あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事費用を安くするための方法とは?

解体工事について調べると、解体工事の選び方や自分でできることをすることによって解体工事費用をかなり軽減できることがわかります。今回は、解体工事を安くする方法をご紹介していきます。

解体工事を安くする方法はいろいろあります。

例えば・・・、次のような方法があります。

ハウスメーカーに解体工事を依頼すると、専門家が関わるので安心を買えるということと、自ら調整を行う手間が省けるというメリットはあります。一方で、ハウスメーカーが仲介するため、直接解体工事業者と交渉して解体工事を行うよりも仲介料や手数料として20~30%程度の費用プラスされます。

建物滅失登記は、専門家である土地家屋調査士に依頼することができますが、費用が4~5万円かかります。費用を抑えたい方は、自分で手続をすることにより安くすることができます。手続きは、必要な書類をまとめて、登記申請書を作成し、地域の法務局に提出するので、それほど難しくはありません。費用を抑えたい場合には、建物滅失登記を自分で行いましょう。

解体補助金を活用する

自治体によっては、空き家の解体工事の補助をだしているところがあります。事前に、自治体の認定を受ける必要や、認定条件は自治体によって異なるようですが、活用できるのであれば活用しましょう。常時無人な状態で、倒壊、建築材等の飛散のおそれがあることや、床面積が一定以上、居住に使われていたもの、家屋が木造か、軽量鉄骨造である、個人が所有する家屋であるなどの認定条件があるようです。

不用品を自分で処分・リサイクルに出す

不用品を回収業者に依頼すると、かなり費用がかかることがあります。タンスや食器棚、スチールの棚、家電、ベット、マットレスなどは、住んでいる自治体で処分してもらうのが、費用的にも安くあがります。また、地域のコミュニティ新聞などでリサイクルの告知ができるところは活用するのもよいでしょう。自治体の処分は、こちらの都合だけで引き取りに来てもらえないので、計画的に処分していくことが必要です。

不当な解体工事費の追加請求を避けるために、解体工事の項目をチェックします。解体工事業者と一緒に現場を確認し、契約書に反映するようにしてください。見ただけではわかりにくい土中に埋められたゴミ処分は、後から追加費用になりやすい点です。事前に、出てきた場合の費用なども聞いておくとよいでしょう。

これらの解体工事費用を安くする方法は、ある程度情報収集されている方にとっては、すでにご存じのことだったかもしれません。今回は、ほかの方法をお伝えします。正直なところ、今回の方法は誰にでも出来るし、とっても簡単です!

私たちは、毎日、解体工事を考えているお客様と、解体工事業者との間に立って、仕事をしています。ですから、毎日のようにお客様から解体工事費用を安くしたいという金額交渉の相談をいただきます。

営業の鉄則?キーマンをおさえる

解体工事費用

その中で気付いた、“同一の解体業者であっても”解体費用を安くする方法とは・・・、解体工事業者の中で、安く見積りができる人に現地調査に来てもらうことです。

ご存じのとおり、解体工事業者によって、解体工事費用が高い安いの違いはでてきます。
毎日、相見積りのサポートをしている私たちから見ても、これは間違いないことです。

あわせて、解体工事業者の中でも、見積りを安くできる人と、そうでない人がいることにも気づきました。

解体工事業者のキーマンを見つける

それは、営業担当者の解体工事業者もあれば、社長である解体工事業者もあります。

「そんなの初めて付き合う業者なんだから、分かる訳ない」と、思われますか。
そう言いたくなるかもしれませんが、諦めないでください。

解体工事の現地調査

まず、社長が現地調査にきたら、チャンス到来です。あとは、社長に対して、感じよく接してあげるだけです。

法人が自社に製品・サービスを導入するには、ご担当者さま個人の意思で決定することはほぼありません。多くの場合、事業部決済、役員決済、社長決済など、最終的には決済者(=キーマン)の了承を得る必要があります。したがって、より沢山の成果をあげていく為には、最終GOALである決済者(=キーマン)にいかに多く接触し、製品・サービスの魅力を伝える商談をどれだけ増やせるかが重要な鍵となってきます。
みなさんもトップダウンで受注が決まった、あるいは失注したという経験はあるかと思います。法人営業において“誰と商談をするか”は、非常に重要な要素と言えます。

