神奈川県横浜市西区の解体費用・相場のまとめ、安く解体するコツ

横浜市のほぼ中央に位置する「西区」。横浜駅周辺やみなとみらい地区を中心に、デパートや大型ショッピングモール、高層ビルが立ち並び、県内外から多くの方が訪れています。観光地というイメージが強い横浜市 西区ですが、中心地から海側の商業地を除くと、住宅地が広がっていて緑も多い地域です。

そんな便利さと住みやすさを兼ね備えた西区で解体工事をお考えの方、まず気になるのは「費用はどのくらいかかるのだろう」ではないでしょうか。そこで、木造・鉄骨造・RC造(鉄筋コンクリート造)という建物の構造ごとに費用相場をご紹介致します。

横浜市では、老朽建築物を解体する際の費用を助成(補助)する制度がありますので、解体工事をご検討中の方は必見ですよ!

横浜市西区 木造の費用相場(坪単価)一覧

坪単価 費用幅
~9坪 5.2万円 46,913円~57,338円
10~19坪 4.0万円 36,347円~44,424円
20~29坪 3.7万円 33,065円~40,412円
30~39坪 3.5万円 31,170円~38,097円
40~49坪 3.3万円 29,876円~36,515円
50~59坪 3.2万円 28,888円~35,308円
60~69坪 3.1万円 28,094円~34,337円
70~79坪 3.0万円 27,431円~33,527円
80~89坪 3.0万円 26,866円~32,836円
90~99坪 2.9万円 26,374円~32,235円

西区の費用相場は都内と大差がなく、全国的に見ても高めです。東京都内と同じくらい人気が高く、地価が高いということも要因の一つでしょう。住まいとしても需要が高い横浜市ですが、年々空き家が増えているのも現状です。そこで、冒頭にも触れましたが、横浜市では老朽建築物を解体する際の助成(補助)制度が充実しています。

空き家を減らし地震・火災に強いまちを目指すために、特に火災による被害が大きいと想定される地域を「重点対策地域(不燃化推進地域)に設定。対象地域にある老朽建築物を解体する際に上限150万、耐火性能が強化された建物を新しく建てる際に上限150万円、合計で最大300万円を助成(補助)するという内容です。

助成(補助)を受けるためには要件がありますので、必ず事前に相談するようにしてください。手続きを行うには一定の期間が必要となるため、余裕を持って早めに問合せをされることをお薦めします。

【助成(補助)制度についてのお問い合わせ先】
横浜市都市整備局 防災まちづくり推進課
電話:045-671-3595

尚、横浜市の対象地域は下記の地図をご参照ください。西区にも対象区域がありますので要チェックです。

引用元:横浜市の地震火災対策 建築物不燃化推進事業補助

横浜市西区 鉄骨造の費用相場(坪単価)一覧

坪単価 費用幅
~9坪 6.3万円 56,824円~69,452円
10~19坪 4.9万円 44,026円~53,810円
20~29坪 4.5万円 40,050円~48,951円
30~39坪 4.2万円 37,745円~46,132円
40~49坪 4.0万円 36,149円~44,182円
50~59坪 3.9万円 34,953円~42,721円
60~69坪 3.8万円 33,992円~41,545円
70~79坪 3.7万円 33,190円~40,566円
80~89坪 3.6万円 32,506円~39,730円
90~99坪 3.5万円 31,911円~39,002円

木造に比べて頑丈な鉄骨造は、工事日数がかかるため費用が高くなります。そして、大きな振動・騒音や粉塵なども避けられないため、建物を防音シートで覆うなどの近隣対策も必須です。

築年数の古い建物の場合、吹付けのアスベストや、アスベストを含む建材の有無などもしっかり確認する必要がありますね。アスベストが使用されていた場合、専用の処置をした上での慎重な工事が求められるので、その分費用にも影響するでしょう。

近隣への配慮やアスベスト等色々と注意すべき点がありますが、鉄骨造の鉄はリサイクルできる鋼材の代表格。解体工事で発生する鉄は、解体工事業者が鉄スクラップ工場に持ち込んで買い取ってもらうパターンが多いですが、自社でリサイクルまで行っている業者もあります。

