あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【東京都新宿区】解体工事は分離発注がお得、さらに相見積りで65万円減

工事前

マンション建設のため、3階建ての一軒家と駐車場を解体工事しました。最初は住宅メーカーに解体工事もお願いする予定でした。ところが、出してもらった見積りがあまりに高かったので解体業者は分離発注で手配しました。結果的には、住宅メーカーの見積りよりも安く解体工事を済ませられました。

MEMO
建設工事と解体工事を別々の業者に依頼するのを分離発注と言います。解体業者さんの手配を自分でやるので手間がかかりますが、住宅メーカーさんに一括して依頼するよりも安く済ませられる場合があります。

この記事では、前田様が当局にお問い合わせ頂いてから解体工事を完了させるまでの一部始終を紹介します。
『あんしん解体業者認定協会』は、無料で利用できる解体業者見積比較サイトです。

あんしん解体業者見積もりガイド

あんしん解体業者認定協会で解体業者の見積りを比較する

半信半疑で解体業者探し

正直、分離発注をするだけで解体費用が安くなる確信はありませんでした。自分で解体工事を手配したことはないし、どこかアテがあるわけでもありません。
相談したハウスメーカーの担当者さんが、解体業者は自分で手配できると教えてくれただけです。以前に、見積りを取り直して安くなった人が居たとも言っていたので、もしかしたら…と思い最初はダメ元で見積りを取るつもりでした。
そこでネットから情報を集めはじめたのです。すると、自分に合った解体業者さんを紹介してもらえる見積もり比較サイトに辿り着きました。

前田様は、ネットで解体業者の情報を集めているうちに、当協会が運営するあんしん解体業者見積りガイドのホームページをご覧になりお問い合わせ頂きました。
「ハウスメーカーさんの提示した見積りより安く解体工事をしたいけど、どの解体業者さんに問い合わせればいいのか分からない」さらに、「マンションの建設にあたって反対意見を持った方が居るので、クレームが起きないよう近隣への配慮を徹底してもらえる解体業者さんを紹介して欲しい」とのお問い合わせでした。さっそく、当協会から3社の解体業者さんをご紹介させて頂きました。

三階建ての一軒家と駐車場の解体費用は?

解体業者さんによって若干の誤差はありますが測量結果は約68坪でした。さらに、敷地内の駐車場も一緒に撤去します。それぞれの見積り結果です。

解体業者金額
A社400万5,439円
B社390万円
C社334万8,000円

3社とも住宅メーカーさんの見積りより安いので驚きました。さらに、A社とC社では60万円以上も金額差があります。金額差の要因は駐車場の撤去費用のようです。A社の見積りからもう少し詳しく見ていきます。

見積詳細

まず、一番上の項目「木造解体工事」の単価を見てみると38,000円になっています。解体費用は3社とも坪単価で決まっていました。「3Fロフト実測できず」は増築部分の見積りです。合わせて66.880坪、約254万円が主要な解体工事にかかる費用でした。実は、総額が一番高くなっているA社ですが、坪単価×坪数の金額は一番安かったのです。ただ、「駐車場解体工事」の項目が約98万円と他の2社よりも高めでした。

続いてB社の見積りを詳しく見ていきます。

見積り
見積り

B社の主要項目は「木造家屋重機解体処分」です。解体業者さんによって見積書の項目名は違うようです。ちなみに、坪単価はA社と同じ38,000円でした。測量結果が68坪と、A社より少く広く見積もっていたのでその分高くなっています。
ただ、B社は駐車場の撤去費用が52万円とA社の半分近く安いので総額ではA社よりも安くなりました。

最後はC社の見積りです。

見積り

C社の測量結果はB社と同じ68坪。C社の見積書では主要項目が詳細に別れているので合計します。4つの項目を合わせると272万円と主要項目はC社が一番高くなっていました。
ところが、C社は駐車場の撤去費用が25万円と圧倒的に安いため、トータルで一番安くなりました。なお、C社の見積書では駐車場の撤去工事が「土間コンクリート撤去処分」になっています。

相見積りをしたおかげで予想以上に解体費用が節約できると分かりました。そこで、解体工事は金額差で一番安かったC社に依頼を決めました。

解体工事で一番の心配ごとは?

養生シート

解体工事で一番怖かったのは近隣のクレームです。そこで、建設会社と解体業者の担当者さんにお願いして事前に住民説明会を開いてもらいました。マンションの建設にあたって反対意見があるのを事前に聞いていたからです。

工事前

さらに、建物の周りには防音パネルを張ってもらい、騒音対策を徹底的にやってもらいました。普通は木造の解体工事で防音パネルはあまり使われないそうです。

それでも不安はありましたが、解体業者さんが慎重に作業をしてくれたので最後まで大きなトラブルはありませんでした。

まとめ

整地後

解体費用を安くしたい一心で分離発注をした結果、住宅メーカーさんが出してくれた見積もりに比べてかなり安く済みました。見積もりに来てくれた解体業者さんの間でも60万円以上差があったので、解体工事に関しては大幅に費用を抑えられたと納得しています。

前田様のように、新築工事で分離発注を利用する方は多いです。解体業者さんをご自身で手配するのは難しくありません。ぜひご相談下さい

『あんしん解体業者認定協会』では、全国約14,000社の解体業者さんのうち、厳しい審査基準をクリアした約870社以上の優良な解体業者さんの中から、お問い合わせいただいた方にピッタリの解体業者さんを無料でご紹介しております。専門のスタッフが丁寧に対応致しますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

『あんしん解体業者認定協会』で解体工事の見積り比較をする