あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

家具はどう処分する?解体工事における不用品処分の方法

解体工事を行うとき、家の中にある家具・家電・日用品などを、どう処分したら良いか初めてのことだと困ってしまいますよね。

「家具の処分は誰にどこまで依頼できるの?」
「処分費用はどうやったら安く出来るの?」

といった疑問を、解体工事が始まる前に解消しておくと安心です。

今回は解体工事の前に行う、家にある家具や家電等の不用品処分の方法と、処分費用を安く抑えるためのポイントに関してご紹介します。

家具の処分は依頼する?自分でやる?

kagusyobun9
解体工事を行う前の家具を含めた不用品の処分において、まずは誰が処分をするのか?そして処分における注意点は何かについて見ていきましょう。

処分は解体業者に任せられるの?

家具などの不用品処分は、一般的に解体業者に不用品の処分を依頼することが可能です。但し、解体業者によっては特定の不用品のみ施主に処分をお願いするケースもあります。

その為「室内に家具などの不用品がたくさんあるけど、忙しくて自分で処分できない」という場合は、念のため解体工事を依頼する業者に、事前に処分を全てお願い出来るか聞いておきましょう。

解体業者に処分を任せることは出来ますが、ご自身で処分するのと解体業者が仕事として処分するのでは処分方法が変わるので、処分費用が大きく変わることに注意しておきましょう。

処分費用が変わる理由

kagusyobun8
同じゴミでも、どの立場で処分するかによって処分費用が異なります。家を解体して出る廃材等のゴミは産業廃棄物として処分が出来ますが、家具や家電等の不用品に関しては産業廃棄物として処理が出来ません。

また、家庭ごみをご自身で処分する場合と、業者が仕事として回収する場合では、処分の過程が異なるため、業者に処分を依頼すると却って費用が高くなる不用品があるのです。

そのため、処分を解体業者に依頼することは出来ますが、処分費用を抑えるためにはご自身で処分するものと、業者に依頼するものを分けることをお勧めします。

処分費用の見積もりを依頼する

kagusyobun5
解体業者に処分を依頼する場合は、解体工事をお願いする業者に見積もりを依頼しましょう。解体業者に処分を依頼する事は出来ますが、処分費用は量や物によっては高額になる事があるため注意が必要です。

現地調査に来た解体業者に、「不用品の処分をお願いしたいのですが。見積もりを取ってもらえますか?」などと聞くと、概算で見積もりを出してくれます。

立ち合いをして見積もりをした方が良いですが、難しい場合は目安としての処分費用を事前に聞いておくと安心です。不用品の内容によっても異なりますが、4tトラック一台分で約8~10万円が一つの目安です。

回収・処分費用は業者によっても違いがある為、○tトラック一台分で○万円といった具合に、具体的な数字を聞いておく事をお勧めします。

処分する時期

家具等の不用品処分をご自身で行う場合は、解体工事の前までに処分できるよう前もって予定を立てておきましょう。資源ごみは毎週回収されますが、粗大ゴミやリサイクル家電の処分には、時期によって2~3週間以上回収までに時間がかかることもあります。

2月~4月の引っ越しが多い時期や大掃除を行う12月などは、通常より回収に時間がかかる事が多い期間です。処分をご自身で依頼するはずが間に合わなかった・・という事がないよう、予定を立てて自治体や業者に依頼しましょう。

費用の節約!不用品を安く処分する方法

kagusyobun10
解体工事にはまとまった費用が必要になるため、節約できるところは安く抑えたいですよね。処分費用は一括で業者に任せる場合と、ご自身で分別して処分するのでは大きく処分費用が異なります。

しかし、不用品が多いと全てをご自身で処分するのも大変です。その為、ご自身で処分した方が費用を抑えられる不用品と、業者に任せた方が良い不用品を知って、効率良く節約しましょう。

