あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【東京都福生市】戸建空き家の解体工事に対し、最大30万円の助成金

老朽化した空き家が近所にあったら、何とかしてほしいと思いますよね。もし、自分自身がそのような空き家を持っているなら解体撤去しましょう。そこで、東京都福生市では空き家解体の助成金最大30万円(戸建の場合。長屋・共同住宅には最大100万円)まで出しています。解体工事にかかるお金は高額なので、助成金は要チェックです。

空き家解体の助成金の制度概要

最初に、空き家解体の助成金の制度概要(助成の対象条件、助成金額)について整理します。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 福生市内にある住宅
  2. 1981年(昭和56年)5月31日以前の着工
  3. 空き家状態で大体1年以上経過(共同住宅の場合は、全住戸の半分以上が当てはまる)
  4. 固定資産課税台帳に、建物の種類が居宅・長屋・共同住宅として登録されている
  5. 建物に所有権以外の権利(借金の担保等)がない
  6. 現在居住者がいない
  7. 現在公共事業等の補償対象となっていない

条件2は、古い耐震基準で建てられているかを判断するために設けられています。当てはまる建物は、もともと耐震性が低いと考えられます。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  1. 空き家の所有者(親族等で共有している場合、全員から合意を受けた代表者)
  2. 市税の滞納がない
  3. 暴力団員ではない

条件1にある通り、建物の所有者本人が申請してください。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  1. 助成金の交付決定前に着手していない
  2. 工事にかかる予定期間が、交付決定日より1年以内
  3. 空き家の全部を解体撤去する
  4. 他の制度による補助金等を受けない

条件1は要注意です。手続きの順序を守らないと助成対象外とされてしまいます。

助成金額

助成金額=助成対象経費×1/2(千円未満切り捨て)
上限額は戸建住宅:1戸当たり30万円、長屋または共同住宅:1棟当たり100万円

助成対象経費には、空き家(+門、塀、生垣、柵、物置、自転車置き場、車庫等)の解体撤去費用が含まれます(樹木の撤去費用、整地費用、消費税は対象外)。

空き家解体の助成金の手続き方法

次に、空き家解体の助成金の手続き方法(手続きの流れ、用意するもの等)についてまとめます。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆完了報告

交付額の確定通知

☆交付請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。
では、上から流れに沿って見ていきましょう。

事前準備

まず、福生市との事前相談、解体業者への工事見積書の作成依頼を済ませてください。

事前相談では、自身が助成対象として認められる見込みの有無や疑問点・不明点等について確認します。後々問題になりそうなことは、事前相談で解決しておきましょう。

工事見積書に関しては、解体業者にお願いして作成してもらいます。
ただし、解体業界はいまだに悪徳業者(不法投棄・手抜き工事・不当な追加請求等を行う業者)が多いので注意が必要です。解体業者が起こしたトラブルについては、依頼者側の責任が問われることもあります。
そこで、あんしん解体業者認定協会では無料サービスとして実績のある優良業者の3社紹介を提供しています。3社を比較することで、適正範囲内でより安く、より高品質な解体工事が受けられるようにサポートしています。ですので、解体業者選びはぜひお任せください。

交付申請

事前準備が整ったら交付申請ができます。以下の書類を福生市役所に提出してください。

・交付申請書(別記様式第1号)

・納税状況等の調査同意書

〇その他の必要書類
・申請者の住民票の写し(申請者が会社・法人の場合は、登記事項証明書)
・建物登記の全部事項証明書(未登記の場合は、課税明細書、土地・家屋課税台帳兼名寄帳の写し等)
・土地登記の全部事項証明書
・工事見積書の写し
・代表者選任届(建物が親族等の共有である場合)
・土地所有者の同意書(土地所有者が建物所有者と異なる場合)
・委任状(所有者が申請者と異なる場合)

交付申請をすると、書類審査等を経て交付の決定通知書(別記様式第2号)が発行されます。

解体工事

交付の決定通知書が届いたら、解体業者と契約を結び工事を始めてもらいます。また、同時に以下のものを福生市役所へ出してください。

・着手届(別記様式第4号)

〇その他の必要書類
・契約書の写し
・工事の工程表

ただし、工事内容に大きな変更が生じる場合は、先に変更申請書(別記様式第6号)を提出しましょう。
ちなみに、完了報告時に工事前、中、後の写真が必要なので、あらかじめ解体業者に撮影を依頼するのを忘れないでください。

