あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

トラブルを事前に想定!解体工事の費用で損をしないコツ

増加し続ける「空き家」問題は社会問題として深刻化しています。
この問題と直面し、解体工事に取り掛かろうとしている人も増えてきていると思います。

しかし、解体工事をする方にとってはほとんどの人が初めての経験になると思うので、「解体工事は高い」「解体工事費用で損をしてしまうのでは」と不安を抱く人も多いのではないでしょうか。

実際に、解体工事後に追加費用が発生するといった解体工事費用をめぐるトラブルなどに巻き込まれる事例もあります。

では、どのようなことに注意して解体工事に着手すれば良いでしょうか。
実際に起きた解体工事の費用をめぐるトラブルを事前に確認しながら、解体工事費用で損をしない方法をご紹介します。

古家解体工事前に知っておきたいポイント

koujihiyou6

まず、解体工事の基本的なことから確認していきましょう。
家を建替える際、古家を解体して更地にする場合、解体工事にかかる期間は約2週間程度です。

解体工事をする建物の坪数が同じ家屋の場合、平屋と2階建ての住居では、平屋の方が解体工事費用が高い場合が多いということはご存じですか?

2階建ての方が、解体工事にも手間が掛かりそうなイメージがありますが、実際に解体工事費用を比較すると、実は平屋の方が解体工事費用が高い場合が多いです。

解体工事を行う基礎面積が広い分、解体工事にも手間が掛かり、屋根に使用されている瓦などの材料は全て解体工事後に処分が必要になるからです。

このように、解体工事費用において落とし穴に陥らないように解体工事費用の相場や基本的な知識を知っておくことは大切です。

住宅解体工事の基本的知識と費用の相場

空き家の増加にともない、使用していない家の解体工事を検討する人が増え、その解体工事費用の適正価格や様々な手続きの方法に悩む人も多いと思います。

では、住宅解体工事費用の相場はどれくらいでしょうか。

koujihiyou7

解体工事費用は、家屋の構造屋大きさやエリアによって費用は異なります。
下記は、解体工事費用の相場のひとつの目安です。

  • 木造住宅の解体工事費用
  • 坪当たり3~4万円程度

  • 鉄骨住宅の解体工事費用
  • 坪当たり4~5万円程度

  • 鉄筋コンクリート造住宅の解体工事費用
  • 坪当たり5~6万円程度

    木造住宅は、鉄骨住宅や鉄筋コンクリートよりも解体工事がしやすいことから、解体工事費用が安くなります。

    ここで注意すべきは、住宅の解体工事費用を「相場×坪数」で予算を考えてしまわないようにするということです。
    解体工事費用は「相場×坪数」以上に費用はかかります。

    同じ条件での解体工事でも解体業者により解体工事費用に差が出ます。
    3社程度の解体工事業者から解体工事費用の見積もりを取り、費用を比較することで解体工事費用の相場を確認すると確実です。
    エリア別の解体工事費用の相場を照らし合わせながら費用の適正価格を把握しましょう。

    解体工事費用の各社の見積もりが揃ったところで、もしも費用の予算オーバーなどで困った点があれば、担当者の方と費用の交渉をしていきましょう。
    しかし、「費用をとにかく安くしたい」という思いから、工事ないように見落としがあり、解体工事に影響が出てしまったということがないよう、可能限りでの費用の値段交渉を意識することが大事です。
    費用の削減は、担当者と慎重に相談し合って進めていきましょう。

    想定外の費用の負担に戸惑うことがないよう、解体工事費用が高くなる場合の特徴も知っておくといいと思います。
    例えば、床タイルの素材、およびエレベーターがない、搬出経路が複雑な場合も作業の手間がかかるため解体工事費用が高く要素になります。

    木造住宅の建替えをする際の費用の見積もりの注意点

    古家を新たに建替える場合、新築の住宅建築の費用概要の見積もり以外の諸費用として、仮住まいの費用を忘れてはなりません。
    家族で工事の期間に賃貸住宅に生活する場合は、初期費用の敷金、礼金、仲介手数料や引越し代など、古家を解体工事する期間と、新築を建築する期間分の費用が発生します。
    仮住まいの費用が占める負担は大きいので、しっかり計画を立てましょう。

