あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【愛知県春日井市】危険な空き家の解体で、最大20万円の補助金

空き家を持っていても、問題が起きていないうちは放置してしまうことが多いですよね。そこで、愛知県春日井市は空き家解体の対策として老朽空き家解体費補助金最大20万円の補助金、他にも空き家解体ローン利子補給を用意して、空き家解体の負担減らしてくれます。うまく活用すれば、解体にかかるお金を軽減できるのでオススメです。

老朽空き家解体費補助金の概要

では、老朽空き家解体費補助金の内容を、対象物件、対象者、補助金額の順に具体的に見ていきましょう。

対象物件

次の条件にすべて当てはまる空き家

  • 市内にある1年以上使用されていない
  • 建築後22年以上経過した木造住宅
  • 個人が所有
  • 所有者以外の権利者がいない(又は親族等からの同意がある)
  • 市から空家特措法による措置命令を受けていない

加えて、春日井市老朽空き家解体費補助金交付要綱Q&A(以下、Q&A)には床面積の半分以上が住居として利用していたものも条件として挙がっています。(Q&Aはこちら)

この制度は老朽化して再利用もできないような空き家で、個人(または親族)がかつて住んでいた建物が対象として想定されているのです。

対象者

次のどちらかに当てはまる方(ただし、暴力団関係者でない方に限る)

  • 空き家の所有者
  • 当該空き家がある土地の所有者
  • ※空き家1戸につき1人まで
    同一会計年度内において、1人につき1回まで

所有者が市外にお住いでも制度の対象です。

補助金額

補助金額の計算方法は、以下の通りです。

(解体費用+解体で発生するゴミの処分費用+解体後の土地の整地費用と諸経費)=対象経費(消費税及び地方消費税を除く)

対象経費×2/3=補助金額(1,000円未満切り捨て、上限額200,000円)

注意すべきは上限額200,000円です。仮に解体費用が想定より高くなってしまった場合でも、上限額を超える補助金は出ません。

注意
補助金の上限額は200,000円!!

その他、注意点

補助制度の対象であることが確認できても、必ずしも補助金はもらえません。
特に注意すべき条件を抜粋しましたので、参考にしてください。(他のQ&Aはこちら)

対象解体業者

解体工事を行う業者は、次の資格のどちらかを持っている必要があります。

  • 建設業の許可
  • 解体工事業の登録

工事を行う業者にも条件があります。
あんしん解体業者認定協会において対象業者のご紹介をしていますので、ぜひお気軽にお問合せください。

申請の期限(Q&Aより)

工事を完了し、3月15日までに報告書を提出
※ただし、予算の範囲内で先着順での交付

新たな申請受付が年度初め(4月)に開始しますが、交付が先着順なので注意です。
申請をする際に一度市の窓口で確認してみましょう。

交付決定前に解体業者と契約してもよいですか?(Q&Aより)

補助対象となる内容での契約であれば、契約時期は不問
ただし、交付決定前に解体工事に着手すると補助対象外となる

補助制度の申請をしてから審査が完了するまで、数十日かかる可能性があります。
また、後ほどお話をする補助金交付申請(最初の申請)前の段階で、解体業者から見積書を受け取っている必要があります。
そのため、実際に家屋解体に着手する時期を考えて、余裕をもって準備しましょう。

注意
・交付は、年度ごとの予算内で先着順!!
・交付決定前に解体工事に着手すると補助金は下りない!!

老朽空き家解体費補助金の手続きフロー

では、実際にどういう流れで手続きをしていくのか見てみましょう。

(申請書作成)
☆解体する業者の選定し、業者の許可証等の写しや見積書をもらう

(申請)
☆補助金交付申請(第1、2号様式等)

交付決定通知書(第3号様式)

(工事実施)
☆解体工事

(実績報告)
☆実績報告(第8号様式等)

確定通知書(第9号様式)

(補助金請求)
☆補助金請求書(第10号様式)

補助金交付

参考:手続きのフロー制度概要(春日井市のWEBサイト)

申請者側で何らか準備する必要があるのは、上記のフローのうち「☆」がついた項目です。
各段階で漏れがないように、「☆」のある項目を一つずつ確認しましょう。

解体する業者を選定し、業者の許可証等の写しや見積書をもらう

この段階では市へ提出する申請書はありませんが、補助金交付申請前に、
・解体業者から建設業の許可証の写し又は解体工事業の登録の写し
・解体工事の見積書
を受け取っておきましょう。
加えて、関係する親族が複数人いる場合など、必要な場合は空き家の解体について親族等の同意が確認できる書類の準備も必要です。

補助金交付申請

春日井市への申請で提出する書類は以下の通りです。

  • 補助金交付申請書(第1号様式)
    ※申請者の宣誓・同意が必要
  • 空き家の使用状況報告書(第2号様式)
    ※水道使用者の同意が必要
  • 誓約書(第2号様式の2)
  • 空き家の登記事項証明書又は所有者及び建築年数が確認できる書類の写し
  • 空き家の位置図(付近見取り図)
  • 2方向からの空き家の外観写真(1方向は正面玄関を含むこと)
  • 解体工事の見積書の写し(解体業者の記名及び押印のあるもの)
  • 建設業の許可証の写し又は解体工事業の登録証の写し

