あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【東京都世田谷区】避難路等脇にある古い建物の解体・建替えに助成金

近年地震への不安が広まっていますが、都内では様々な対策が進められています。東京都世田谷区では、緊急時に重要な避難路・輸送路(特定緊急輸送道路)が建物倒壊でふさがるのを防ぐために道路脇にある古い建物の耐震化助成制度を設け、そのなかで解体・建替え助成金を出しています。解体や建替え工事は高額なので、ぜひ助成制度を活用しましょう。

解体・建替え助成金の制度概要

最初に、解体・建替え助成金の制度概要(助成の対象条件、助成金額)について整理します。

耐震化助成制度には補強設計・耐震改修・解体(除却)・建替えが存在しますが、この記事では解体・建替えを中心に説明します。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 1981年(昭和56年)5月31日以前の旧耐震基準で建てられた
  2. 敷地が特定緊急輸送道路に接する
  3. 建物から道路の境界線までの水平距離に道路横幅の半分の距離(横幅が12m以下の場合は6m)を加えたものに相当する高さがある

条件1に当てはまる場合、そもそも耐震性が低いと考えられます。

条件2の特定緊急輸送道路とは下図の青い道路のことです。


引用元:世田谷区公式ホームページ-特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化支援パンフレット[PDF]

条件3については、文章だけで理解するのは難しいので下図を参考にしてください。


引用元:世田谷区公式ホームページ-特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化支援パンフレット[PDF]

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  1. 対象物件の所有者(個人・法人)※
  2. 国・地方公共団体・独立行政法人都市再生機構等ではない
  3. 同様の助成金を受けていない(予定もない)

※共有・区分所有の建物の場合、所有者の過半or規約によって合意された代表者

助成金の受取は基本的に所有者や代表者が行いますが、工事業者に委任することも可能です。
詳しくは、世田谷区役所に問い合わせてみてください。

助成金額

助成対象事業費×1/3以内
(延べ面積5,000㎡超えの部分は1/6以内)
※千円未満切り捨て

助成対象事業費とは、基本的に解体や建替え工事等にかかる費用のことです。ただし、上限額の算出方法は以下の通りとても複雑なので、世田谷区役所に問い合わせましょう。


引用元:世田谷区公式ホームページ-(パンフレットの)別紙[PDF]

解体・建替え助成金の手続き方法

次に、解体・建替え助成金の手続き方法(手続きの流れ、用意するもの等)についてまとめます。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体or建替え工事

中間検査

☆完了報告

完了検査

☆交付請求

助成金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。
では、上から順に見ていきましょう。

事前準備

まず、耐震診断の受診、世田谷区役所へ事前相談、見積書の取得が必要です。

耐震診断は、耐震化助成制度を利用するうえで必須です。結果を見て、耐震改修で済ませるか、解体or建替え工事を行うかを判断します。

事前相談では、自身の助成対象になる見込みの確認や疑問点・不明点の解決を図ります。世田谷区市役所の相談窓口(防災街づくり担当部 防災街づくり課 耐震促進 第1庁舎4階)に建築確認通知書or台帳記載事項証明書・対象物件の図面・耐震診断結果等の必要書類を持参してください。
まだ耐震診断を受診していない場合は、先に診断業者等について相談しましょう。

見積書に関しては、解体工事や建替え工事に加えて耐震改修工事についても用意します。作成は、建設業者や解体業者にお願いしましょう。
ただし、解体工事に関しては相場がないため、工事業者によって見積金額に大きな差が出ます。さらに、不正(不法投棄・手抜き工事・不当な追加請求等)を働く工事業者もいまだに多いのが現状です。
そこで、あんしん解体業者認定協会では無料サービスとして優良業者の3社紹介を提供しています。3社比較によって適正範囲内でより安く、より高品質な解体工事が受けられるようにサポートしますので、ぜひご連絡ください。

交付申請

事前準備が終わったら、交付申請をします。
交付申請書+必要書類(見積書等)を世田谷区役所に提出しましょう。

交付申請を行うと審査等があり、その後交付の決定通知書が発行されます。(交付の決定まで、2~3ヶ月程度かかる場合あり)

解体or建替え工事

交付の決定通知書を受け取ったら、工事業者と契約を結んで工事を始めてもらいます。
このとき、交付の決定通知より先に契約してはいけません。助成が受けられなくなります。

注意
工事業者との契約は、必ず交付の決定通知以降に行う!!

また、工事開始と同時に着手届を世田谷区役所に出してください。

ちなみに、工事の途中に中間検査が行われます。

完了報告

工事が終わり次第、世田谷区役所へ完了報告を済ませます。
完了届を提出すると完了検査があります。

交付請求

完了検査が終了して助成金額が確定したら、世田谷区へ交付請求ができます。
窓口に助成金請求書を提出しましょう。

請求書等に問題がなければ、後日指定の口座に助成金が振り込まれます。

解体・建替え助成金の手続き方法に関しては以上です。
何か分からない点があれば、世田谷区役所に問い合わせてみてください。

世田谷区役所
防災街づくり担当部 防災街づくり課 耐震促進担当
——————————
電話:03-5432-2468
FAX:03-5432-3043

解体・建替え助成金に関する情報取得

最後に、解体・建替え助成金に関する情報取得について触れます。

助成金情報については、世田谷区公式ホームページをチェックする方がほとんどです。ただ、サイト内のページ数があまりに多く、どこを見ればよいか分かりにくいかもしれません。

そこで、解体・建替え助成金に関するページ(耐震化助成制度)の行き方と内容についてお話しします。

解体・建替え助成金に関するページへの行き方

はじめに、Google等の検索サイトで「世田谷区」を調べ、結果一覧から「(世田谷区公式ホームページ)くらしのガイド」を選択します。

これで世田谷区公式ホームページ内の「くらしのガイド」が開きました。
続けて、(住まい・街づくり・交通)「住まい・建築・区施設整備」⇒(耐震支援)「耐震化支援制度」⇒「特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を支援します」の順に選択していきましょう。

すると次のページが開きます。


引用元:世田谷区公式ホームページ

この「特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を支援します」(耐震化助成制度)というページに、解体・建替え助成金の情報が含まれています。

解体・建替え助成金に関するページの内容

解体・建替え助成金に関するページでは、制度に関するお知らせや最新情報を確認できます。申請前には必ずチェックしてください。

また、パンフレット(パンフレットの)別紙がPDFファイルでダウンロードできます。
パンフレットでは制度概要等が図入りで確認できます。対象条件について理解するのに役立ちます。
別紙では、助成金額の算出方法等について詳細に書かれています。助成金額の算出方法については非常に複雑なため世田谷区役所に聞くことをオススメしますが、ご自身で計算したい方は参考にしましょう。

まとめ

今回は、東京都世田谷区の解体・建替え助成金についてまとめました。解体工事や建設工事にかかる費用は、人件費とゴミ処理費にともない上昇し続けています。地震対策自体も早急に進める必要があるので、助成金を活用して早めに工事を済ませましょう。
まずは、耐震診断の受診と世田谷区役所に事前相談するところから始めてください。



世田谷区公式ホームページ:特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を支援します

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)