鉄の買取分を差し引いて解体費用は算出されるものですが、中には差し引かない業者もいるのも現状。見積書でしっかり確認するようにしましょう。

横浜市西区 RC造の費用相場(坪単価)一覧

坪単価 費用幅
~9坪 10.0万円 90,320円~11,0391円
10~19坪 8.1万円 73,267円~89,548円
20~29坪 7.4万円 67,014円~81,906円
30~39坪 7.0万円 63,289円~77,353円
40~49坪 6.7万円 60,667円~74,149円
50~59坪 6.5万円 58,662円~71,698円
60~69坪 6.3万円 57,048円~69,725円
70~79坪 6.2万円 55,703円~68,082円
80~89坪 6.1万円 54,555円~66,678円
90~99坪 6.0万円 53,555円~65,457円

解体工事で最も費用がかかるのが「RC造(鉄筋コンクリート造)」です。耐久性が高く、断熱性・遮音性にも優れているRC造。コンクリートと鉄筋が複合されているという大変強固な造りなので、解体工事も大がかりになります。基本的に大型重機を使った解体工事になるため、木造や鉄骨造に比べると費用も高額に。

また、建設リサイクル法により、解体工事で発生する廃棄物は法令に則って適切に処理することが義務付けられています。RC造は、コンクリートと鉄筋を分解して処理場に運搬する必要があるので、分別・処理コストもかかります。

造りが複雑なRCはより高度な技術も求められるので、RC造の解体工事を多数手がけている業者に依頼することをお薦めします。

まとめ


横浜市西区の解体費用相場についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。解体工事は大きな金額がかかりますので、助成(補助)制度も上手に活用してくださいね。

皆様が、満足度の高い解体工事を行えるよう、あんしん解体業者認定協会では、厳選した優良解体業者さんをご紹介し、アフターフォローまで丁寧に行っています。
無料でご相談や見積もり依頼が可能ですので、お気軽にお問合せください。

実は、地元の業者より少し離れた業者の方が解体費用が安くなることがあります

解体工事でかかる費用は各エリアで金額設定が異なり、少し離れたエリアの解体業者が安くなる場合があります。

実例の見積書です。同じ工事内容で50万円以上の金額差が出ています。

ご自身で探しきれない場合は解体工事の専門家にご相談頂く事をオススメします。

あんしん解体業者認定協会は全国の解体業者を審査し、審査データを皆様に活用して頂けるよう見積比較サービスを運営しています。もちろん、少し離れたエリアの解体業者に見積依頼を出すこともできます。

複数の解体業者から見積取得できますので、最適な業者選びができ、費用を抑えられます。最も安く損をせずに解体したい方はご活用下さい。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)

ご相談はこちら
※当協会運営の別サイトに移動します

無料ダウンロード資料
知らないと損!『解体工事で失敗しないための手順書』

この手順書は、単に、“解体費用を安くする方法”や“いい解体業者の選び方” がわかるだけの資料ではありません。

「賢く(安く)」「安心できる」解体工事を行うための手順書です。

解体工事でよくある失敗例…

  • 工事時期を先延ばしにしていたら解体費用と税額負担が増額してしまった

  • 「安くてイイ業者」のはずが、悪徳業者だった…自分も不法投棄の処罰を受けた

  • 工事後1ヶ月以内に書類の提出を忘れ罰せられてしまった

  • 安さに惹かれて依頼したらずさんな工事で土地の価格が下がってしまった

  • 近隣住民からの苦情で工事が中断し、新築工事に間に合わなくなってしまった
  • 無料EBOOK

    「ちゃんと解体業者を選んだ」はずだった方が、結果的に大損してしまうケースは珍しくありません。最悪の場合、解体業者や近隣住民とのトラブルが訴訟にまで及ぶこともあり、解体後の新築や売却、土地活用等の命運を分けてしまいます。

    将来の計画を大きく左右する解体工事を、「賢く(安く)」しかも「安心して」行うには、「いつ」「何を」「どんな事に注意して」進めることが正解なのか?

    解体業者探しから工事後の申請手続きまで、手順に沿ってお伝えします。一生に一度の解体工事で大損しないために、この「解体工事で失敗しないための手順書」を是非お役立てください。