    解体工事の手続き

    解体工事には届出などの手続きが必要です。
    主な解体工事の手続きには、下記のようなものがあります。

  • 建設リサイクル法による届出
  • 道路使用許可申請
  • ライフラインの停止手続き
  • 建物滅失登記
  • 見慣れない言葉や難しい用語もあり、面倒に思いがちですが、これらの解体工事の手続きを怠ると過料が科せられることもあります。
    困ったら、頼りになる解体工事業者に相談しながら進めましょう。

    解体工事費用をめぐるトラブル

    解体工事は、簡単にいうと建物を取り壊すだけのものですが、それなりに費用がかかります。「安すぎる」解体工事費用は、大きなトラブルに発展する可能性もあります。

    では、解体工事の現場ではどういったトラブルが起こりうるでしょうか。

    koujihiyou4

  • 早朝から深夜まで突貫工事を行い、近隣クレームが発生
  • 鉄板養生を行わなわず、道路が粉々に割れて近隣の方の迷惑に
  • アスベストがあるのにもかかわらず適切な処置をせず、役所に通報される
  • 利益を削りすぎたために解体工事が立ち行かなくなり、現場を放棄された
  • 解体工事業者の不法投棄が発覚し、警察から事情聴取を求められる
  • 追加料金が発生し、近隣トラブルで訴訟になった
  • 解体工事は、解体工事を行う自分たちだけの問題でなく、いかに近隣との関係性が大事かということが分かると思います。
    実際あった解体工事トラブルや注意事項をあらかじめ抑えていれば、初めての解体工事の不安にも備えをすることができ、近隣の方への配慮の仕方も解体工事業者に相談しておくことができますね。

    予想できなかった解体工事費用以外の費用に注意

    実際に、家屋の解体工事の費用をめぐるトラブルに遭った事例をご紹介します。

    家建替えの解体工事費用について、去年、大手ハウスメーカー契約して、正月明けから、仮住まいし、解体工事をしています。その解体工事費用が契約時概算の3倍以上になると言われました。
    原因は、家の解体工事後の地盤から、コンクリート盤が見つかり、解体・撤去に費用が嵩んだのです。契約時には、この事実は、解らなかった事なのでしょうが、解体工事費用の支払いが多額になり、考え込んでしまいます。

    近くの方で同じハウスメーカー建築した例も聞いたのですが、我が家程の悪条件は、無かったようです。仮住まいなので、遅延は、また、解体工事費用が嵩むだけです。

    解体工事は、続行していますが、解体工事費用の支払いは、言われた額の費用を払うしか無いのでしょうか?

    引用:yahoo知恵袋

    この方の場合、後から発見されたこのコンクリート盤の解体・撤去に関する費用を100%支払わなければいけないというわけではありません。
    対処方法としては3つの選択肢が挙げられます。

    まず、1つ目は解体工事に着手している解体工事業者の契約書に「地中埋設物の撤去」に関する一文があるかどうかを確認します。地中埋設物の撤去に関する一文があってもなくても、ハウスメーカーと解体工事の依頼主が協議する方法をとることができます。
    2つ目は、新築に影響が出ないようであれば、コンクリート盤を解体・撤去せずに残すということも検討できます。
    3つ目は、今工事を着手している大手ハウスメーカー以外の別の解体業者に、このコンクリート盤の解体工事費用を見積もってもらうという方法です。

    建物解体工事後に土の中から、簡単には撤去できそうにない防空壕や土壌汚染が発見されたり、以前に建てていた建物の基礎や擁壁などの障害物など厄介なものが出てきたことで、「別途見積り」になるということは、解体工事費用をめぐるトラブルによくあります。

    このような解体工事費用以外の費用で、事前の費用の見積もりをオーバしてしまう事態を避けるために、契約前にその土地について詳しく調べておき、現地調査で決まった解体工事の確認事項は、文書にして残しておくことがおすすめです。
    こうすることで、依頼主と解体工事業者間での「言った、言わない」などの解体工事トラブル回避にもつながります。

