解体工事のその前に!失礼のない近隣挨拶とは

解体工事を行う際、できるなら何のトラブルもなく、無事に終わらせたい…と思うのは、誰でも同じですよね。
特に解体工事中の近隣住民とのトラブルは多く、最悪の場合解体工事を中断しなければならなくなったり、裁判にまでもつれこんでしまうケースもあります。

解体工事は自分たちの都合で行うもので、その近隣に住む人達にとってありがたいことではありません。解体工事を行う際にしっかりと近隣の方々へ挨拶をし、工事に対する理解を得ることがとても重要なのです。

とはいえ、工事前の挨拶は誰がすれば良いのか?どんな内容で、何を渡せば良いのか?どのくらいの範囲まで挨拶するべきなのか?など、わからないことはたくさんありますね。
今回は、近隣の方々に気持よく思っていただけるご挨拶についてご紹介します。

解体工事は近隣住民に迷惑をかけてしまう!

aisatsu2

あなたは解体工事にどのようなイメージを持っていますか?
「工事の音が大きくてうるさい」、「ホコリやゴミが飛んできて困る」「取り壊す衝撃で家が揺れる」など、マイナスなイメージを持たれる方は多いと思います。
実際に報告されている被害には、次のようなものがあります。

騒音や振動による被害

解体工事をする際、どれだけ気を使っていてもある程度の騒音や揺れは避けられません。家屋の基盤は地中深くまでありますから、それを掘り起こす際近隣の地面も揺れてしまいますし、重機を使っている以上騒音が発生するのを完全に防ぐことはできないのです。

対策としては、防音のためのパネルを出来る限り設置したり、騒音・振動が発生しやすい作業は早朝や夕方には行わないなど、気を配りながら作業する必要があります。

埃や粉塵飛散による被害

解体を行う際に、もともと家屋の中に溜まってしまっていた埃や、木材などを壊す際に発生する粉塵が風によって飛散してしまい、近隣の洗濯物や、駐車されている車を汚してしまうことがあります。せっかく洗濯した衣類や大事にしている車を汚されてしまったら…住民の方が怒るのも当然のことですよね。

埃や粉塵の飛散を防ぐにはしっかりとした養生の設置や、粉塵が発生する作業の際は水撒きをして飛散を防ぐ等、出来る限り近隣に被害が及ばぬよう気遣わなければなりません。

害虫による被害

解体工事の施工中や、施工前の片付けの段階などで、家屋に潜んでいたゴキブリなどの害虫がその家から脱走し、近くの家の中に入っていってしまうことがあります。
「せっかく家を綺麗にしていたのに」とショックの声が上がることは少なくありません。

施工前に片付け・掃除を行う際は、家屋の中の害虫を駆除する事にも気を配りましょう。
燻煙剤や害虫用の餌を利用したり、万が一外へ逃げてしまわぬよう、事前に退治しておくことが大切です。

ある程度は「仕方ない」と理解してもらう必要がある

最大限気を配っていても、ある程度の被害は理解を得て我慢してもらわなくてはならないこともあります。近隣挨拶は、そういった理解を得るためにも必要なことなのです。

事前に解体工事を行うことが伝わっていれば、住民側も害虫の対策をあらかじめしておいたり、施工中は洗濯物などの汚れては困るものを外に出さないように気をつけたりする、などの対策を取ることができます。

今後の関係を良好に保つ為にも、お互いに協力しあって工事を行えるようにしましょう。

解体工事での近隣トラブルについて、詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

解体工事中の近隣トラブルを防ぎたい!過去の事例から見る注意点

2016.02.04

挨拶は誰がするべき?回る範囲は?

「近隣への挨拶は施工業者が行ってくれるんでしょ?自分もする必要があるの?」
「近隣と言っても、どのくらいの範囲まで挨拶をしたらいいのかわからない!」
そんな風に思われている方は多いのではないでしょうか。

施主も近隣挨拶に回ろう

きちんとした施工業者であれば、近隣への挨拶は必ず行います。
しかし業者がしたのだから…と施主が挨拶に行かないと、「工事を注文したのは施主なのに、ちゃんと挨拶に来てくれないなんて…」と不信感を抱かれてしまうこともあります。

ご挨拶回りは、解体工事の施工業者と一緒に行えるのが最も理想的です。業者から解体工事に関する専門的な質問などに答えてもらえることに加え、施主が足を運ぶことにより事情を理解してもらえやすいからです。
もしも業者と時間の都合が合わず同行するのが難しいようであれば、個人で挨拶に行った際に「後で業者からも説明しますので」など一言伝えると良いでしょう。

ご挨拶回りのタイミングですが、あまりにも早くしてしまうと失礼に値することもありますので、一般的に施行開始の10日~一週間前くらいがベストだと言われています。

業者が行う近隣挨拶とは

aisatsu3

解体業者が挨拶を行うのには、工事で迷惑をかけてしまうことへのお詫びという意味合いのほかに、工事内容の説明をするという意味もあります。

ご挨拶に伺った際には工事のスケジュール表を渡し、どのような手順と期間において施工するかを詳しく説明し、少しでも不安な気持ちを軽くしてもらわなくてはなりません。
業者からはご挨拶状のほかに、一般的にタオルや洗剤などの手土産をお渡しします。

解体後、新築を建てる場合は?

