あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【大阪府泉南郡熊取町】古い木造家屋解体に、補助金最大40万円

最近地震のニュースが多く、古い木造住宅に住んでいるのが不安になりますよね。でも、家屋を解体するには多くのお金が必要です。そこで、大阪府泉南郡熊取町では木造住宅除却工事補助で、一定の条件をクリアすると補助金最大40万円を出しています。また、他の地震対策として、ブロック塀等の撤去・新設に対する補助金制度も新設されました。

木造住宅除却工事補助の概要

家屋の解体で補助金が下りると言っても、どんな工事でも無尽蔵に対象になるなんてことはありません。そこで、木造住宅除却工事補助の対象や補助金額等について触れたいと思います。

対象物件

次の条件にすべて当てはまる建物

  • 昭和56年5月31日以前に建築確認を受けている(原則)
  • 町内の木造住宅
  • 住宅用の床面積が50平方メートル以上のもの
  • 他の補助制度(木造住宅耐震改修補助金、住宅リフォーム補助金、中古住宅取得費補助金)を受けていない
  • 耐震診断の数値が一定以下
  • 建物を解体について、関係者との協議が整っている(建物所有者と占有者又は土地所有者が異なる場合)

また、後ほど再びお話をしますが、木造住宅除却工事補助を利用するには、事前に耐震診断を受け、その結果が以下のどれかに当てはまる必要があります。

・耐震診断結果の数値が1.0未満
・誰でもできるわが家の耐震診断の評点が7点以下
・住宅の不良度測定基準(木造住宅等)の評点が100点以上

上のなかでは、誰でもできるわが家の耐震診断(一般財団法人 日本建築防災協会)がインターネットを使ってご自宅でできるので、とても簡単です。専門家にお願いすれば詳しい検査ができますが、お金が結構かかることも多いので、まずは誰でもできるわが家の耐震診断をやってみるのがオススメです。(誰でもできるわが家の耐震診断はこちら)

対象者

次の条件どちらにも当てはまる方

  • 対象物件を所有している個人
  • 年間所得金額(直近)が1,200万円以下

年間所得が十分な方は、補助対象にはなりません。

補助金額

補助金額:40万円(長屋または共同住宅は、1棟当たり)
※ただし、解体工事に関係する費用合計が40万円未満の場合は、その額(千円未満切り捨て)

解体工事に関係する費用に入るのは、建築物の解体、運搬と処分、騒音対策等です。

対象工事

対象物件をすべて解体する工事

木造住宅除却工事補助は、建物のすべてを解体してしまう工事が対象です。根本的な耐震補強が難しいので全解体するしかない、という建物が補助対象として想定されているのでしょう。

受付期間

申請期間:毎年4月1日~11月30日

新年度になると、受付が開始されます。
ただし、後で詳しく説明しますが、申請には必要な事前準備(耐震診断や書類入手、解体業者とのやりとり等)が色々とあるので、特に解体後の土地利用でスケジュールが決まっている場合などは、余裕をもって計画を立てるように気を付けてください。

木造住宅除却工事補助の手続き方法

続けて、申請の流れについてお話をします。
申請は1回したら終わり、という訳ではありません。段階があり、その時々に提出するべき書類があります。

(事前準備)
☆耐震診断、解体工事見積等

(申請開始)
☆補助金交付申請

補助金交付決定通知

☆解体工事着手

☆完了報告

補助金額確定通知

☆補助金交付請求

補助金交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。
では、「☆」に沿って確認していきたいと思います。

耐震診断、解体工事見積等

申請には複数の書類が必要で、中には1日で手に入らないものもあります。
耐震診断は、すでにご紹介している誰でもできるわが家の耐震診断が簡単なのでオススメです。評点が7点以下であるか確認してください。(誰でもできるわが家の耐震診断はこちら)

少々大変なのが、解体工事の見積書です。ご自身で解体業者を選び、現地調査のあと見積書を作成してもらうのですが、大体2週間くらいかかります。
解体業者選びは、とてもリスクが大きいものです。なぜなら、業者の良し悪しは外見から判断しにくいうえ、優良業者自体、ほんの一握りしか存在しないからです。ですから、解体業者選びはあんしん解体業者認定協会にお任せください。
(ちなみに、補助金交付申請後の通知が届くまで、解体工事に着手してはいけません!! 申請ができなくなってしまいます)

補助金交付申請

準備が整ったら、申請を始めましょう。提出する書類は以下の通りです。
少々多めなので、漏れがないようにしてください。(書類データをダウンロードできるものは、画像を付けています)

・木造住宅除却工事補助金交付申請書(様式第1号)

・資産に関する誓約書(資産が1,000万円を超える方を除く)

・現況写真(建物全体、隣地の状況が分かるもの)