ご自身で処分した方が安い不用品

kagusyobun12

・紙、布製品(カーペット・カーテン・洋服など)
・陶器(食器などの陶器製品)
・リサイクル家電(エアコン・テレビ・洗濯機・冷凍、冷蔵庫)
・食品、台所用品

ご自身で処分した方が費用が安く抑えられるものが、上記の不用品です。生ごみ等の食品類や紙製品は、資源ごみとして回収できる範囲なら殆ど無料で回収してもらえます。しかし、業者に処分を頼むと産業廃棄物として区分されるため、処分費用が却って高くなってしまいます。

紙・陶器・食品・台所用品に関しては、分別を行い自治体ごとの回収日に合わせて処分しましょう。布とリサイクル家電の処分方法に関しては、「不用品の処分方法」の章をご参考にして下さい。

業者に依頼する不用品

kagusyobun13

・木製家具(箪笥や机など)
・プラスチック製品
・鉄製品、金属製品

木製家具・プラスチック製品・金属製品に関しては、解体業者に処分を依頼した方が、処分費用が安く抑えられる不用品です。解体業者からスクラップ業者に直接処分を依頼出来易いので、安い費用で処分することが可能なのです。

木製のタンスやスチール棚などの家具は、ご自身でゴミ処理場まで持っていくのは労力ですし、大きさによって数千円の処分費用がかかります。

家具の種類や素材によっては、解体業者が無料で処分してくれるケースもあるため、見積もり時に解体業者にどの位の処分費用が掛かるか確認してみましょう。

買い取りを依頼する

kagusyobun14
不用品と一括りに言っても、処分に費用が掛かるものから市場の価値が高いものまで様々です。もし時間の余裕があった場合は、骨董品や美術品などを専門の業者に鑑定依頼するのも手段の一つです。

また、家具や家電も物や状態によっては、リサイクルショップなどで値段が付くこともあります。但し時間と手間がかかってしまうので、解体工事が始まり保管する場所が無くなる前に、早めに査定の依頼をしましょう。

正しく捨てる!不用品の処分方法

自分で処分すると言っても、不用品ごとに処分の方法が違うので、処分方法を迷うものも多いですよね。

ここでは先程ご自身で処分することをお勧めした、リサイクル家電と布製品を中心に処分の流れを見ていきましょう。

リサイクル家電の処分方法

kagusyobun19
リサイクル家電は粗大ゴミとして地域で回収が出来ない不用品です。粗大ゴミとして回収出来ないものは、リサイクル家電と呼ばれる「テレビ・エアコン・洗濯機・冷凍、冷蔵庫」の4品とパソコンです。

これらは解体業者によっては、施主に処分の連絡をお願いするケースもあります。リサイクル家電の処分方法は、次の2つの方法があります。

・家電量販店に処分を依頼する
・自治体又は家電リサイクルセンターに確認する

家電リサイクル法により、テレビ・エアコン・洗濯機・冷凍、冷蔵庫の4つの家電は決まった処分が必要な家電です。

家電を購入した・又は新しく家電を購入する家電量販店か、購入した家電量販店が分からず東京にお住まいの場合は家電受付リサイクルセンターに連絡します。他の地域の場合は市町村によっても処分が異なるため、お住いの地域のHPにリサイクル家電対応の記載があることが多いです。

また「家電量販店名 リサイクル家電」で検索すると、処分費用や申し込み方法が見つかり易いです。家電量販店が近くにない・分からない場合は、お住まいの自治体に確認してみましょう。

パソコンの処分方法

kagusyobun16
パソコンは家電量販店かメーカーごとに回収を依頼します。お近くの家電量販店での処分が難しい場合、「パソコン3R推進協会」という社団法人が全てのメーカーの処分依頼を受け付けています。

パソコン3R推進協会での回収が主ですが、一部の地域ではパソコンの回収も行っています。下記のパソコン3R推進協会のHPで、ご自身の地域で回収が出来るか・又出来ない場合はどう処分するかを知ることが出来ます。

一般社団法人パソコン3R推進協会:パソコンリサイクル

家具の処分方法

木製家具は通常解体業者に処分を依頼した方が、費用を安く抑えられる不用品です。解体業者に依頼する以外には、以下の方法で処分することが出来ます。

・リサイクルショップでの買い取り
・アプリやオークションでの販売
・買い替えによる引き取り
・引っ越し業者による回収
・自治体へ回収を依頼する
・回収業者へ処分を依頼する

