あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【愛知県一宮市】耐震性の低い木造住宅の解体で、補助金最大20万円

かなり昔に建築した木造住宅は、地震に対して弱いと言われています。ずっと住んでいる家屋には愛着があるものですが、安全を考慮して解体を検討することも大事です。そこで、愛知県一宮市では木造住宅の解体補助金として最大20万円を出しています。解体工事にかかる費用は高額なので、ぜひ補助制度を活用してください。

木造住宅の解体補助金の制度概要

最初に、木造住宅の解体補助金の制度概要について説明します。補助の対象条件や補助金額をチェックしましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物・工事

  1. 一宮市内にある木造住宅(国内の一般的な工法による建築。長屋や共同住宅等も含む)
  2. 1981年(昭和56年)5月31日以前の着工
  3. 階数は2階建て以下
  4. 店舗等として使う部分が延床面積の1/2未満(店舗兼住宅の場合)
  5. 延床面積が30㎡以上ある
  6. 一宮市が行う耐震診断の結果が一定の基準未満(原則)
  7. 建設リサイクル法を守って分別解体、再資源化等を行う工事
  8. 1棟すべてを解体する工事

条件2では、古い耐震基準で建てられているかが判断できます。当てはまるものは、もともと耐震性の低い建物と考えられます。
また、条件6の耐震診断には一宮市が行う「木造住宅の無料耐震診断」があります。とてもオススメなので、以下を参考にして利用してみてください。



一宮市公式ウェブサイト:木造住宅の無料耐震診断を実施

ちなみに地震対策としての解体ではなく、管理できていない空き家の解体が対象の場合には、空き家解体の補助金が利用できます。
詳しくは、以下の記事をご覧ください。

【愛知県一宮市】老朽化した空き家の解体で、補助金が最大20万円

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  1. 対象物件の所有者等
  2. 市県民税と固定資産税を滞納していない
  3. 同一敷地内において、特定の補助金を受けていない
  4. 暴力団員(密接な関係者含む)ではない

条件1については、所有者本人による申請が基本ですが、ご家族等でも認められることがあります。詳しくは一宮市役所に確認してみてください。
また条件3にある特定の補助金とは、木造住宅耐震改修費補助金・耐震シェルター等設置補助金・木造住宅解体工事費補助金(木造住宅の解体補助金のこと)です。過去に同じ敷地内で、本補助金を含む特定の補助金を受けている場合は対象外です。

補助金額

補助金額=補助対象経費(上限額:20万円。千円未満切り捨て)

基本的に、補助対象経費(解体費・運搬費や処分費等の撤去費)の額が補助金額とされますが、上限額の20万円を超えることはできません。

受付期間等

新年度(4月)から受付が開始されます。
ただし、予算の上限に達すると打ち切られますので注意しましょう。

木造住宅の解体補助金の手続き方法

次に、木造住宅の解体補助金の手続き方法について整理します。手続きの流れは以下の通りです。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆完了報告

交付の確定通知

☆交付請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。では、用意するものとあわせて確認しましょう。

事前準備

まず、一宮市との事前相談や耐震診断の依頼、工事見積書の取得を行います。

事前相談では自身が補助対象となる見込み、疑問点・不明点等に関して質問します。その後、まだ受けていない場合は耐震診断に申し込みましょう。対象物件と判定されたら交付申請が可能です。



一宮市公式ウェブサイト:木造住宅の無料耐震診断を実施

工事見積書は解体業者に依頼して作成をお願いします。
ただし、解体業界はいまだに悪徳業者(不法投棄・手抜き工事・不当な追加請求等をする業者)が多い状態です。悪徳業者が起こしたトラブルは依頼者側の責任も問われます。
そこで、あんしん解体業者認定協会では優良業者を3社紹介するという無料サービスを提供しています。適正価格内でより安く、より高品質な工事を受けられますので、ぜひご連絡ください。

交付申請

事前準備を終えたら交付申請をしましょう。以下の書類を一宮市役所に提出してください。

・交付申請書(様式第1)

・事業計画書(様式第2。不要な場合あり)