さらに、一緒に提出する書類で、
・対象物件の確認済証の写し
・対象物件の検査済証の写し
・建築確認年月日又は工事完了年月日が確認又は推測できるもの(上2つの写しがない場合)
・建物現況図(付近見取図・配置図・平面図)
・解体工事見積明細書
・解体工事工程表
・対象物件の所有者が確認できるもの
・対象物件の所有者の直近の所得証明書
などが必要です。耐震診断の種類や、親族等関係者がいる場合などによっては、さらに要求される書類がありますので、交付申請時に提出する書類で確認をお願いします。(交付申請時に提出する書類はこちら)

解体工事着手

申請後に補助金交付決定通知が届きますので、解体業者と契約して工事を始めてもらうと同時に、以下の書類を提出します。

・木造住宅除却工事着手届(様式第4号)

加えて、解体工事の請負契約書の写しも用意してください。
また、次の完了報告では解体工事の写真が必要です。工事前の現況写真と同じアングルで、工事後の写真を撮ってもらえるよう、解体業者に依頼しておきましょう。

完了報告

解体工事が無事終わったら、熊取町に完了報告をします。

・木造住宅除却工事完了報告書(様式第9号)

・現況写真(工事前と同じアングル)

また、以下の書類を加えます。
・解体工事費領収書の写し
・解体工事費の明細
現況写真も含めて、解体業者から受け取りましょう。

補助金交付請求

完了報告の数日後、補助金額確定通知が届きます。そうしたら、いよいよ補助金の請求ができるようになります。

・木造住宅除却工事補助金交付請求書(様式第 11 号)

他にも必要書類が発生した場合は町から指示されるので、一緒に用意してください。

以上で補助金の申請は完了しました。請求から数日後に指定の口座に振り込まれます。

何か分からないことがあれば、以下に問い合わせてみましょう。

まちづくり計画課(開発指導グループ)

電話:072-452-6401
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場東館1階)
mail:machidukuri-keikaku@town.kumatori.lg.jp
大阪府泉南郡熊取町WEBサイト:木造住宅除却工事補助

また、書類データは以下からダウンロードできます。

ブロック塀等の撤去・新設に対する補助金制度

話は変わりますが、家屋解体は家屋本体だけではだけでなく、ブロック塀の撤去も一緒に行うことがありますよね。
熊取町には、新たに始めた制度でブロック塀等の撤去・新設に対する補助金制度があります。2018年6月の大阪府北部地震では、ブロック塀倒壊による痛ましい事故が起きてしまい、大変問題になりましたよね。
熊取町では、上記地震の後にブロック塀等の撤去・新設に対する補助金制度を設けて、もろいブロック塀の危険を無くす努力をしています。

対象工事

次のどちらかに当てはまる工事

  • 撤去するブロック塀等が国、府、町が管理する道路に面しており、高さが60cm以上のものであり、道路に面する部分のすべてを撤去するもの
  • 新設するフェンス又はブロック塀等が既設のブロック塀等を撤去した範囲内に設置するものであり、法令等の安全規定に適合する構造であるもの

補助金額

ブロック塀等の撤去工事と、それに引き続き軽量のフェンス等を設置する工事に要する費用について、上限額20万円まで補助

基本的に、ブロック塀の補助は危険な塀の撤去自体が目的ですが、撤去後に新たなフェンスがないと困りますよね。そこで、ブロック塀の撤去からフェンス新設まで含めた費用が補助対象とされています。
上限額も20万円と手厚く補助されますので、ぜひ活用しましょう。

受付期間

ブロック塀の補助は、2018年の地震で例外的に夏から急ぎ始まりましたが、新たな予算や補助制度は新年度(4月)にスタートまたは更新されますので、最新情報をご確認ください。

申請書類

以下の書類を提出します。

・交付申請書

さらに、一緒に提出する書類で
・現況写真(ブロック塀等の全景及び高さがわかるもの)
・工事見積書の写し(補助対象経費の明細がわかるもの)
・ブロック塀の所有者であることが確認できる書類
を用意します。

ブロック塀等の撤去・新設に対する補助金制度については以上です。
補助金を出すというのは、町が協力してもらいたいと考えている証拠です。家屋だけではなく、もろいブロック塀の対処も一緒に検討してみてくださいね。
申請するうえで不明点があれば、下記にお問い合わせしてください。

まちづくり計画課(開発指導グループ)

電話:072-452-6401
ファックス:072-452-7103
〒590-0495
大阪府泉南郡熊取町野田1丁目1番1号(役場東館1階)
machidukuri-keikaku@town.kumatori.lg.jp
大阪府泉南郡熊取町WEBサイト:ブロック塀等の撤去・新設に対する補助金制度

また、書類データは以下からダウンロードできます。

まとめ

今回は、木造住宅除却工事補助ブロック塀等の撤去・新設に対する補助金制度について取り上げました。事前に用意するものが多いですが、まずは一歩、制度対象の再確認から始めてみましょう。(木造住宅除却工事補助はこちら)

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)