あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【北海道北広島市】土地活用のための空き家解体に最大30万円の補助

所有の家屋を放置しているのはもったいないですよね。でも、自分自身で住む予定がなければ、なかなか使い道は見つからないものです。そこで、北海道北広島市では土地の有効活用を目的として、空き家解体の補助金最大30万円まで出しています。補助を受けるためには条件がありますので、一緒に確認してみましょう。

空き家解体の補助金の制度概要

最初に、空き家解体の補助金の制度概要(補助の対象条件や補助金額)について整理します。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 北広島市内にある
  2. 所有権以外の権利(借金の担保等)が設定されていない
  3. 都市計画法などの関係法令に適合している
  4. 他の制度による補助を受けていない
  5. 公共事業による補償の対象となっていない
  6. 居住やその他の使用をしていないことが常態化している空き家
  7. 住宅や店舗兼住宅といった居住用の建物

本補助金の目的は、土地を有効活用して定住を促進させることです。そのため今住んでいる家屋の建て替えや、自分自身で使用する駐車場を造りたい場合等は補助の対象にはなりません。
条件3については、北広島市との事前相談で確認しましょう。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  1. 対象物件(家屋・土地)の所有者
  2. 所有者全員の同意を得ている(親族等で共有している場合)
  3. 市町村税を滞納していない
  4. 解体後の土地を、住宅の建設、売却など定住促進に効果があると認められる目的のために活用する

条件1・3より、対象物件の所有者本人が申請可能ですが、税金を滞納していると補助対象として認められません。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  1. 対象物件の全部を解体撤去する
  2. 解体工事を行うために必要な資格等を持っている業者が行う
  3. 2016年(平成28年)4月1日以降に契約を結び、申請年度の末日までに完了する

条件1にある通り、家屋はすべて解体撤去する必要があります。
また条件3より、すでに契約や工事に着手している場合でも補助の対象と認められます。

補助金額

補助金額=補助対象経費×1/3(上限額:30万円。千円未満切り捨て)

補助対象経費には、建物や基礎、地中埋設物、車庫、物置、塀、門扉等の解体撤去にかかる費用のほか、整地・仮設工事・家具等撤去にかかる費用等も含まれます。

空き家解体の補助金の手続き方法

次に、空き家解体の補助金の手続き方法(手続きの流れ、用意が必要なもの等)についてまとめます。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金額の確定通知

☆交付請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。上から順番に確認しましょう。

事前準備

まず、事前準備として北広島市との事前相談、工事計画書と見積書の入手を済ませてください。

事前相談は北広島市役所(市民環境部 市民参加・住宅施策課(市役所4階))で行います。自身が補助対象として認められる見込みの有無や、解体跡地の活用方法等について話しましょう。また、疑問点・不明点等もできる限り解消しておきます。

また、工事計画書と見積書は解体業者にお願いして作成してもらいます。
ただし、解体業界は悪徳業者(不法投棄・手抜き工事・不当な追加請求等をする業者)がとても多いという問題を抱えています。「見積もりが安いから」というだけで解体業者を決めると、トラブルが起きたときに依頼者側の責任も問われることがあります。
ですので、解体業者の選定はぜひあんしん解体業者認定協会にお任せください。無料サービスとして提供している優良業者の3社紹介により、適正範囲内で価格を抑え、かつ高品質な工事を受けられるようにサポートします。

交付申請

準備が整ったら交付申請を行いましょう。以下の書類を北広島市役所へ提出してください。

・交付申請書(別記第1号様式)

・確認調書

〇その他の必要書類
・工事計画書と見積書(内訳と解体業者の押印付き)の写し
・位置図、配置図と現在の状況が分かる写真(撮影日が確認できるもの)
・登記事項証明書(土地と建物の全部事項証明書)
・住民票
・納税証明書(所有者全員分の市町村税に関する完納証明)
・解体業者が持つ建設業の許可証または解体工事業の登録証の写し

交付申請をすると、書類審査や現地調査等を経て交付の決定通知書(別記第2号様式)が発行されます。

解体工事

交付の決定通知書を受け取ったら、解体業者に工事を始めてもらいます。
工事開始の際には、補助金関連の提出物は特にありません。ただし、工事の内容や経費の配分を変更する場合には変更届(別記第4号様式)を出してください。

また、実績報告時に工事完了後の土地の写真が必要ですが、トラブルへの備えとして全工程の写真を撮影してもらえるように解体業者へ依頼しておきましょう。

実績報告

解体工事が終了したら実績報告を行います。以下の書類を北広島市役所に出してください。

・完了報告書(別記第5号様式)

〇その他の必要書類
・請負契約書(補助対象者と解体業者の押印付き)の写し
・請求書と領収書(解体業者の押印付き)の写し
・工事完了後の土地の写真(撮影日が確認できるもの)

実績報告に問題がなければ補助金通知書(別記第6号様式)で補助金額が確定します。

交付請求

補助金通知書が届いたら交付請求が可能です。次の書類を出してください。

・交付請求書(別記第7号様式)

交付請求で記載した口座に対して補助金が振り込まれます。

空き家解体の補助金の手続き方法は以上です。
何か分からないことがあれば、北広島市役所に問い合わせてみてください。

北広島市役所
市民環境部 市民参加・住宅施策課
——————————
所在地:〒061-1192 北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話:011-372-3311(代表)

空き家解体の補助金に関する情報取得

最後に、空き家解体の補助金に関する情報取得について説明します。

補助金のことについて調べるなら、北広島市公式ホームページのチェックは欠かせません。ただし、自治体サイトなので情報量が多く、目的のページを見つけるのは非常に骨が折れます。
ですので、空き家解体の補助金ページの行き方と内容について確認しましょう。

空き家解体の補助金ページへの行き方

まずGoogle等の検索サイトで「北広島市」を調べ、検索結果の一覧から「北海道北広島市」を選択します。

これで北広島市公式ホームページに入れました。
続けて、「くらしの情報」⇒「住まい・引越」⇒(関連するカテゴリ)「空き家対策」⇒「北広島市空き家等解体補助金」の順に選択しましょう。

すると次のページが開きます。


引用元:北広島市公式ホームページ

この「北広島市空き家等解体補助金」というタイトルのページで、空き家解体の補助金に関することが調べられます。

空き家解体の補助金ページの内容

空き家解体の補助金(北広島市空き家等解体補助金)ページには、補助の対象条件や手続きの流れ等が詳細に載っているほか、受付に関する情報各種申請書類データ要綱・要領が存在します。

受付に関する情報には、受付の予定件数や受付場所について書かれています。申請前には必ず確認してください。
各種申請書類データは、記入が必要な書類をご自宅で印刷する場合に使用します。北広島市役所に着いてから書類を作成すると、かなりの時間を取られる可能性が高いので、ご自宅であらかじめ作成しておくと良いでしょう。
また要綱・要領には、制度詳細が条文形式で記載されています。要綱には目的・対象条件・補助金額等の制度概要が、要綱には手続きの具体的な流れが主に載っていますので、細かい点を確認したいときにご覧ください。

まとめ

今回は、北海道北広島市の空き家解体の補助金についてまとめてみました。空き家は放置していても何も生み出さないうえ、近隣住民に迷惑をかけてしまいます。解体工事にかかる費用も年々増加していますので、補助金が出る今のうちに空き家の解体撤去を検討しましょう。
まずは、北広島市との事前相談から始めてみてください。



北広島市公式ホームページ:北広島市空き家等解体補助金

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)