あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事後の整地はきれいとは限らない!施主が確認すべき点

解体工事の整地

解体工事後の整地はどんなイメージをお持ちでしょうか。すぐに家が建てれそうな平地で整えられた土地をイメージしていらっしゃるかもしれません。しかし、実際の解体工事後の土地をみていると、きれいに整地されたところばかりではありません。

どのような解体工事後の土地をきれいと言うのか、また、土地の違いで、その後にどんな影響がでてしまうのかという点について説明したいと思います。

解体工事には『整地』という作業があります。これは、解体工事後の最後に行う作業で土地をきれいに平らにする作業のことです。

ちなみに、『更地』と『整地』は同じ意味ではありません。
更地とは、建物など建造物などがない宅地のことを言います。
整地とは、土地の建築や耕作などに適するように平らにならすことを言います。
そのため樹木や雑草などが残っている状態でも、『更地』ということもあります。

解体工事は、建物を取り壊し無くす作業ですから、解体工事後にはこの『整地』された土地だけが残ります。

整地の違いで、その後に影響が出てしまう!?

解体工事を行う方の多くは、解体工事後の用途が決まっているかもしれません。新築を建てる、土地を売却する、地主さんに土地を返す・・・などなど、理由は様々です。実は、解体工事後の整地作業はその後の予定に大きな影響を及ぼします。

解体工事の整地

整地が汚いと、新築を建てるのも一苦労

解体工事後の土地がデコボコしていたり、解体工事中の廃棄物が少しでも残ってしまっていると新築工事を行うことが出来ません。なぜならば、新築工事は建物を支える基礎工事から始まることがほとんどだからです。土地がきれいでない状態で基礎工事を行ってしまうと、その後、基礎が傾いてしまう可能性があります。そのため、ハウスメーカーや工務店は解体工事後の更地を重要視します。

日常的にハウスメーカーの下請けで解体工事を行っている解体工事業者の方に話を聞いたところ、どうやら更地が汚いということでハウスメーカーの登録から除外された解体業者もいるそうです。ですから、解体工事が無事に終わったといってホッとしてしまうのではなく、その後の整地状態まで確認をしなければ解体工事は終わりではないのです。

基礎工事後の埋め戻し・整地について

基礎工事が終わり、工事後の埋め戻し・整地がありました。今朝、見に行ってみたところ敷地にごつごつした砕石のようなのが敷き詰められていましたが、よく見ると解体後のタイルのかけら(タイルにコンクリートかモルタルのようなものがくっついている)や、アスファルトのかけらなどが多数、混じっていました。このようなやりかたは、普通のことなのでしょうか?

去年からアスベスト問題がおおきく取り上げられ、私も気になっていました。解体現場からのものなら、アスベストが含まれる可能性もあるように思えて、心配です。
普通の石に見えるのも、もしかして解体後のものなのかも・・とか。

入れ替えを要求することは、できるのでしょうか?通常のことだとしても、見た目、気分的にもよくないのですが・・。建て方も目前ですので、あせっています。

回答1
再生骨材(再生クラッシャーラン)は、ごらん頂いたようにレンガやコンクリートガラ、場合によってはタイルも混じることもあるでしょう。中間処理とは、現場で発生したそれらの廃材を粉砕等して新たに現場に供給しております。ご心配されているアスベストは再生骨材には含まれませんのでご安心下さい。

先に述べているとおり、公共事業にはコスト縮減を図るためにこれら再生材を日常的に使用しています。従って、くどいようですがなんら問題ありません。

回答2
リサイクル法施行により、現場内で発生したものを現場で処分することは問題ありません。

>よく見ると・・・アスファルトのかけらなどが多数、混じっていました。
は、中間処理された再生材を使用しているのでしょう。これも問題ありません。最近は廃材を最終処分ではなく中間処理場に運び、再生材として活用するのが一般的です。道路などにも日常的に使用されております。ただ、これが不満であるなら業者に断る。というか契約の段階でどのようになっていたかを確認すべき事と思います。余談ですが、再生材はバージン材よりも安価ですのでコスト的には断然有利です。従って基礎砕石や隠れる部分に使用するならお勧めです。

引用:教えてgoo

整地のやり直しで、更に費用がかかる可能性も!?

