あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【愛知県津島市】危険な状態の空き家解体に、補助金最大20万円

実家を解体するのは、お金の面でも感情面でも決断しにくいですよね。だからといって、そのままにしていた結果ボロボロになって倒壊しそうな状況になっていませんか?愛知県津島市では、危険な空き家を解体する際に空家解体促進費補助金補助金を最大20万円出しているのでお金の負担が減らせます。。

空家解体促進費補助金の概要

では、最初に制度の対象になる条件についてお話をします。

対象物件

次のすべての条件に当てはまる物件

  • 延べ床面積の2分の1以上が居住用(長屋や共同住宅の場合は、すべての住戸が空家)
  • 木造または鉄骨造
  • 個人が所有する住宅
  • 過去に、国または地方公共団体から解体の補助を受けていない
  • 所有権以外の権利(借金の担保等)が設定されていない(権利者の同意がある場合を除く)
  • 空家等対策の特別措置法に規定する空家等のうち、住宅に該当
  • (住宅地区改良法に規定する)不良住宅に該当

条件が色々あるので、簡単にまとめると個人が所有する、木造か鉄骨造の一般住宅(又は店舗兼住宅)が対象です。

空家等対策の特別措置法に規定する空家等のうち、住宅に該当(住宅地区改良法に規定する)不良住宅に該当という条件については後ほど説明しますので、一旦置いておきます。

対象者

次のすべての条件に当てはまる方

  • 空家の所有者(空家が親族等の共有である場合は、解体について親族等全員の同意を得ている)
  • 市税を滞納していない
  • 暴力団員でない

多くの場合、相続した家は親族数人の共有財産になっていますよね。事前に親族全員の同意を得ておかないと、後々そんなの「聞いていない!」なんてトラブルが起きかねません。ですので、1つめの条件があるのです。

補助金額

解体工事に関連する費用の80%(最大200,000円まで。1,000円未満は切り捨て)

補助金では解体工事費の全額は出ませんが、工事費が高くなれば、その分補助金額も多くなります。

ただし、たとえ工事費が想定より高くなっても、上限額の20万円を超える補助金は出ませんので要注意です。

注意
補助金の上限額は20万円!!

対象工事

対象となる空家を含む敷地全体において建物を解体、運搬、処分する工事

空家解体促進費補助金は、危険な空き家は再利用ができないので、全解体するしかないという考えですので、一部残しの解体は対象に含まれていません。

補助金の申請前に…不良住宅判定依頼

では早速申し込みをしたいところですが、その前にやるべきことがあります。
津島市では、空家解体促進費補助金の申請前に、不良住宅判定を行っています。

補助金申請後に市が行う現地調査は時間等がかかるので、先に書類審査である程度を数をしぼり、市が対応しきれなくなってしまうのを防いでいます。

提出書類

市へ提出する必要がある書類は以下の通りです。

・不良住宅判定依頼書(様式第1号)

一緒に提出する書類として、
・空家の位置図(付近見取図)
・空家の外観写真
・空家の内部写真(腐朽・破損等がある部位が判別できるもの)
・空家を証明する書類
を用意します。

内部写真は、床が抜けている、天井が崩れている、壁がボロボロになっている等がハッキリ分かるように、それぞれの場所を複数枚撮影します。また、屋内は暗いので、撮影時間や撮影機器には注意しましょう。
もし分からないことがあれば、以下をご参照または問い合わせください。

津島市空家解体促進費補助金
建設産業部 都市計画課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

以上の書類を津島市に提出した結果、不良住宅と判定されたら、いよいよ空家解体促進費補助金の申請をします。
ただし、補助金の交付申請時には解体工事の見積書が必要なので、事前に解体業者へ依頼しておきましょう。

空家解体促進費補助金の手続き方法

不良住宅判定の通知で不良住宅と判定されたら、空家解体促進費補助金の申請ができます。

事前準備を含めた流れは、以下の通りです。

(事前準備)
☆不良住宅判定依頼(既に説明済み)

判定結果通知

(申請開始)
☆補助金交付申請

現地調査、補助金交付決定通知

☆解体工事

☆完了実績報告

補助金確定通知

☆補助金請求

補助金交付

☆が申請者側でやるべきフローです。各段階ごとに提出書類や注意事項がありますので、流れに沿ってお話をしていきたいと思います。

補助金交付申請

不良住宅との判定結果が通知されたら、以下書類を津島市へ提出します。

・空家解体促進費補助金交付申請書(様式第3号)

一緒に提出する書類として、
・不良住宅判定結果通知書の写し
・付近の見取図
・空家の所有権を証明する書類
・市税の完納証明書
・解体工事の見積書
を用意します。

解体工事の見積書は、ご自身で解体業者に依頼して手に入れます。ただ、業者の選びから現地調査、見積書の発行まで2週間程度かかるうえ、工事品質が信頼できる業者はなかなか見つかりにくいので、ぜひあんしん解体業者認定協会にお問い合わせください。

解体工事

補助金の交付決定通知が来たら、解体業者に空き家の解体工事を始めてもらいます。
この段階では、申請者自身で用意する書類は特にないのですが、工事の着手は、交付決定通知後にしなければなりません。もし交付決定前に工事を始めた場合、補助金が下りなくなる可能性があります。

また、次の段階では工事の完了写真が必要です。解体業者に依頼しておくと良いでしょう。

注意
交付決定の通知前に、解体工事に着手するのは絶対にダメ!!

完了実績報告

無事に解体工事が終わったら、期限があるので早めに津島市へ完了報告をします。
報告には、以下の書類が必要です。

・完了実績報告書(様式第10号)

加えて、
・解体工事請負契約書の写し
・工事費請求書又は領収書の写し
・工事の完了写真(工事を行ったことが確認できるもの)
が必要です。
チェックして解体業者から漏れなく受け取っておきましょう。

補助金請求

補助金の確定通知が届いたら、終わりまでもう少しです。
下記の書類を1枚、津島市へ提出します。

・空家解体促進費補助金請求書(様式第13号)

今までと比べたら、とても簡単ですよね。
ただし、書類の提出は補助金確定の通知を受けた日から起算して10日を経過する日までに済ませなければなりません。結構シビアです。
完了直前でうっかり期限が過ぎてしまった…とならないためにも、補助金確定通知が来たらすぐに提出しましょう。

以上で補助金申請は完了です。
一見難しそうな感じがするかもしれませんが、書類の用意と解体業者とのやりとりがほとんどなので案外簡単です。どうしても分からないことがあったら、市へ問い合わせましょう。

津島市空家解体促進費補助金
建設産業部 都市計画課
〒496-8686 愛知県津島市立込町2丁目21番地
電話番号:0567-24-1111

また、書類データは、以下からダウンロードできます。

まとめ

今回は空家解体促進費補助金について取り上げました。
お金がかかる空き家解体なので、最大20万円の補助金は非常に助かりますよね。まずは津島市WEBサイトから、不良住宅の判定依頼を申し込みましょう。(津島市空家解体促進費補助金はこちら)
また、解体業者の選定はとても厄介です。優良業者はあまり存在しないうえ、見極めるのが難しいからです。
そのため、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)