あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【愛知県小牧市】古くなった木造家屋の解体で、補助金最大20万円

古い木造住宅は地震に弱いと言われますよね。屋根が崩れたりすると、近隣住民にも迷惑をかけてしまいます。ただ、解体するための費用も安くはありませんよね。そこで、愛知県小牧市では、除却工事費補助制度として最大20万円の補助金を出して、耐震性の低い木造住宅の解体を支援しています。

除却工事費補助制度の概要

除却工事費補助制度は誰でも利用できる訳ではありません。一定の条件をクリアしている場合に、補助金申請ができます。
なので、まずは除却工事費補助制度の対象物件や補助金額等について確認しましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • 昭和56年5月31日以前に着工
  • 一般工法(在来軸組構法および伝統構法)の木造住宅
  • 市が行う無料耐震診断で、判定値が1.0未満
    ※愛知県建築住宅センターの耐震診断の場合は、得点が80点未満
  • 解体工事に着工していない
  • 過去に耐震改修費補助金、耐震シェルター等設置費補助金を受けていない

のちほど詳しくお話をしますが、除却工事費補助制度を申請するには、先に耐震診断を受けておく必要があります。条件にある市が行う無料耐震診断とは、木造住宅の無料耐震診断という制度のことで、申し込みに次の条件が設けられています。

  • 2階建て以下
  • 現在居住している(空家は対象外)

条件で3階建てや空き家が対象外とされています。愛知県建築住宅センターの耐震診断だと補助金以上のお金がかかるので、実質的に3階建てや空き家は制度対象外と言えます。
無料耐震診断の結果、
・倒壊する可能性が高い(判定値0.7未満)
・倒壊する可能性がある(判定値0.7以上1.0未満)
と判定された場合に除却工事費補助制度の条件3つめを満たします。

対象者

次のどちらにも当てはまる方

  • 住宅の所有者または所有者の同意を得られる居住者
  • 市税を完納している方

申請者は基本的に所有者本人です。
また、税金の滞納者は制度を利用できません。公平性を考えたら自然なことですよね。

対象工事

対象建物について、原則1棟全てを解体
基本的に1棟まるまるの解体工事が対象です。
補助の対象物件は、そのまま使ったり、補強して再利用したりするのが難しいと考えられます。ですので、家屋全体を解体する工事にだけ補助金が下ります。(ただし、一部増築している場合は例外もあります)

補助金額

補助金額=解体、運搬、処分かかる費用(千円未満は切り捨て)
ただし、1棟あたり限度額20万円

小牧市では解体、運搬、処分にかかる費用がほぼ補助金額として計算されます。
しかし、どんなに工事金額が高くなっても補助金の上限額は20万円なので注意しましょう。

注意
解体工事の金額がどんなに高くても、補助金は20万円まで!!

受付期間

新規の申請受付開始は4月からです。
先着順に受付しているので、その年度の予算や受付予定件数の上限に達した場合、来年度以降に回されてしまいます。注意しましょう。

除却工事費補助制度の手続き方法

では、続けて手続きの流れと必要書類について確認しましょう。

(事前準備)
☆耐震診断

☆事前相談

(申請開始)
☆補助金交付申請

補助金交付決定通知

☆解体工事着手

☆実績報告

補助金確定通知

☆補助金交付請求

補助金交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。
では、早速申請開始より後の「☆」を上から順に見ていきましょう。

補助金交付申請

耐震診断の結果を受けたら、申請前に小牧市建築課と事前相談をします。
事前相談で「改めて補助の対象になるか」「事前に確認しておくべきことはないか」等を確認し、問題がなくなったら補助金交付申請をします。
申請には以下の書類が必要です。

・木造住宅耐震改修費等補助金交付申請書(様式第1その2)

さらに、一緒(もしくは工事着手の30日前まで)に提出する書類で、
・木造住宅耐震診断の結果報告書の写し
・解体工事の工事計画書及び平面図
・解体工事の見積書
・市税の納税証明書(完納証明)
・所有者の同意書(申請者が所有者と異なる場合のみ)
以上を用意します。
注目していただきたいのは、解体工事の工事計画書や見積書等、解体業者から受け取る書類がある点です。つまり、申請前に解体業者をご自身で選び、現地調査と見積書作成等をお願いする必要があるのです。解体業者への連絡から見積書等作成まで、大体2週間程度かかるので、しっかり計画を立てておくと安心です。
ただし、解体業者選びは本当に大変です。なぜなら、どの解体業者が優良なのか、見た目ではほとんど判断できないからです。ですので、解体業者選びはあんしん解体業者認定協会にお任せください。
加えて、気を付けないといけないのが、申請前に解体業者と契約してはならないという点です。守らないと、補助対象外となってしまいます。

注意
補助金交付申請前に解体業者と契約すると、補助金が下りなくなってしまう!!

