・建替え助成金ページの行き方と内容について説明します。

解体・建替え助成金ページへの行き方

まず、検索サイト(Google等)を利用して「板橋区」を調べ、検索結果の一覧から「板橋区公式ホームページ」を選択してください。

「板橋区公式ホームページ」を選択

これで板橋区公式ホームページのトップページが表示されました。
続けて、
(くらしのガイド)「くらし・住まい・環境・清掃」
⇒「土地・建築・まちづくり」
⇒「助成及び相談」
⇒「建築物の耐震化に対する助成(木造以外の建築物)」
⇒(助成制度一覧)「特定緊急輸送道路沿道建築物の助成制度」
⇒(助成制度)「特定緊急輸送道路沿道建築物の建替え工事・除却工事助成」

の順に選択します。

「くらし・住まい・環境・清掃」を選択

「土地・建築・まちづくり」を選択

「助成及び相談」を選択

「建築物の耐震化に対する助成(木造以外の建築物)」を選択

「特定緊急輸送道路沿道建築物の助成制度」を選択

「特定緊急輸送道路沿道建築物の建替え工事・除却工事助成」を選択

すると次のページが開きます。

「特定緊急輸送道路沿道建築物の建替え工事・除却工事助成」ページ
引用元:板橋区公式ホームページ

この「特定緊急輸送道路沿道建築物の建替え工事・除却工事助成」が、解体・建替え助成金ページです。

解体・建替え助成金ページの内容

解体・建替え助成金ページ(「特定緊急輸送道路沿道建築物の建替え工事・除却工事助成」)には、助成の対象条件や実施期間等の最新情報が掲載されています。
特に、申請前に最新情報を必ず確認しておきましょう。

また、「添付ファイル」の項目では「補助率と上限額」「特定緊急輸送道路沿道建築物耐震化助成のご案内」のPDFファイルがダウンロード可能です。

「補助率と上限額」は、助成金額の計算方法に関する一覧です。
また「特定緊急輸送道路~助成のご案内」には、制度詳細がまとめられています。

どちらも、制度内容を詳しく知るうえで非常に役立ちます。
すべてを把握しなくても問題ないので、その時々で必要な情報をチェックしましょう。

まとめ

今回は、東京都板橋区の解体・建替え助成金についてまとめました。

建設業界は人手不足とゴミ分別の徹底の影響で、人件費と処分費が年々増えています。コストが上がれば当然顧客にしわ寄せが来るので、解体や建替え費用が今後も上がり続けるのは間違いありません。
そもそも早急な地震対策が必要なので、助成金を利用できる今のうちに解体や建替え工事を検討するべきでしょう。

まずは、耐震診断の受診と板橋区役所への事前相談から始めてください。


「特定緊急輸送道路沿道建築物の建替え工事・除却工事助成」ページ

板橋区公式ホームページ:特定緊急輸送道路沿道建築物の建替え工事・除却工事助成

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)