記入例は以下の通りです。

・補助金交付申請書(第1号様式)


右上の日付は、提出日を記入してください。(以下、同じ)

・空き家の使用状況報告書(第2号様式)


水道の使用状況を確認して、家屋が1年以上使っていないかを判断されます。
そのため、水道を使用した場合は、その理由が分かるようにしましょう。

・誓約書(第2号様式の2)

解体工事

この段階では、申請者自身が提出する書類はありませんが、以下の点に注意が必要です。

注意
  • 市からの交付決定通知を受け取り後、解体工事を実施する。
  • 工事請負等契約書又は請書により契約を締結する。
  • 解体工事中、工事後の写真を撮影する。
  • 解体工事が適切に行われるよう依頼する。

すでにお話をした通り、交付が決定する前に解体工事に着手してしまうと補助金が下りなくなるので要注意です。
解体工事が適切に行われるよう依頼するというのは、当たり前のことをきちんとやらない解体業者がかなりの数存在するためです(適切な工事が行われなかった場合、補助金が下りない可能性もあります)。

また、写真撮影の依頼も念を押しておくと安心ですね。

実績報告

提出の時期と書類は以下の通りです。

〇提出の時期

解体工事の完了日から30日を経過した日又は3月15日のどちらか早い日までに提出
〇提出書類

  • 補助金実績報告書(第8号様式)
  • 解体工事の工事請負等契約書の写し又は請書の写し
  • 請求書又は領収書の写し(解体業者の記名及び押印のあるもの)
  • 建設リサイクル法による届出をしたときの受領票の写し又は解体工事が適切に行われたことが確認できる書類の写し
  • 解体工事の工事中及び完了時の内容が確認できる工事写真

補助金実績報告書の記入例は以下の通りです。


補助対象経費は解体費用+解体で発生するゴミの処分費用+解体後の土地の整地費用と諸経費(消費税及び地方消費税を除く)で、補助金額の算出に使ったものと同じです。

補助金請求書

いよいよ最後の申請書です。

補助金請求書の記入例は以下の通りです。

なんと、補助金請求書への記入はこれだけです。今までと比べたら、とても簡単ですね!!
ただし、振込口座は申請者本人名義の口座を指定する必要がありますので注意です。

以上で老朽空き家解体費補助金の申請は完了しました。
もし、さらに詳しく知りたいことがある場合は以下をご参照、またはお問い合わせください。

春日井市のWEBサイト:老朽空き家解体費補助金

環境部 環境保全課
電話:0568-85-6572

空き家解体ローン利子補給

もうひとつ、解体費用を用意しやすくするための空き家解体ローン利子補給という制度をご紹介します。
老朽空き家解体費補助金との一緒に使え、特定の条件を満たすローン利息分を一部出してくれます。そのため、解体費用をすぐに用意することが難しい場合でも、諦める必要はありません。

制度概要

補助の対象となる方

市内の空き家解体で、市が指定する金融機関から融資を受けた方

金融機関

株式会社大垣共立銀行(平成28年4月1日現在)

補助金額

1月1日から12月31日までに金融機関に返済した元金に対し、年利1%の利子に相当する額(60,000円を限度とします)

注意すべき点は、指定金融機関以外で融資を受けた場合に対象外となってしまうことです。
融資を受ける前に、必ず金融機関を確認しましょう。
また、補助金額は算出された額面から100円未満を切り捨てた額です。(算出の結果が14,568円の場合、補助金額は14,500円)

申請期間

返済した日の属する年の翌年1月4日から1月31日まで

提出書類

  • 空き家解体融資利子補給補助金交付申請書
  • 空き家解体で金融機関から融資を受けた者であることを証明する書類
  • 金融機関が作成した返済予定表
  • 返済に使用した預金通帳の写し(返済の記録が分かるものに限ります。)

申請書の記入例は以下の通りです。

・空き家解体融資利子補給補助金交付申請書

申請書の記入はこれだけですが、毎年申請する必要がある点のみ注意が必要です。
ムダな出費を極力抑えられますので、空き家解体ローン利子補給をうまく活用しましょう。

もし、さらに詳しく知りたいことがある場合は以下をご参照、お問い合わせください

春日井市のWEBサイト:空き家解体ローン利子補給

環境部 環境保全課
電話:0568-85-6572

書類データは、以下からダウンロードできます。

まとめ

老朽空き家解体費補助金空き家解体ローン利子補給をうまく活用して、早期に空き家を解体することで、空き家を放置した結果起こるトラブルを未然に防ぐことができます。まずは、老朽空き家解体費補助金のサイトを確認してみましょう(老朽空き家解体費補助金はこちら)
また、あんしん解体業者認定協会の解体無料見積ガイドでは、適正範囲で価格を抑えつつ上質な工事ができる解体業者のご紹介をしています。ぜひ、お気軽にお問合せください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)