    解体工事費用を安く抑えるコツ

    koujihiyou5

    解体工事業者により費用の見積もりの方法が異なり、根拠のない費用の明細を出して利益を上げる悪徳業者も中には存在します。

    細かく解体工事費用の明細を出してくれる解体工事業者の方が安心できるので、必ず費用の相見積もりを取り、どのくらいまで解体工事費用を安くできるか検討しましょう。
    内容につき必要なことは質問をし、解体費用と内容が伴う解体工事業者を選ぶことが大事です。

    ここで、解体工事費用を安く抑えるコツを紹介します。

  • 解体工事をしやすい季節を選ぶ
  • 解体工事業者と現場の距離を近づける
  • 解体工事業者の閑散期と繁忙期を把握し、可能であれば閑散期を狙う
  • 市町村のごみ収集で無料で廃棄できるものは自分で棄てる
  • 地元の優良業者から解体工事費用の相見積を取る
  • 解体工事費用は様々な要因によって変動してきます。
    解体工事費用の総額だけを見て「費用が安いからここにしよう」と判断するのではなく、まずは解体工事費用の見積の詳細項目を確認し、同じ条件で出されているかどうかを判断する必要があります。
    解体工事業者間で条件が異なっている場合には、同条件になるように解体工事費用の再見積もりを依頼することも大切です。

    解体工事費用を抑えるためには、建物に残っているものを少なくしておきましょう。
    初めに何を処分するかを決め、全て解体業者に任せる場合はいくらかかるのか、自分で減らした場合はいくら解体工事費用を削減できるかも検討できるように費用の見積もりを細かく出してもらうのも手段です。
    お住まいの市区町村の行政サービスを利用してゴミを処理し、不用品はリサイクルショップなどに買い取ってもらえば、廃棄物を処理する費用が削減されます。

    自力で撤去する場合はそれなりに手間がかかるので、これから解体工事をお考えの方は実際に費用を見積もりを取った上で、解体工事費用と労力のバランスを考えてみましょう。
    これらは時間的な余裕がないとできないので、早め早めの行動、検討をおすすめします。

    「助成金」の活用で解体工事費用をお得に

    自治体によっては解体工事費用に対して助成金を出してくれる地域もあるので、事前に確認しておくと解体工事費用に関するお得な情報が得られるかもしれません。
    申請は必ず解体工事前に解体工事費用に関する助成金の有無を確認しましょう。

    近年では、耐震化事業における住宅解体工事費用の助成(補助)金制度も充実している自治体も多いです。
    耐震化事業における費用の助成(補助)金制度の場合、事前に耐震診断を受ける事業を受けることが必須のところもあります。
    期間が限られているところもあるのでお気をつけください。

    解体工事費用を安く抑える解体工事業者の選び方

    解体工事費用を抑えるためには、解体工事業者の選び方も重要です。
    建設会社から解体業者への仲介手数料(紹介マージン)をカットすることで解体工事費用をかなり抑えることができます。

    依頼者と解体業者との間に中間業者(建設会社)がいると、解体工事費用の総額が2~3割増える場合もあります。

    また、多くの営業担当を抱え、広告に力を入れすぎている会社は避けた方がいいかもしれません。
    その分の人権費用や広告費用も解体工事費用に含まれてしまうため、依頼主の解体工事費用の負担にもなりかねません。

    まとめ

    解体工事費用は、必ずしも安いからといってお得であるとは限りません。
    実際に解体工事に取り掛かる前に、費用の相場を知っておくことや、費用の見積もりからの情報を冷静に確認し、必要な手続きについて知っておくことが大切です。

    本来するべき内容を削った解体工事費用の削減は、大きなトラブルに発展することもあります。

    実際に起こりうる解体工事トラブルを事前に想定した上で、解体工事費用を安く抑え、損をしないためのコツを踏まえて解体工事に取り掛かりましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。