『売れる営業はキーマンとの商談率も非常に高い』と行っても過言ではありません。

引用:マーケティングイノベーション

これは、営業マンが決済者であるキーマンを見つける方法ですが、こちらが解体工事業者と交渉するときには、同じように価格を下げる決定権のあるキーマンを見つけることが大切です。

解体工事業者であろうとなかろうと、やはり元は人間です。好きな人にはやさしく(または甘く)なるのは誰もが一緒です。とにかく「俺は客だぞ!」というような横柄な態度を避けます。

解体工事業者への感謝

「忙しい中、来てくれてありがとう。」
「見積りよろしくお願いします。」
という感謝の気持ちをもって接することです。

解体工事業者は、職人気質で、情に厚い方がほとんどです。気持ちをないがしろにするような社長はいません。

しかし、反対に、解体工事業者がお客様に対して、「何かしら後でクレームをつけてきて、金額を下げようとしてきそうだ」そんな印象を持ってしまうと、できるだけ高く見積りをだしてくることが実際にあります。

営業担当が来る場合も同じです。結局のところ行動としては変わりません。感謝の気持ちをもってお見積りをお願いすることです。そうすると、万が一その業者さんにもう少しだけ金額を下げてほしいと依頼した場合には、営業担当はむげにはできず、社長に相談することが多いでしょう。

また、理由をつけると断りにくくなるという点も活用できます。

理由なしの会話もいいのですが、それとなく感情に振り回されている印象を受けます。理由なしの会話は、そのときの感情に踊らされて話をしていると思われかねません。

「本屋に行きたい」と、一言ぽつんと言われると「面倒だなあ」と思います。しかし「見たい本があるから本屋に行きたい!」と言われると「じゃあ行こうか」と思います。

自分が述べる主張には「理由」をつけると、説得力が高まります。自分の主張を通すためには、理由はつけたほうがいい。理由をつけて話をすると、急に説得力のある会話に変わります。

私はいつも話をするときに「~だからです」という理由をつけて話をするようにしています。自分が主張をするからには、なにか決定的な理由があることは当然です。また会話の説得力を高めるためにも必要なポイントだからです。理由をつけるから会話に芯が通り、知的な内容へと変わります。

説得力のある会話にするために「主張」と「理由」はセットにして話をするようにしているのです。

引用:理由をつけて話をすると、説得力が生まれる

解体工事の相見積

交渉する際は漠然としたイメージで値引き交渉をせず、解体工事の目的などを明確にした上で、なぜ値引きをしてもらいたいのか、なぜ相手の解体工事業者に依頼したいのかなど理由を明確にしておくことで、解体工事業者にも値引きしようと思って貰いやすくなります。

ただ、解体工事費用を高く見積もる業者もいないとも言い切れませんので、必ず相見積もりを取るようにしてください。

まとめ

解体工事費用を安くしたいなら、まず解体工事業者の中で見積りを安くする権限を持っているキーマンを見つけること、そして、そのキーマンに現地調査に来てもらうことです。

現地調査に来てくれたキーマンには、見積りしてくれることに感謝して、出来る限り安く出してほしいと率直にお願いしましょう。また、出てきた見積りに満足できなければ、率直に解体工事費用をもう少し安くできないか相談することです。相見積をとることも忘れないでください。

交渉事が苦手だという方もいらっしゃいますが、言ってみるのはただですし、率直な気持ちを伝えることは一つのコミュニケーションだと思えば、ハードルが下がるかもしれません。これをやるだけで、やらないよりも確実に解体工事費用を安くできる確率が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。