オークションなどの販売は、相手への配送日程が工事前に終わるよう調整が必要です。また、回収業者によっては悪質な業者も存在するので、トラブルに巻き込まれないよう注意しましょう。

カーペット・布団の捨て方

kagusyobun15
カーペットは大きさや素材によって、可燃ごみ・不燃ごみ・粗大ごみとして処分が分かれます。自治体によって処分の基準は異なりますが、小さい物でイ草や麻100%の素材は可燃ごみ・小さいサイズでアクリルなどの合成繊維は不燃ごみ、通常の大きさのカーペットは粗大ごみという扱いが多いようです。

布団は粗大ごみとして処分する地域が殆どです。ただし、ゴミの回収は自治体ごとで違いがあるので、「カーペット お住いの地区名 粗大ごみ」や「お住まいの地域 ゴミ 回収」等と検索して、素材と大きさによって、お住まいの地域では何ゴミの扱いになるのか調べておきましょう。

粗大ごみの処分方法

kagusyobun3
粗大ゴミは毎回捨てるものではないので、いざ捨てようと思っても処分方法が分からないこもとありますよね。ここでは、一般的な粗大ごみの出し方を見ていきましょう。

1,電話かインターネットで粗大ごみの回収を申し込む
2,指定された金額のゴミ処理券を購入する
3,ゴミ処理券に必要事項を記入して指定の時間までにゴミを出す

粗大ゴミはこのように連絡して回収に来てもらう為、日時の指定が出来ず回収までに時間がかかります。解体工事前に回収が終わるよう早めに連絡をしておくと安心ですね。

地域によって処分費用や、何が粗大ゴミになるかも変わります。そのため「お住まいの地域 粗大ごみ」と検索して、お住まいの地域の処分費用と方法を事前にご確認下さい。

失敗を防ぐ!処分における注意点

家具を含めた不用品の処分方法は、次の4つが挙げられます。

1,解体業者に処分を依頼する
2,自治体に回収してもらう
3,リサイクルショップに買い取りしてもらう
4,不用品回収業者に引き取ってもらう

処分を依頼した後に困ることの無い様、処分方法に関する注意点を見ていきましょう。

時期と金額に関する注意点

kagusyobun24
解体業者・自治体・リサイクルショップでの処分に関しては、時期と金額に関しての注意が必要です。解体業者に関しては、ゴミの種類によって処分費用が高額になるため、分別して任せることを「安く処分する方法」でご紹介しました。

自治体に依頼する場合は、回収までの期間がかかるため、解体工事が始まる前に回収できるよう時期に注意が必要です。

また、リサイクルショップへの持ち込みにおいても、労力がいるためつい後回しになってしまいがちです。ブランド物の家具等を持ち込みたかったのに、間に合わなかった・・という事がないよう、時間に余裕を持って処分を行いましょう。

悪徳業者に注意

不用品が室内にたくさんあると、分別するのも運ぶのも大変なので、不用品回収業者に全て依頼したくなりますよね。

優良な不用品回収業者もいらっしゃいますが、残念ながら中には悪質な回収業者も存在します。お金が手に入るどころか、後になって高額な回収費用を請求させる被害も発生しています。

また、無料で引き取って貰って安心していたら、回収業者が不法投棄していて犯罪に巻き込まれてしまった、というケースもあります。

全てを無料で回収する業者は選ばず、事前に見積もりをとって回収費用を確認するよう注意しましょう。

まとめ

kagusyobun23
解体工事の前に行う、家具や家電等の不用品処分の方法と、処分費用を安く抑えるポイントについてご紹介しました。不用品の処分に関してはご自身で手を付けるのが難しい場合は、基本的には解体業者に処分を依頼することが可能です。

ご自身で不用品の分別を行うことが出来る場合は、費用を抑えるためにもご自身で処分を依頼するものと、解体業者に処分を依頼するものを分けることをお勧めします。

家具などの家財道具はたくさんある事が多く、全ての処分をご自身で行うと大変なため、効率的にご自身で処分した方が安く済むものから処分を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。