あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【群馬県沼田市】空き家を自主的に解体する方に、補助金最大30万円

空き家が近所にあったら不安ですよね。もし自分自身が空き家を所有している場合は、ご近所に迷惑をかける前に解体撤去したいところですが、解体費用は意外と高額なので資金面で困るかもしれません。そこで、群馬県沼田市では空き家解体の補助金最大30万円まで出しています。補助金を活用して、解体にかかるお金の負担を減らしましょう。

空き家解体の補助金の制度概要

最初に、空き家解体の補助金の制度概要(補助の対象条件、補助金額等)について整理します。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  1. 1年以上利用していない個人所有の空き家で、次のうちどちらかに該当
    ・一戸建て住宅
    ・併用住宅(建物の半分以上が居住部分)
  2. 借金の担保等になっていない
  3. 公共事業による移転等の補償対象ではない
  4. 木造住宅を耐震改修するための補助金を受けていない

条件1にある併用住宅とは、店舗や事務所等が一緒になった住宅のことです。

対象者

次の条件のどれかに当てはまる方(ただし、市税等を滞納していないこと)

  1. 空き家の所有者
  2. 空き家の所有者の相続人
  3. 空き家の所有者または相続人のどちらかから同意を得た方

申請は所有者本人でなくても、条件を満たす方なら可能です。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  1. 建設業の許可または解体工事業の登録を受けた業者が行う
  2. 空き家の全部を解体する
  3. 工事に着手していない

条件2にある通り、建物の一部残しはできません。

補助金額

補助金額=解体工事費×1/3(上限額:20万円)
※空き家の建築日が1981年(昭和56年)5月31日以前である事を証明できる場合、+10万円

建築日の条件に当てはまる場合、古い耐震基準で建てられているため、もともと地震に弱い建物である可能性が高いと考えられます。
そのため、解体を促すために補助金の上限額が30万円(20+10=30)まで引き上げられます。

受付期間

2019年度(平成31/令和元年度)は4月15日(月)~です。
ただし先着順で、予算の上限に達すると受付が打ち切られますので、早めに行動しましょう。(ちなみに、受付期間が終わっても追加で募集することがあるので、市役所への問い合わせや公式サイトの確認をしてみてください)

空き家解体の補助金の手続き方法

次に、空き家解体の補助金の手続き方法(手続きの流れ、用意するべきもの等)についてまとめます。

☆事前準備

☆交付申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆完了報告・交付請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で手続きが必要なところです。
では、流れに沿って確認していきましょう。

事前準備

まず、沼田市へ事前相談、解体業者へ工事見積書の作成依頼をします。

事前相談は必須ではありませんが、自身が補助対象と認められる見込みの有無や手続き上の注意点等を確認できるので重要です。ぜひ行ってください。

また工事見積書は解体業者に作成をお願いします。
ただし、解体業界は不正(不法投棄・手抜き工事・不当な追加請求等)を働く業者がいまだに多いという問題を抱えています。
そこで、あんしん解体業者認定協会では実績のある優良業者の3社紹介を無料で行い、適正範囲内でより安く、より高品質な解体工事が受けられるようにサポートしています。解体業者を選ぶ際は、ぜひご連絡ください。

交付申請

事前準備を終わらせたら、交付申請をしましょう。以下の書類を沼田市役所に提出してください。

・交付申請書(様式第1号)

〇その他の必要書類
・空き家の写真
・案内図、平面図
・工事見積書の写し
・市税に滞納がないことの証明
・空き家の登記事項証明書または固定資産課税台帳の写し
・建築日が1981年(昭和56年)5月31日以前であることが証明できるもの(新築時の契約書、日付入り記念写真、建築確認申請書副本等。ただし、登記事項証明書等で確認できる場合は不要)
・同意書(様式第2号)と印鑑証明書(申請者が空き家所有者、相続人から同意を受けた場合)
・委任状(申請を代理人が行う場合)

登記事項証明書については、登記所・法務局に聞いてみてください。
交付申請をすると、1か月程度の時間をかけて現地確認+書類審査が行われます。パスできれば交付の決定通知書等が送付されます。

解体工事

交付の決定通知書を入手したら、解体業者と契約して工事を始めてもらいます。
通常、工事開始にあたって提出するものは、補助金関連では特にありません。ただし、工事内容に変更があり、交付決定額が減額されるべきときは変更申請書(様式第5号)の提出が必要ですので注意しましょう。

また、完了報告時に工事完了の写真が求められます。あらかじめ解体業者に撮影を依頼しておきましょう。(トラブルへの備えも兼ねて、全工程の撮影を依頼するのがベスト)

完了報告・交付請求

解体工事が無事に終了したら、完了報告と交付請求をする必要があります。以下の書類を沼田市役所に提出してください。

・完了報告書(様式第8号)

・交付請求書(様式第9号)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・領収書の写し(その他の工事費を除く)
・工事完了の写真
・建設リサイクル法による届出書の写し(提出が必要であった場合のみ)

完了報告と交付請求を済ませると、約1か月後に交付請求書で指定した口座に補助金が振り込まれます。

空き家解体の補助金の手続き方法については以上です。疑問点・不明点があれば、沼田市役所に問い合わせてみてください。

沼田市役所
都市建設部 建築住宅課 建築指導係
——————————
所在地:〒378-8501 群馬県沼田市西倉内町780番地
電話:0278-23-2111(代表)
FAX:0278-24-5179

空き家解体の補助金に関する情報取得

最後に、空き家解体の補助金に関する情報取得についてお話しします。

補助金のことを調べようと考えた方の多くは、沼田市公式サイトをご覧になったのではないでしょうか?
ただ、自治体のサイトなのでページ数が多く、目的のページが見つけられなかったという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、空き家解体の補助金ページの行き方と内容について説明します。

空き家解体の補助金ページへの行き方

まず、Google等を利用して「沼田市」を調べます。そして、検索の結果一覧から「ようこそ沼田市へ」を選択しましょう。

これで沼田市公式サイトに入れました。続けて、「くらし」⇒「くらし」⇒「住まい」⇒「空き家」⇒「沼田市空き家解体補助金」の順に選択していってください。

すると次のページが開きます。


引用元:沼田市公式サイト

この「沼田市空き家解体補助金」というページで、空き家解体の補助金に関する情報が確認できます。

空き家解体の補助金ページの内容

空き家解体の補助金(沼田市空き家解体補助金)ページには、これまでに紹介した制度概要や手続き方法に関する情報のほか、各種申請書類のダウンロードが存在します。

各種申請書のダウンロードは、提出書類をまとめた一覧(手続きの各段階ごと)のなかにあります。記入が必要な書類をご自宅で作ってしまうことができるので、手続きの時間短縮に大いに役立ちます。ぜひ活用しましょう。

さらに、空き家解体の補助金ページには申請受付についても細かく記載されています。受付をしている窓口や時間帯、期間等を確認できるので、申請で沼田市役所へ向かう前には必ずチェックしましょう。

まとめ

今回は、群馬県沼田市の空き家解体の補助金についてまとめました。最近は人件費や解体ゴミの処理費が上がっています。それにともなって解体工事費も毎年上昇し続けています。今後も下がる見込みはないので、補助金も使える今のうちに空き家の解体を終わらせておくべきと考えられます。
まずは、沼田市へ事前相談をするところから始めてみましょう。



沼田市公式サイト:沼田市空き家解体補助金

解体工事にはお金と時間がかかります。しかし、正確な情報をもとに計画的に進められれば、補助金・助成金も使えて費用をかなり抑えられます。さらに、私たちあんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信等しています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)