新たに新築を建てるような場合にも近隣へのご挨拶は必要とされていますが、解体工事の時にご挨拶を終えている場合、建築の際に再度挨拶をする必要はありません。
何度も挨拶に伺ってしまうと、住民の方々のご都合もありますので、逆に失礼だと思われてしまう可能性もあります。

挨拶はどの範囲まで回ればいいの?

ご挨拶に回る範囲はケースバイケースですので、明確に何軒行ったほうがいいというような定義はありません。
一般的に最低限挨拶するべきなのは、解体する家屋の隣の家、向かいの家、裏の家です。
ほかにも、迷惑を被るだろうと予測できる家屋にはご挨拶に伺った方が良いでしょう。

aisatsu4

上記の図のような場所に建っている家屋を解体する場合を例としてご説明します。

両隣の家と向かいの家、裏の家を、最低限挨拶をするべき家とします(赤い色の家)。
左端の黄色い家3つは、できれば挨拶をした方が良い家です。

なぜできれば挨拶をした方が良いのかというと、理由はこの収集運搬車にあります。
収集運搬車が解体家屋の前に停まると、道を塞いでしまうことになります。上記のような配置の住宅地だと、黄色の家に住んでいる方々は運搬車の向こう側に行きたいとき、通常よりも遠回りをして通らなければならなくなってしまうのです。

このように、解体工事をするときのイメージを浮かべつつ、何が近隣の方々の生活に影響を与えてしまうか、一度逆の立場になって考えてみるといいでしょう。
多くの家へご挨拶に伺っても、うちは関係ないのに挨拶に来るな!と叱られるようなことはほぼありません。「自分がこの家の方だったら困るかも」と思うことがあれば、ご挨拶に伺っておいたほうが安心ですよ。

挨拶の際に必要な書面と手土産

先ほど業者がご挨拶の際に住民の方にお渡しするものをご説明しましたが、施主の方がご挨拶に伺う際にも、やはり手土産の粗品は持って行った方が良いです。また、ご挨拶状は業者がお渡ししていれば同じものを施主が用意する必要はありませんが、万が一業者が書面を用意していなかった場合などは施主が用意し、お渡ししたほうが良いでしょう。

ではご挨拶状の内容や、手土産の粗品はどのようなものが良いのでしょうか。

挨拶状の書き方

aisatsu5

解体業者がきちんと概要を明記したご挨拶状を用意していれば、施主の方がご挨拶する際のご挨拶状は簡単なもので問題ありません。

文面例

ご挨拶

平成●年●月●日

書面にて失礼致します。
この度、近隣にて●●邸の解体工事を行う事になりました施主の●●と申します。
解体工事期間中は騒音や振動等で皆様には多大なご迷惑をおかけするかと存じますが、工事期間中は安全、騒音等に万全の注意を払いますので、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

解体工事場所:●●市●●区●番地
解体工事期間:平成●年●月●日~平成●年●月●日
施主:●● ●●

施工業者:●●●●
緊急連絡先:000-000-0000

以上

施工業者が書面を用意していなかった場合、施主の方が工事の概要を記した書面を用紙し、お渡ししなければなりません。
ご挨拶状に書くべき内容は、主に次のとおりです。

  • ご協力のお願い
  •  工事中にご迷惑をおかけしてしまうこと、ご協力をお願いしたい旨を記します。

  • 工事の名称
  •  「●●邸解体工事」など、工事の概要がわかる名称を明示します。

  • 工事を行う場所
  •  解体工事を行う家屋の住所を具体的に明示します。

  • 発注者名
  •  解体工事を発注した責任者の所在を明示します。

  • 施行期間
  •  解体工事の施工予定期間を記します。
     天候等の影響により遅れてしまうことを想定し長めに設定しておいたほうが良いです。

  • 施行時間
  •  1日のうち何時から何時まで解体工事を行うのかを記します。
     万が一の為始まる時間を早めに、終わる時間を遅めに設定しておいたほうが良いです。

  • 休みの日
  •  工事を行わない曜日を記載します。

  • 解体工事施工業者
  •  解体工事を請け負い、実際に施行する業者の名前を明示します。

  • 施工業者の住所
  •  解体工事施工業者の住所を命じます。

  • 施工業者の担当者
  •  施工業者の中で、今回の解体工事の責任者である担当者の名前を明示します。

  • 施工業者の連絡先
  •  万が一お客様から直接ご連絡をしたいという場合に、対応できる連絡先を明示します。

    不在の時も投函しよう

    ご挨拶に伺った際、そのお宅が留守中だった、ということもあるでしょう。
    そのようなときは書面だけポストに投函しておき、直接粗品をお渡ししてご挨拶をするのはまたの機会にした方が良いでしょう。

