あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

解体費用を抑える充実助成・補助制度‐愛知県犬山市編

犬山市で木造民間住宅の解体工事をお考えですか?犬山市では平成28年度から「犬山市民間木造住宅除却補助事業」という、解体工事への助成金を交付しています。解体工事をしたいけど、費用の面でなかなか解体工事に踏み切れないとお悩みではないですか?そんな時はまず、市区町村で解体費用を助成してくれる事業がないかチェックしてみましょう。今回は、犬山市の助成事業を細かく見ていきます。

最大20万円!犬山市の民間木造住宅除却補助

近年は、適切な管理が行き届いていない空き家の増加も問題になっており、犬山市では、「犬山市空家等対策計画」で、地域に悪影響を及ぼす空き家の解体や有効活用を促進しています。民間木造住宅除却補助は耐震対策の視点から、災害時の木造家屋の倒壊などの被害防止を目的として、耐震性が不十分な住宅の解体を支援しています。

それでは早速、助成内容や条件を見ていきましょう。

対象建築物

  • 昭和56年5月31日以前に着工
  • 在来軸組構法または伝統構法の住宅
  • 30㎡以上の木造住宅
  • 愛知県建築住宅センターが実施した耐震診断が60点以下、もしくは犬山市が実施している「無料耐震診断」*の結果、判定値が0.7以下の住宅
  • 犬山市から耐震関係の補助金などを受けたことのない住宅
  •  
    補助対象者
    ■市税等の滞納がない方
     
    補助額
    ■解体工事費の1/2、最大20万円
    ※除却費用が20万円以下の場合はその額(千円未満切捨て)
     
    実施件数
    ■5件(本年度は終了しましたが、来年度も継続して事業を行うそうです)

     
    *「無料耐震診断」
    犬山市の都市計画課で随時申し込みできます。申し込み用紙に記入するだけの簡単な手続きで、印鑑も不要で受付していただけます。

    ■今年度予定件数:50件(本年度は終了しましたが、来年度も継続して行うそうです)

    補助金を申請しよう!

    それでは、申請手続きから補助金を受け取るまでの流れを細かく見てみましょう。
    簡単な流れは以下のようになります。

    ①申請書の提出➡補助金交付決定通知の受け取り
    ②解体工事
    ③解体工事完了の報告書の提出➡補助額の決定通知書の受け取り
    ④補助金支払請求書の提出➡補助金の受取(口座振込)

    申請書の提出


    申請書の提出の際は、犬山市民間木造住宅除却費補助金交付申請書(様式第1)と共に、記載されている添付書類を合わせて提出します。

    添付書類リスト
    民間木造住宅除却工事計画書(様式第2)
    ②木造住宅耐震診断結果報告書の写し
    ③見積書などの、解体工事費用が確認できる書類の写し
    ※施工予定の業者の記名、捺印が必要
    ④解体する建物の築年数が分かる書類(登記簿謄本、建築確認申請書など)
    ⑤案内図
    ⑥現況写真

    以上の書類を提出したら、補助金を受け取れるかどうかの決定通知書が2週間以内に送付されます。施工予定業者との契約は、補助金交付の決定通知の受け取り後に契約・着工して下さい。
    基本的に、その場で、きちんと書類が揃っているか確認するため、書類の提出は窓口への持ち込みです。

    解体工事も無事終了。報告書の提出

    解体工事が終わったら報告書を提出し、速やかに補助金を受け取りたいですね。犬山市民間木造住宅除却工事完了実績報告書(様式第7)と、添付書類を提出します。

    添付書類リスト
    ①契約書の写し
    施工業者が発行した請求書、又は領収書の写し
    ③市税の未納がないことを証明する書類
    ④工事前、工事中、工事後の写真
    ⑤産業廃棄物管理票(マニフェスト)A票の写し
    ⑥リサイクル届けの受領書の写し(延床面積が80㎡の場合)

    補助金を受け取ろう!

    解体工事の完了報告をしたら、交付される補助額の決定通知が送られてきます。決定通知を受け取ったら、犬山市民間木造住宅除却補助金支払請求書(様式第9)を速やかに提出しましょう。補助額の通知を受けた日から、10日以内に提出して下さい。

    請求書の提出が終われば、あとは受取口座に補助金が振り込まれるのを待つだけです。請求書の提出後、30日以内の振込みになります。

    その他注意点

    補助金の申請方法から受取までのフローは以上ですが、最後に数点、注意事項を確認しておきましょう。

  • 解体工事期間:年度末には工事を完了して完了報告書を提出する
  •   ※犬山市が行う手続きも時間が必要なので、遅くても報告書は3月15日くらいまでには提出を完了しましょう。

  • 無料耐震診断をした結果は次年度の除却費用補助事業の申請に持ち越すことが可能です
  • お問い合わせ

    犬山市都市整備部 都市計画課 建築景観担当
    Tel:0568-44-0331

    犬山市役所 本庁舎2階

    まとめ

    いかがでしたか?
    近年、空き家や老朽化した建物に対する自治体の取り組みも厳しくなってきています。老朽化した住宅が、地域環境に悪影響を及ぼしているようなら、思い切って建物を解体することも一つの手です。解体工事はしたいけど、解体費用の面で、お悩みでしたら市区町村で交付している助成・補助事業はおすすめです。犬山市の補助事業は、予定件数が多はなく、枠が埋まりやすいので、平成30年度の申請はお早めに!