先ほども書きましたが、ハウスメーカーや工務店というのは解体工事後の整地状態を非常に気にします。そのため、解体工事後の整地がきちんとされていない場合は整地の作業をやり直す場合もあります。そうなってしまうと、整地をやり直すために再度重機を運び作業する事になります。もちろん、ハウスメーカーや工務店からはそのための人件費や作業費を請求されてしまいます。

※決まった金額というのはありませんが、概ね10万円前後の費用が請求されることが多いようです。

せっかく解体工事を終えて、これから念願の新築を建てるというのに余計な出費はしたくないですよね。ですから、建物が無くなって終わりではなく解体工事後の整地状態までしっかりと確認をするようにしましょう。

解体工事の見積

整地についての質問です。

古屋の解体工事が終わり、整地をしていただいたのですが、古屋の基礎がしっかりしていたそうで、表土が全体で20センチほど削られ、土地の高さ(レベル)がそれまでより低くなってしまいました。施工会社からは、それまでの高さ(レベル0)に合わさると、50万円ほどの追加料金がかかってしまうということです。

そのような話は、これまでの打ち合わせでなかったので驚いています。このような、追加料金が発生することは、通常なのでしょうか?私としては、施工会社側に確認や見積りが不足し、落ち度があるようにしか思えません。追加料金を支払う必要があるのでしょうか?皆様の経験やお知恵をいただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

回答
解体業者は普通、解体後のレベル変動まで考慮に入れた見積もりは出さないし、解体後のレベル変動についての施工責任はもたないよ。レベル変動を元に戻すのは解体工事ではなく地業工事。

解体工事だけの見積価格が示されており、地業工事での客土搬入及び地盤修正が見積もられていなければ、解体業者に地盤を元に戻す義務は無い。また客土搬入や敷き均し転圧などが見積もられていたとして、その数量が明示されていればそれ以上の施工をする義務もない。

反面、見積書や契約書に「地盤復旧工事一式」などと書かれていれば、それを根拠に見積や確認の不備を指摘し、施工業者の負担で工事をさせることも可能だろうね。まずは契約書に、地業工事についての記述があるかどうかを確認するのが先決だと思う。

引用:Yahoo知恵袋

解体工事後の整地のイメージが施主と解体工事業者が同じであるかどうか確認するのは、とても大切なことです。すぐに家が建てられるように、駐車場になるようになっているはずだと判断するのではなく、双方同じものをイメージしているのか、しっかり確認して下さい。

解体工事後の更地

きれいな更地は土地の価値もあがりやすくなる

解体後の整地状態で、土地は売れやすくも売れにくくもなります。実際に整地されていなかった土地を整地しなおすことで、今まで売れなかった土地がすぐに売れるようになったというケースは多くあります。

誰でも、「同じ金額ですが、きれいな土地とデコボコの土地どちらが欲しいですか?」と聞かれたら、それはきれいな土地のほうが良いですよね。土地を売却する際は、整地されている土地が商品となりますから、売れやすくするにはきれいに整地した更地にすることがとても重要になります。

解体工事

まとめ

整地状態がきれいであれば、その後の予定をスムーズに進めることができます。もちろん、新築に向いている整地、土地を返却するうえで向いている整地など整地にも違いがあります。その後の予定に合わせた整地作業が出来る解体業者に工事を依頼することは、非常に大切なポイントとなります。

これらは、解体工事業者が「普段からどんな会社から仕事をもらっているのか?」、「今までの解体工事件数は何件あるのか?」などを、ホームページや解体業者に直接聞くことで知ることが出来ます。

ハウスメーカーとの付き合いが豊富であれば、その解体業者は新築を建てる上で向いている整地の方法を熟知しています。また、不動産との付き合いが豊富な解体業者であれば、売却しやすくなる更地を熟知しています。その後の予定に合わせた解体工事を依頼する業者選びをしなければなりません。

建物を解体するときには、解体工事後の整地をどのような状態にするのか、解体工事業者としっかりと確認してください。また、契約書のチェックも忘れずにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。