あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体工事で「杭抜き」はやるべきか?安全面からメリットとデメリット

解体工事を行う際、「杭抜き工事」という言葉を耳にされたことはあるでしょうか?最近ではマンションの基礎工事の偽装データ問題などで、この「杭」の重要性、安全性がクローズアップされています。

ここでは「杭抜き工事」の概要及び、メリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

杭抜き工事とは何なのか?施主が判断すべき事はなに?

kuinuki2

では、「杭抜き工事」とはどのようなものなのでしょうか。その概要を少しでも理解しておけば業者に工事を依頼する際、業者まかせにならずに済むはずです。解体工事は住宅の安全性、人命にも関わる問題です。

杭抜き工事とは基礎工事の一つで、軟弱な地盤が建物を支持できるように打ち込んだ杭を引き抜く工事のことです。

まさしく「縁の下の力持ち」の役割を果たすものです。 鉄製やコンクリート製などの杭を打って硬い地盤まで到達させる「支持杭」、支持層まで杭が届かない場合に用いられる杭の摩擦力で建物の荷重を支持する「摩擦杭」などがあり、施工方法は様々です。

例えば、解体後に土地を更地に戻して転売する場合には、基礎杭をはじめとした旧杭はすべて引き抜くことになります。一方で、新たな建物をその土地に建てることが既に決まっている場合、基本的に新たな建物の基礎杭の部分に相当する旧杭は引きますが、一般的にその他は引き抜かずに残しておきます。

また、基礎などを引き抜いた際にできる穴を埋めるかどうかも少し考える必要があります。その穴をそのまま再利用することができるのであれば、これを埋めるだけの時間と手間と費用が節約できることになります。

ですので、杭抜き工事をする場合、以前の杭打ちをした時よりも先を見据えて工事をしたほうが良いでしょう

杭抜き工事のメリットとデメリット

では、実際の事例に照らし合わせて杭抜き工事のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

杭を抜かないという選択。大切なのは「保証」

更地に物件を建てる場合と違い、杭抜き工事を行わない場合は解体する物件の杭や、工事によってできる杭が埋まっていた穴の跡を埋める必要がありません。そのため費用も抑えられ、杭を途中でカットなどをすれば更にコストダウンにつながります。

しかし、ここで肝心なことは「保証」です。もし、杭抜きをせず地盤沈下したり、建物が傾いてしまった…。このような場合、施主の判断で行ったのだからしょうがない、ということになるのでしょうか。

杭抜き工事を行わない場合には、万が一の事態を想定して、杭の施工業者によって保険に掛かっているのが一般的です。仮にハウスメーカーに一括で依頼した場合、「地震保険に入っていれば大丈夫」などと言って、話を濁してくる可能性もあるので、工事を行う前にいくつかの業者の見積りをもらい、アドバイスを聞いたうえで判断するとよいでしょう。

また、忘れてはならないのが必ず地盤調査を行うことです。さらに設計図面が有れば事前に基礎杭の有無の判断が出来る場合もあり、鬼に金棒です。もし、見つからない場合は不動産屋などに問い合わせてみるとよいでしょう。

杭を抜くという選択。行政への確認が必要な場合も

費用のコストダウンは短期的には魅力ですが、杭抜き工事の有無が将来的にデメリットをもたらすことがあります。

例えば、土地を売却する場合、売り主は重要事項として杭の存在を買い主に伝える義務があります。その際、杭が残っていれば地価が下がる可能性があります。

また、新しく建物を建てる際にも杭の影響で何らかの支障が出たり、コストアップにつながる可能性は否定できません。杭抜きをあらかじめすることによって、こうした手間は省けることになりますので、先を見据えた場合にはデメリットと言えるでしょう。

盲点なのが、建物を支えていた杭が、建物の解体を通じて産業廃棄物へと法的な解釈によって変わる場合です。自分の敷地であっても廃棄物を放置することは、廃棄物処理法違反(不法投棄)に該当する恐れがあるため基本的には禁止されています。

ですが行政に相談し、杭抜き工事が近隣への危険性が高いなどの理由から、「抜く必要はない」という見識が得られた場合には、杭を抜かずに置いておくということも可能です。

環境省 建設工事等から生ずる廃棄物の適正処理について

分からないままで済ませないこと!業者に依頼する場合は慎重に。

kuiuchi4

土地によってはどうしても杭抜きの為の重機が入れない場所というものがあるものです。昔の技術では人為的な作業が限界であった場所でも、重機や解析データを読み取るコンピューターの発達によって可能な範囲は増えてきました。

それでも大型重機が入れない場所等では地盤改良など違った方法で建築物の下支えを考えざるを得ません。

業者によっては「安全性を考えれば、やっぱり杭は打った方が良いですよ」と実際は不可能な工事を迫ってくるケースもあります。杭抜き工事は専門知識や専門技術が求められます。しかし、いくら腕が良くても施主に対して誠意ある施工を行ってくれなければ、後で後悔することになります。

「費用をかけたくないから」「安価でなるべく済ませたい」という理由で判断を誤ってしまうと業者選びが疎かになってしまいますので、長期的な視野で業者のアドバイスを聞く姿勢が必要ではないでしょうか。

解体工事で厄介な「杭抜き工事」!重要なのは土地の状態を把握すること

まとめ

解体前に杭の状態を把握することは困難です。設計図面などの資料を手がかりにある程度は分かりますが、業者と話をしてみないことにはわかりません。

その際、費用を中心に杭抜きの有無を判断すると、住宅の安全性や人命に関わるような事態にも繋がります。

まず、杭が建築物においてどのような役割を果たしているのかを施主自身が理解し、専門家のアドバイスを受けながら工事の内容を決めていくことが大切です。現状埋まっている杭を最も活かせる方法を考えることが重要です。

ご不明な点は「あんしん解体業者認定協会」へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。