あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【神奈川県藤沢市】解体工事でトラブル回避のコツは解体業者選びに有り

解体前

実家の建て替えにあたって解体工事を依頼しました。増築して60坪以上ある家なので費用が高額になるのは覚悟していました。ただ、仕事がら責任のある役職をしているので、クレームやトラブルは絶対に避けなければなりませんでした。

林様が一番心配されていたのは、ご近所との人間関係でした。近所付き合いが長く、実家の近くには知り合いも多いそうです。そのため「もし騒音がうるさくてもクレームを言い辛くないだろうか」「自分たちが知らない間に関係がこじれたりしないだろうか」「両親へのイメージが悪くならないようにしたい…」など解体工事をするにあたって色々と気にされていました。
この記事では、林様が当局にお問い合わせ頂いてから解体工事を完了させるまでの一部始終を紹介します。

あんしん解体業者見積もりガイド

あんしん解体業者認定協会で解体業者の見積りを比較する

解体業者選びは慎重に

解体工事で一番慎重だったのは解体業者探しです。前にテレビで不法投棄のニュースを見た記憶があり、闇雲に解体業者を選ぶのは不安でした。もし、何か問題が起これば私個人だけでなく、勤めている会社や家族にも迷惑をかけてしまいます。なので、依頼する解体業者は極端に安いところは避けて、実績が確かなところにしようと決めていました。

しかし、解体工事の知識はほとんどなく、解体業者にはツテがありません。ネットで解体業者を探すしか方法はありませんでした。

林様は、ネットで解体業者の情報を集めているうちに、当協会が運営するあんしん解体業者見積りガイドのホームページをご覧になりお問い合わせ頂きました。
「近隣の対応を重視して欲しい」「金額もちゃんとしたところに依頼したい」とお話頂き、当協会から解体業者さんを2社紹介させて頂きました。

見積り

認定協会に問い合わせてから数日後、手配してもらった解体業者が測量に来てくれました。立会は仕事の都合で両親に頼みました。

測量の結果は、増築した2階部分も併せて67坪でした。
樹木は残して、敷地内の小屋は一緒に撤去してもらいます。
それぞれの見積り結果です。

解体業者金額
A社4,460,400円
B社3,506,220円~4,590,540円

まずは、A社の見積りから見てみます。

見積り
見積り

今回は小型の重機を使って解体工事をします。そのため、2階部分はアームが届かないので『手壊し』で解体工事をするしかありません。手壊しは重機解体よりも人件費が多くかかるのでその分が割増になります。
そもそも、周辺の道幅が狭いため通常サイズの解体重機を搬送できないのが原因です。

続いてB社の見積もりです。
B社は通常の見積りと追加料金が発生した場合とに分けて見積りを出してくれました。まずは通常の見積もりから見てみます。

見積り

A社と同じく小型重機を使用するので2階部分は手壊しになるようです。それでも、金額はA社より100万円近くも安くなっています。
ただし、解体工事では、追加費用が発生する主なパターンが2つあるそうです。続いて、B社の追加費用が発生した場合の見積りを見てみます。

追加費用が発生するパターンの1つ目は建物の土台となる基礎が『ベタ基礎』だった場合です。一般的に建物の基礎は『布基礎』と『ベタ基礎』の2種類があります。もし、基礎がベタ基礎だった場合コンクリートの瓦礫(がれき)が大量に出るので追加費用が掛かります。

追加費用が発生するパターンの2つ目は地中埋設物が見つかった場合です。建物の基礎を掘り起こした時に、前の建物の一部が埋まっていたり、浄化槽が出てきた時は撤去する義務があります。その場合、処分費用が余計に掛かるので追加費用が発生してしまうのです。

ただ、追加費用に関しては正確な金額が出せないので、見積りには多めに計上しているそうです。

見積りを見る限りではどちらも処分費用をしっかり計上しており、項目に漏れは見当たりません。見積りだけを見ればB社の方が安く済ませられそうですが、両社の実績や近隣対応が気になります。

そこで、認定協会に問い合わせてみたところ「どちらの解体業者さんも実績は多数ございます。さらに、着工前に近隣へ挨拶回りを徹底して行っていますので、その点心配ありませんよ」と担当者は話していました。念の為、不法投棄など違反履歴がないのも確認できたので金額的に有利なB社に依頼を決めました。

解体工事開始

解体工事は建物の周囲に養生シートを張って作業します。騒音やホコリが周囲に漏れるのを防ぐためです。
最初に内装を剥がして骨組みだけにしてから重機を使って崩していきます。

瓦礫は(がれき)は木材や鉄、ガラスなどに細かく分別します。

心配だった基礎部分は『ベタ基礎』だったので追加費用が発生します。

基礎は掘り起こしながら少しずつ崩して全て撤去してもらいます。
追加料金がかかった後の最終的な見積りです。

かかった金額は4,094,820円。見積りでは多めに計算してもらっていたので予想していたよりだいぶ安く済みました。

まとめ

最後までクレームやトラブルなく、無事に解体工事が完了しました。追加料金に関しても見積りの段階で金額を十分詰めていたので、揉めることなくスムーズに話が進められました。

林様のご実家も無事に解体工事が完了しました。ちなみに、解体工事はどれほど気をつけて作業をしても、騒音やホコリをゼロにはできません。解体工事でトラブルを起こさないためにも近隣住民の方への挨拶回りは必須です。解体業者さんを選ぶ時に参考にしてみて下さい。

『あんしん解体業者認定協会』では、全国約14,000社の解体業者さんのうち、厳しい審査基準をクリアした約870社以上の優良な解体業者さんの中から、お問い合わせいただいた方にピッタリの解体業者さんを無料でご紹介しております。専門のスタッフが丁寧に対応致しますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

『あんしん解体業者認定協会』で解体工事の見積り比較をする