あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事の養生は義務?養生シートでわかる解体業者の質

解体現場の前を通りかかった時、見かけることの多い養生シート。何気なく目にしているそれが、実は解体工事において重要な役目を担っているって知っていましたか?
実は養生シートは、解体工事で発生する粉塵の飛散、騒音の発生などの被害を最小限に留める、トラブル回避に欠かせない存在なのです。

けれど中には稀に、養生を設置せずにそのまま解体工事を行っている業者も存在します。
「そんなに養生が解体工事において重要なら、養生を設置しないのは違法なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

今回は、解体工事における養生シートの重要性と、そこから見える解体業者の質についてご紹介します!

解体工事における養生シートの必要性

養生シートは解体工事で発生し得るトラブル回避に欠かせない存在と紹介しましたが、普段解体工事になじみのない方々には、その重要性は今一つわからないかもしれません。
まずは解体工事における養生シートの必要性から、詳しく見ていきましょう!

建物の取り壊しによる粉塵飛散を防ぐことができる

建物を取り壊すとき、建材の細かい破片や、屋内に残ったホコリやゴミなどが周囲に飛散してしまうことがあります。こうした粉塵の飛散は、近隣の方々が屋外に干した洗濯物や、車や自転車、その他屋外に置いておいた所有物を汚してしまいます。また、現場近くを通りかかって粉塵を吸い込んでしまうことで、体調を崩してしまうようなことも。

粉塵が飛散するような取り壊し作業の際、作業を行う敷地内を養生シートで取り囲むことで、粉塵の飛散を最小限に食い止めることができます。

解体工事中に発生する騒音を抑えることができる

解体工事で発生する近隣被害のうち、最も多く報告されているのが工事中の騒音。
重機を動かす音や、取り壊した建物の破片が崩れ落ちる音など、どんなに丁寧に施工していても、騒音の発生を完全に防ぐことはできません。

解体工事で設置されている養生シートの多くは、防音シートと呼ばれる遮音性に優れた素材で作られたシートです。
防音シートは一般的に、ターポリンというポリエステル製の布地に合成フィルムを貼り付けて作られたビニル系の生地で作られていて、遮音性をはじめ、雨などの悪天候にも対応できる耐水性と耐久性、耐光性にも優れています。

養生シートは近隣トラブルを回避できる存在

解体工事において発生するトラブルのうち、最も多く報告されているのが近隣トラブルです。
ご紹介しました粉塵飛散・騒音発生被害を抑える役目もありますが、何よりもしっかりとした養生を現場に設置していることで、「この解体業者は丁寧に施工してくれている」というイメージを近隣の方々に持っていただくことができ、解体工事に対する不安な気持ちを和らげることが期待できます。

養生シートの設置は解体業者に義務付けられているのか?

解体工事で発生し得るトラブルの対策として、大変重要な存在である養生シート。
となれば、解体工事を施工する際には必ず設置してもらいたいものですが、では、解体工事を行う際に養生を設置しないのは違法行為なのでしょうか?

養生なしの解体工事も、一概に違法であるとは言えない

実は、解体工事を行う際に養生を設置するのは、解体業者の義務ではありません
例えば、解体工事を行う現場から近隣家屋までの距離が極端に離れている場合、養生シートを設置しなくてもよい場合がありますし、粉塵飛散の対策として、散水を行うなどしていた場合、養生を設置していないことが一概に違法行為であるとは言えません。
また、騒音防止の面においても、解体工事で発生する騒音が騒音規制法による規制値以下であった場合、防音シートの設置は必ずしもしなくてはならないわけではありません。
一般的に、木造家屋の解体工事の場合、発生する騒音が規制値以上になることは稀であり、近隣の方々から騒音に対するクレームが来たとしても、解体業者を法的手段に訴えることは難しいでしょう。

建築物解体工事共通仕様書には規定がある

騒音・粉じん等の対策
(a) 騒音・粉じん等の対策は,次の(1)から(3)により,適用は特記による。特記がなけ
れば,(1)による。
なお,シート類は防炎処理されたものとする。
(1) 防音パネルは,隙間なく取り付ける。
(2) 防音シートは,ジョイントの重ねと結束を十分に施す。
(3) 養生シート等は,隙間なく取り付ける。
(b) 防音パネル等を取り付ける足場等の設置範囲,高さ等は,特記による。足場等は,
防音パネル等の取付けに適した材料及び構造のものとし,適切な保守管理を行う。
(c) ブレーカー,穿孔機,破砕機,圧砕機等による粉じん発生部に常時散水を行う。
(d) 3.1.2[用語の定義](3)による「転倒解体」を行う場合は,転倒解体箇所及びその
周辺部に十分な散水を行う。

引用:建築物解体工事共通仕様書 平成24年版

こちらの仕様書は、国土交通省により作成されたものです。通常解体工事を行う際、解体業者はこの仕様書に従って、適切な対策を取らなくてはなりません。
しかし、こちらの仕様書は法的に定められたものではありませんので、必ずしも養生の設置を怠ったからといって違法行為にとは言えませんが、近隣トラブルへの対策を適切に行わない業者には注意したほうがよいでしょう。

解体業者を見極めるなら!養生シートをチェックしよう

養生シートを設置している解体業者であったとしても、そのクオリティはピンからキリまで。その解体業者は丁寧に施工してくれる業者か否か。実は、養生シートを確認することで、その業者の質が見えてくるのです。

破けたままの養生シートを使い続けていないか?

設置している養生が破れていた場合、その破れから粉塵が漏れて飛散したり、隙間ができることで防音効果が薄れてしまいます。更に、破れた部分に解体工事で発生したがれきや資材が引っかかってしまい、危険な事故につながってしまうこともあります。

破損した養生シートを使い続けている業者は、それだけ近隣被害の対策や、安全対策への関心が薄いと考えられますから、優良な業者とは言えないでしょう。

会社名の入った養生シートは信頼できる

養生シートは破損したり汚れたりすると交換・破棄しなければならない消耗品ですが、消耗品である養生シートに社名やロゴがプリントされているというのは、それだけ経営が安定している証であるとも取れます。
無地の養生シートよりも、社名やロゴなどがプリントされたオリジナルの養生シートは発注に費用がかかりますが、破れたり汚れたりするたびに交換しなければならないものに対して費用をかけるというのは、ギリギリで経営している業者にはできないことです。

また、社名を大々的に押し出して営業ができるというのは、それだけ経験があり、トラブルが少ない証でもありますし、その場を通った人が現場を見るだけでどの業者が施工できるのかわかるというのも、プリント養生シートの利点と言えるでしょう。

養生シートを丁寧に設置しているか?

養生シートを設置してはいても、上下違う向きで設置していたり、シートとシートの間に隙間ができていたり、足場とシートのサイズが合っていなかったりといった、ずさんな貼り付け方をしていては養生シートを設置している意味がありません。
養生は、工事現場を通りがかっただけで多くの人の目に留まるもの。それだけに、優良な業者であれば、クレームやトラブル回避のために丁寧な設置を心がけるものですが、それほど大切な養生シートをずさんに設置しているとなれば、ほかの作業も丁寧に行っていない可能性がありますから、注意が必要です。

まとめ

解体工事における養生シートの重要性は非常に高いものでありながら、解体業者に設置が義務付けられているわけではありません。しかし、近隣トラブルを防ぐ意味でも、養生シートの設置はなるべくお願いしたいもの。
工事を依頼する前に、その業者はきちんと養生を設置してくれるのか、ずさんな扱い方をしていないかをしっかりと確認しておきましょう。