完了報告

解体工事が終わり代金の支払いも済ませたら、完了報告をしましょう。次の書類を出します。

・完了届(別記様式第9号)

〇その他の必要書類
・工事前、中、後の写真
・解体工事費が支払済みであることを証明する書類(領収書等)

完了報告をすると審査が行われ、問題がなければ交付額の確定通知書(別記様式第10号)が発行されます。

交付請求

交付額の確定通知書を受け取ったら、交付請求が可能です。次の書類を福生市役所に提出しましょう。

・交付請求書(別記様式第11号)

この交付請求書で指定した口座に、補助金が振り込まれます。

空き家解体の助成金の手続き方法については以上です。
何か分からないことがあれば、福生市役所に問い合わせましょう。

福生市役所
都市建設部 まちづくり計画課 住宅グループ
——————————
所在地:〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1961
公式サイト:空き家解体費用の補助

また、書類データは以下からダウンロードできます。

解体跡地の税金と利用計画

最後に、解体跡地の税金と利用計画について説明します。

空き家の解体工事において必ず注意するべきことに、固定資産税・都市計画税が大幅に上がる可能性がある点が挙げられます。
固定資産税・都市計画税は住宅用地の特例をいう税金の優遇措置により、課税額が抑えられていますが、空き家を解体撤去して更地にすると、この特例が消滅してしまいます。
そのため、あらかじめ解体跡地の利用計画を立てておくことをオススメします。

固定資産税・都市計画税

土地や家屋といった固定資産に対して課税されるのが固定資産税・都市計画税です。この2つの税金は、課税対象や税率に違いはあるものの、計算方法等はほとんど同じです。
毎年1/1時点の固定資産の評価額により課税標準額(税金計算のベース)が決定し、課税額=課税標準額×各税率で計算されます。

住宅用地の特例

土地には地目と呼ばれる土地の種類があります。なかでも住宅用地(宅地)は価値が高いので、課税標準額も高く設定されることがほとんどです。
そのため、納税者が払う税金を抑える目的で住宅用地の特例というものが設けられています。住宅用地の特例による効果は、以下の表の赤字部分です。

〇固定資産税
200㎡以下の部分:課税標準額×1/6×税率
200㎡超の部分:課税標準額×1/3×税率
——————————
〇都市計画税
200㎡以下の部分:課税標準額×1/3×税率
200㎡超の部分:課税標準額×2/3×税率

住宅用地の特例による効果で、課税額が大きく圧縮されているのが分かります。
しかし、住宅用地の特例は建物(空き家含む)が土地に存在することが前提の措置です。そのため、建物を解体撤去すると特例が受けられなくなり、課税額が元の高い額に戻ってしまいます。(ただし、空き家対策の特別措置法により、悪質な放置空き家は解体せずとも特例から外されます)
実際には負担調整措置というものがあるため、課税額が急激に上昇しないようにはなっています。ただ、毎年課税額が上がっていくので、更地のまま放置するのは得策ではありません。

解体跡地の利用計画

空き家を解体して更地のままにすると、固定資産税・都市計画税が上がってしまいます。
そのため、解体跡地の利用計画をあらかじめ考えておきましょう。

福生市は解体跡地の利用計画について特に制限を設けていません。そのため、単純に土地を売却してしまうこともできますが、福生市は建替えを推進しています。


引用元:福生市公式サイト-チラシ:福生市空き家住宅除却助成事業

他にも、一般住宅の新築で建物(120㎡以下の部分)にかかる固定資産税を3年度分半額にする新築住宅の減額措置等、制度が充実していますので、ぜひ建替えも検討してみましょう。

福生市役所
市民部 課税課 資産税係
——————————
所在地:〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1614
公式サイト:
固定資産税・都市計画税(市民部 課税課 資産税係)
固定資産税家屋の各種減額について(市民部 課税課 資産税係)
子育て世帯向け賃貸共同住宅を建てるための整備費用の補助(都市建設部 まちづくり計画課 住宅グループ)
子育て世帯向け長期優良住宅の固定資産税相当額の補助(都市建設部 まちづくり計画課 住宅グループ)

まとめ

今回は、東京都福生市の空き家解体の助成金についてまとめました。家屋の解体にかかる費用は年々上昇しています。その原因は、人件費や解体ゴミの処分費が上がっているためで、今後も下がる見込みはありません。ですから、助成金も下りる今のうちに空き家を解体撤去するべきと言えます。
まずは、福生市との事前相談から始めてみましょう。



福生市公式サイト:空き家解体費用の補助

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)