あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【長崎県南島原市】危険な空き家の解体撤去に、最大50万円の補助金

所有の空き家を解体したくても、まとまった資金を用意するのは大変ですよね。でも、放置し続けるとボロボロになり、ご近所に迷惑をかけてしまいます。そこで、長崎県南島原市では空き家解体の補助金として最大50万円まで出しています。ただし、補助を受けるためには一定の条件があるので、一緒に確認しましょう。

空き家解体の補助金の制度概要

最初に、空き家解体の補助金の制度概要について整理します。補助の対象条件や補助金額等について確認しましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 南島原市内にある建物
  2. 現在使用されていない空き家(おおむね1年以上)
  3. 建物の半分以上が一般の住宅として使用されていた
  4. 木造または鉄骨造
  5. 倒壊など、周囲に被害を与える危険性がある建物

条件5については、南島原市の建物調査で一定の基準以上の危険な空き家と判断された場合に対象と認められます。屋根・外壁・柱等の老朽化が激しく、再利用ができない空き家が対象物件のイメージです。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  1. 登記事項証明書(または固定資産関係資料)に記録されている所有者、その相続人等
  2. 市税等を完納している
  3. 権利関係者(抵当権者等)がいる場合は、同意を得ている

条件1の登記事項証明書については、登記所・法務局に確認してみましょう。また、所有者や相続人から同意を得た方でも申請可能です。

補助対象経費

次のうち、少ない額

  1. 解体・運搬・処分にかかる費用(工事見積書)×80%
  2. 対象物件の延床面積(㎡)×国の基準額×80%

基本的には1番目で計算しましょう。1番目が高額過ぎる場合には2番目が適用される、と考えてください。
ちなみに、家具等やブロック塀の処分費は含みません。気を付けましょう。

補助金額

補助金額=補助対象経費×50%(限度額:50万円)

補助対象経費と同時に考えると、補助金額の計算方法は少し複雑に感じるかもしれません。
ひとまず、補助金額=解体撤去費用×40%以下(限度額:50万円)を目安としてください。

注意事項

  1. 事前に南島原市と補助対象となるかの協議が必要
  2. 交付の決定前に着工した場合は、補助の対象外
  3. 交付の決定を受けて60日以内に実績報告できる工事が対象
  4. 建設業の許可または解体工事業の登録受けた、長崎県内の業者が工事を担当
  5. 必要な書類を揃えてから申請(申請順に受付。予算が無くなり次第終了)

すべて大事なことですが、特に条件5は要注意です。年度ごとに新規受付を行っているので、早めに行動しましょう。

空き家解体の補助金の手続き方法

次に、空き家解体の補助金の手続き方法についてまとめます。手続きの流れは、以下の通りです。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆実績報告

補助金額の確定通知

☆交付請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところなので、上から順に確認しましょう。

事前準備

まず、南島原市との事前協議、解体業者への工事見積書等の作成依頼を行います。

事前協議では、自身が補助対象と認められるか等を確認します。さらに現地確認(建物調査)で建物が補助対象(一定の基準以上の危険な空き家)であるかを判定してもらいましょう。補助対象である場合には交付申請が可能です。

工事見積書等は、解体業者にお願いして作成してもらいます。
ただし、解体業界は不正を働く業者(不法投棄・手抜き工事・不当な追加請求等をする業者)がいまだに多いのが現状です。ですから、解体業者を選ぶときはあんしん解体業者認定協会にぜひご連絡ください。無料のサービスである優良業者の3社紹介によって、適正範囲でより安く、より高品質な解体工事を受けられるようにサポートしています。

交付申請

事前準備が整ったら交付申請をしてください。以下の書類を南島原市役所に提出します。

・交付申請書(様式第3号)

・工事計画書(様式第4号)

・申請書類チェックリスト

〇その他の必要書類
・市税の滞納がないことの証明書
・対象物件の現状が分かる写真(老朽化し危険な状況が分かるもの)
・工事見積書(内訳明細付き)
・実測平面図(各階の面積が特定できるもの)
・登記事項証明書(家屋部分)
・申請者の印鑑登録証明書
・対象物件の位置図(解体場所が分かるもの)
・解体業者が持つ建設業の許可証または解体工事業の登録証の写し

申請書類チェックリストを確認し、必要に応じて同意書や誓約書等を追加してください。
交付申請を行うと、書類審査等を経て交付の決定通知書が発行されます。

解体工事

交付の決定通知書が届いたら、解体業者に着工してもらいましょう。
工事の開始時には補助金関係の提出物は特にありませんが、工事内容に大きな変更が生じる場合には変更の交付申請書(様式第7号)等を出します。

また、実績報告の際に工事写真(着工前、工事中の状況、完了)が求められます。必ず、あらかじめ解体業者に撮影を依頼しておきましょう。

実績報告

解体工事が滞りなく完了したら、実績報告を済ませます。以下の書類を南島原市役所に提出してください。

・実績報告書(様式第13号)

・工事完了の証明書(様式第14号)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・工事写真(着工前、工事中の状況、完了)
・領収書または請求書の写し(内訳明細付き)

実績報告に問題がなければ、補助金額の確定通知書が出されます。

交付請求

補助金額の確定通知書を入手したら交付請求が可能です。次の書類を出してください。

・交付請求書(様式第16号)

一緒に通帳の写しも提出します。
交付請求書で指定した口座に対して補助金が振り込まれますので、確認してください。

空き家解体の補助金の手続き方法は以上です。
疑問点・不明点等は南島原市役所に問い合わせてみてください。

南島原市役所
建設部 都市計画課
——————————
電話:0957-73-6677
FAX:0957-85-3136
メール:toshikeikaku-ka@city.minamishimabara.lg.jp

空き家解体の補助金に関する情報取得

最後に、空き家解体の補助金に関する情報取得について説明します。
補助金のことを調べる方の多くは、南島原市公式ホームページをご覧になるかと思います。しかし、自治体のサイトなので規模が大きく、目的のページにたどり着くのは意外と大変です。
そこで、空き家解体の補助金ページの行き方と内容についてお話しします。

空き家解体の補助金ページへの行き方

まず、Google等の検索サイトを利用して「南島原市」を調べ、検索結果の一覧から南島原市公式ホームページを選択しましょう。

これで南島原市公式ホームページに入れました。続けて、「くらし・環境」⇒(お知らせ内の)「お知らせ」⇒(お知らせに関する記事内の)「老朽危険空家の除却費の一部を補助します」と選択してください。

すると次のページが開きます。


引用元:南島原市公式ホームページ

この「老朽危険空家の除却費の一部を補助します」というページに、空き家解体の補助金の情報が載っています。

空き家解体の補助金ページの内容

空き家解体の補助金(老朽危険空家の除却費の一部を補助します)ページには、補助の対象条件や補助金額のほか、受付開始日申請書類データがダウンロードできるリンクがあります。

受付開始日は、補助金情報の中でも特に重要です。申請前には必ずチェックするようにしましょう。
また申請書類データは、記入が必要な書類をご自宅で作成するのに役立ちます。南島原市役所に向かう前に、あらかじめ書類を用意しておくことが可能です。

まとめ

今回は、長崎県南島原市の空き家解体の補助金についてまとめました。空き家の解体費用は、年を追うごとに増加しています。今後も下がる見込みはないので、補助制度を利用して早めに解体撤去しましょう。
まずは、南島原市との事前協議から始めてください。



南島原市公式ホームページ:老朽危険空家の除却費の一部を補助します

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)