〇その他の必要書類
・耐震診断の結果報告書等の写し(一宮市の「木造住宅の無料耐震診断」等)
・確認通知書の写し、建物の登記事項証明書・家屋の資産証明書・建築年月が確認できるもの
・所有者等が確認できるもの(登記事項証明書等で確認できる場合は不要)
・案内図(都市計画図等)
・解体業者の記名、押印のある工事見積書の写し
・工事前の写真
・前年度の市県民税の納税証明書、前年度の固定資産税の納税証明書(完納を証明するもの)等
・委任状(第三者が代行する場合)

交付申請をすると、書類審査等を経て交付の決定通知書(様式第3)が発行されます。(対象物件が土地区画整理事業・都市計画施設の地区内にある場合は、一宮市役所(住宅政策課)との協議が必要です)

解体工事

交付の決定通知書を受け取ってから、解体業者と契約を結んで工事を始めてもらいましょう。(補助を受けられなくなるので、必ず順序を守ってください)
工事を始める際は、補助金関係の提出物は特にありません。工事内容に大きな変更が生じる場合には変更申請書(様式第4)等の必要なものを出します。

また、完了報告のときに工事完了後の写真が求められますが、トラブルへの備えも兼ねて全工程の撮影を解体業者に依頼しておきましょう。

完了報告

解体工事が終了したら完了報告が必要です、以下の書類を出してください。

・実績報告書(様式第7)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・請求書または領収書の写し(解体業者が発行したもの)
・工事完了後の写真
・産業廃棄物管理票(マニフェスト)A票の写し等
・建設リサイクル法による届出の受領証の写し(床面積80㎡以上の解体工事のみ)

完了報告に問題がなければ交付の確定通知書(様式第8)が出されます。

交付請求

交付の確定通知書が届いたら10日以内交付請求を済ませてください。次の書類を出します。

・交付請求書(様式第9)

交付請求から数日以内に、指定の口座に補助金が振り込まれます。

木造住宅の解体補助金の手続き方法は以上です。
分からないことがあれば、一宮市役所に問い合わせてみてください。

一宮市役所
住宅政策課 住宅政策グループ
——————————
所在地:〒491-8501 愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎7階
電話:0586-85-7010
FAX:0586-73-7809

木造住宅の解体補助金に関する公式ウェブサイト

最後に、木造住宅の解体補助金に関する情報取得についてお話しします。
補助金のことを調べたいと考えたら、一宮市公式ウェブサイトのチェックは欠かせません。ただし、自治体のサイトは規模が大きく情報量が多いので、目的の情報がどこに載っているのかが一目で分かりません。
そこで、木造住宅の解体補助金ページの行き方や内容等について説明します。

木造住宅の解体補助金ページへの行き方

まずGoogle等の有名な検索サイトを利用して「一宮市」を調べ、検索結果の一覧から「一宮市」を選択します。

これで一宮市公式ウェブサイト内部に入れました。続けて「市政情報」⇒「建設・都市基盤」⇒「建設」⇒「民間建築物の耐震に関すること」⇒(その他の助成について)「木造住宅解体工事費補助事業のご案内」の順に選択していきましょう。

すると以下のページが開きます。


引用元:一宮市公式ウェブサイト

この「木造住宅解体工事費補助事業のご案内」というページに、木造住宅の解体補助金の情報が載っています。
制度の概要のほか、受付期間要綱(制度の詳細)等について知ることができますので、申請前には必ず確認しましょう。

木造住宅の解体補助金の申請書ダウンロード

「木造住宅解体工事費補助事業のご案内」ページから「申請書一覧」の「耐震補助事業関係」を選択してください。
開いた「耐震補助事業関係」というページから申請書がダウンロード可能です。

「木造住宅解体工事費補助」の「一宮市木造住宅解体工事費補助金交付申請書(様式一式)」(Word版とPDF版があります)をクリックすると、手続きで使う主な書類がダウンロードできます。
また、ページの先頭には「委任状・施工同意書・誓約書」もあります。

一宮市役所に向かう前に書類を作成しておくことができますので、ぜひ積極的に活用してください。

まとめ

今回は、愛知県一宮市の木造住宅の解体補助金についてまとめました。ずっと住んでいる住宅なら簡単には解体を決められませんよね。ただ、地震への対策を事前に行っておくことは非常に大事です。今なら補助制度もあるので、解体撤去を検討してみてください。
まずは、一宮市との事前相談や耐震診断の依頼をしましょう。



一宮市公式ウェブサイト:木造住宅解体工事費補助事業のご案内

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)