解体工事着手

申請が通ると、補助金交付決定通知が届きます。そうしたら、解体業者と契約し、着工してもらいます。
この時点で小牧市に提出する書類はありませんが、次の実績報告では工事写真が必要なので、解体業者に工事前と工事後の状態を撮影してもらえるようにお願いしましょう。

実績報告

無事工事が完了したら、小牧市に実績報告(工事完了報告)をします。

・木造住宅耐震改修工事等完了実績報告書(様式第8)

加えて、一緒に提出する書類で
・工事請負契約書の写し
・工事費請求書の写し
・工事費領収書の写し(補助金の交付後でも可)
・工事写真(着手前及び完了時が確認できるもの)
・建設リサイクル法の届出の受領票(小牧市の受付印が押印されたもの)の写し(延べ面積が80平方メートル以上)
・産業廃棄物管理票(マニフェスト)A票の写し
が必要です。どれも解体業者にお願いすると手に入りますので、確認してみてください。

補助金交付請求

実績報告の数日後、補助金確定通知が届きます。ここまで来たら、振り込む口座等を指定するだけです。

・木造住宅耐震改修費等補助金交付請求書(様式第11)

とても簡単ですよね。ただ、期限がシビアです。補助金確定通知から10日以内に請求書を提出しなければいけません。うっかりすると期限が過ぎてしまいますので、できるだけ早く提出しましょうね。

請求書を提出して、問題がなければ30日以内に口座に振り込まれます。
大金なので、確認を怠らないようにしましょう。

小牧市のWEBサイトを見てみよう

話は少し変わりますが、補助金制度を使いたいと考えたら、多くの方は小牧市のWEBサイトを開いてみると思います。実際、WEBサイトには木造住宅への除却工事費補助制度というページがあり、補助金申請に必要な情報が詰まっています。
しかし、「じゃあ、そこを見れば全部分かるはずでは?」と思ってサイトにアクセスしてみると、一見あまり詳しい情報は載っていません。(木造住宅への除却工事費補助制度はこちら)

・小牧市のWEBサイト


小牧市:木造住宅への除却工事費補助制度

実は、対象条件や申請手順、申請書類(書類データ含む)といったものは、ほとんどすべて木造住宅耐震改修費等補助金交付要綱のなかに含まれているのです。しかも、この要綱は除却工事費補助制度以外の制度についても一緒に書かれていて、どこを見ればよいのか非常に分かりにくくなってしまっています。(木造住宅耐震改修費等補助制度の中に、除却工事費補助制度が含まれているのが理由です)

木造住宅耐震改修費等補助金交付要綱の内容

そこで、要綱について分かりやすく説明したいと思います。(木造住宅耐震改修費等補助金交付要綱[PDF]はこちら)

〇1-7ページ
第1条-第14条+附則

〇8,9ページ
別表第1(第2条関係)、第2(第5条関係)

〇10-21ページ
書類データ

1-7ページは補助制度の対象や申請書類など、詳細な情報が載っています。ただ、かなり分かりにくくなってしまっているので、基本的にはこの記事を参考にしていただければと思います。
そして、10-21ページに書類データがあり、ダウンロードが可能です。必ず使うのは(この記事で紹介したのは)以下の書類です。

  • 木造住宅耐震改修費等補助金交付申請書(様式第1その2)
  • 木造住宅耐震改修工事等完了実績報告書(様式第8)
  • 木造住宅耐震改修費等補助金交付請求書(様式第11)

各書類の左上に「様式第〇〇」と書いてありますので、確認して印刷してください。
また、工事の変更や中止があった場合に使用する書類データもあります。数が多いので、必要に応じて印刷するのが良いと思います。

要綱をまともにすべて読もうとしてしまうとクラクラしてしまいますよね。もちろん、できればキチンと確認するのが望ましいですが、大まかにはこの記事を参考にしていただいて、要綱は書類ダウンロードだけに留めても良いかもしれません。

また、他に分からないことがあれば、直接小牧市に問い合わせてみましょう。

都市建設部 建築課 建築係
小牧市役所 東庁舎1階
電話番号:0568-76-1142
ファクス:0568-76-1144

まとめ

今回は、愛知県小牧市の除却工事費補助制度についてお話をしました。
市がお知らせしている情報(要綱)などでは正確な言い回しが求められるので、どうしてもユーザーには分かりにくくなってしまいます。なので、この記事が申請のお役に立てれば非常に嬉しいです。とりあえず、申請前の準備として無料耐震診断に申し込んでみてください。(木造住宅の無料耐震診断についてはこちら)

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)