    朝早い時間や、逆に夜遅くにご挨拶に行くのは失礼になりますので、お伺いする時間にはくれぐれも気をつけましょう。

    手土産はどんなものがいいの?

    aisatsu6

    お渡しする手土産の粗品は、必ず用意しなければならないものではありませんが、何も持たずにご挨拶に行ってしまうと、非常識と思われてしまう可能性もありますので、なるべく何か用意して伺いましょう。

    お渡しするものは高すぎず、相手が受け取っても困らないものを意識して選ぶと良いでしょう。タオルや洗剤、石鹸、大げさでない程度の菓子折りなどが一般的です。
    業者がお渡しするものと内容が被ってしまうと、相手も困ってしまうかもしれませんので、事前に打ち合わせしておくと良いでしょう。

    手土産にのし紙はつけるべき?

    厳密な決まりがあるわけではありませんが、粗品には「ご挨拶」と描かれた外のしをつけるのが一般的です。

    のし紙には二種類ある

    のし紙には包装紙の内側につける内のし紙と、外側につける外のし紙があります。

    内のし紙は主に内祝いの際に用いられます。
    内祝いは親しい人や身内の間で喜びを分かち合うことですので、「自分たちに祝い事があったので、おすそ分けさせてください」という意味合いがあります。

    外のし紙は包装紙の外側につける為、どんな目的で贈っているのかどうかがわかりやすいので、どのような贈り物であるのかひと目で分かるようにしたい時に利用されています。

    ただし、その地域の風習によって内のし・外のしのマナーは異なる可能性があります。
    その土地の風習ではどちらが一般的なのか、事前に調べておくのも良いでしょう。

    まとめ

    近隣挨拶は、解体工事を行うご自身たちのためにも、その近隣の方々のためにもとても重要なことです。解体工事を行う側としてはクレームなど受けることなく穏便に工事を終わらせたいですし、近隣の方々としては自分たちの生活を侵されることなく、不安に感じることなく工事を終わらせて欲しいのです。

    家屋を所有している人ならば、いつか解体工事を行うことがあるかもしれません。
    その時になればお互い様だから…と近隣の方々に思って頂けるよう、施主側の事情を理解してもらい、こちら側も近隣の方々への思いやりを忘れずに施工することが大切です。

    実は、お近くの業者より近郊の解体業者の方が
    費用が安くなることがあります

    解体工事でかかる費用は主に「人件費」と「産業廃棄物処理費用」の2つです。立地などの状況によりますが、「人件費」と「産業廃棄物処理費用」の2つで解体費用全体の70%~80%を占めています。これらの費用は各エリアで設定が異なるため、「解体現場付近の業者」より「近郊エリアの業者」の費用が安くなる場合があるのです。

    こちらが実例の見積書です。同じ工事内容なのに50万円以上の金額差が出ています。
    1枚目:解体現場付近業者の見積書(¥2,204,010)
    2名目:近郊エリア業者の見積書(¥1,600,000)

    一般社団法人「あんしん解体業者認定協会」が運営する見積比較サービス「解体無料見積ガイド」は、完全無料で最大3社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん、近郊の解体業者に合わせて見積依頼を出すこともできます。

    解体業者から無理な売り込みは一切なし、見積取得後のお断り連絡も代行。全国8,000社いる解体業者のうち当協会独自の厳正な審査基準をクリアした約600社の解体業者から最適な業者選びができます。最も安く損をせずに解体をしたい方はご活用ください。

    あんしん解体業者認定協会運営「解体無料見積ガイド」
    公式サイトはこちらから

    無料ダウンロード資料
    知らないと損!『解体工事で失敗しないための手順書』

    この手順書は、単に、“解体費用を安くする方法”や“いい解体業者の選び方” がわかるだけの資料ではありません。

    「賢く(安く)」「安心できる」解体工事を行うための手順書です。

    解体工事でよくある失敗例…

  • 工事時期を先延ばしにしていたら解体費用と税額負担が増額してしまった

  • 「安くてイイ業者」のはずが、悪徳業者だった…自分も不法投棄の処罰を受けた

  • 工事後1ヶ月以内に書類の提出を忘れ罰せられてしまった

  • 安さに惹かれて依頼したらずさんな工事で土地の価格が下がってしまった

  • 近隣住民からの苦情で工事が中断し、新築工事に間に合わなくなってしまった
  • 無料EBOOK

    「ちゃんと解体業者を選んだ」はずだった方が、結果的に大損してしまうケースは珍しくありません。最悪の場合、解体業者や近隣住民とのトラブルが訴訟にまで及ぶこともあり、解体後の新築や売却、土地活用等の命運を分けてしまいます。

    将来の計画を大きく左右する解体工事を、「賢く(安く)」しかも「安心して」行うには、「いつ」「何を」「どんな事に注意して」進めることが正解なのか?

    解体業者探しから工事後の申請手続きまで、手順に沿ってお伝えします。一生に一度の解体工事で大損しないために、この「解体工事で失敗しないための手順書」を是非お役立てください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。