あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【香川県さぬき市】崩れかけた空き家の解体で、補助金最大160万円

空き家はこまめな管理が必要ですが、実際には何もできていないことが多いですよね。しかも、手入れを怠った家屋は老朽化が速いので、もしかすると解体せざるを得ないかもしれません。でも、解体にもお金がかかるので困ってしまいますよね。そこで、香川県さぬき市では空き家解体の補助金として最大160万円の援助を行っています。

空き家解体の補助金の概要

まず、最初に空き家解体の補助金の制度概要(対象条件、補助金額)について説明します。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物

  • さぬき市内にある老朽危険空き家で、住宅の腐朽・破損の程度が一定の基準を超えている
  • 現在空き家で、今後も使用しない
  • 他の解体助成金等の交付を受けていない(予定もない)
  • 公共事業等による補償の対象となっていない
  • 国、自治体等が所有していない
  • 不動産関連業者が自社の仕事として解体を行わない
  • 同一敷地内で、過去に本補助金の交付を受けて解体をしていない
  • 不良住宅や空き家住宅により、周辺で住むための環境を悪化させている

最初の条件については、さぬき市の建物調査ではっきりします。申請の検討段階では、屋根・壁・柱・床・天井等の老朽化が激しく崩れそうな空き家を対象条件と考えておけば大丈夫です。

対象者

次の条件すべてに当てはまる方

  • 登記事項証明書等に登録されている所有者(法人や団体を除く)や相続人等
  • 申請者と家族が、市税と国民健康保険税を滞納していない
  • 所有権以外の権利(賃借権を含む)の設定がある場合に、権利者から同意を得ている
  • 対象物件が親族等の共有である場合、共有者全員から同意を得ている

2番目の条件から、申請者本人に加えて家族も市税を完納していなければならないことが分かります。
また、3・4番目の条件にある同意を得ている場合、提出書類が少し増えます。

対象工事

次の条件すべてに当てはまる工事

  • 建設業の許可または解体工事業の登録を受けた、さぬき市内の業者が行う
  • 解体業者が暴力団員(関係者含む)ではない
  • 補助金の交付決定後に行われる
  • 他の制度による補助を受けていない
  • 対象物件の全部を解体撤去する
  • 建て替えを目的としない
  • 工事完了後、交付申請年度の1月31日までに実績報告書を提出できる

最初の条件にある通り、補助を受けるためには、さぬき市内の解体業者に頼まなければいけません。
また、6番目の条件から、新築建て替えを考えている場合は補助の対象外です。

補助金額

補助金額=対象費用×80%(限度額:160万円。千円未満切り捨て)

対象費用とは、解体費用や解体で出たゴミの運搬や処分費用等です。ただし、家財道具・機械・車両・浄化槽等の地下埋設物の運搬や撤去費用は対象費用に含まれませんので要注意です。

空き家解体の補助金の手続き方法

続けて、空き家解体の補助金の手続き方法(申請の流れ、必要書類等)をお話しします。

☆事前準備

☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体工事

☆完了報告

補助金額の確定

☆交付の請求

補助金の交付

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。上から順に見ていきたいと思います。

事前準備

まず交付の申請前の準備で、さぬき市との事前協議解体工事の見積書取得が必要です。

事前協議はさぬき市役所(市民部 生活環境課)と行い、「補助の対象になる見込みはあるのか?」等を話し合います。事前協議の際は、次のものを用意してください。

・登記事項証明書等(所有者確認)
・戸籍謄本(相続人の場合)
・建物の立入調査の同意書
・運転免許証等(本人確認)

登記事項証明書は登記所・法務局に、戸籍謄本は本籍がある役所等で聞いてみましょう。
さらに、老朽危険空き家の認定等、対象候補の物件が補助の対象であるかを測定してもらうために建物調査を依頼することも必要です。

解体工事の見積書に関しては、解体業者に連絡して現地調査をお願いして作成してもらいます。ただし、解体業界は悪徳業者(手抜き工事、不法投棄、不当な追加請求等をする業者)が多く、トラブルを発生させてしまうケースがよくあります。そのため、解体業者の選定については、ぜひあんしん解体業者認定協会にお任せください。

交付の申請

事前準備が終了したら、交付の申請をしましょう。さぬき市役所に以下の書類を提出します。

・交付申請書(様式第1号)

・実施計画書(様式第2号)

〇その他の必要書類
・見積書の写し(内訳明細付き)
・建物平面図(位置図、配置図、平面図、立面図。平面図は、延床面積と対象床面積が確認できるもの)
・対象物件の状況が分かる写真
・住宅の所有者が確認できる書類

さらに、申請者が相続人等である場合や権利関係者が複数人いる場合は、確約書(様式第3号)や同意書(様式第4号等)を用意しましょう。
交付の申請をすると書類審査を経て、交付の決定通知(様式第5号)が発行されます。

解体工事

交付の決定通知が届いた後に、解体業者と契約、着工してもらいましょう。
この時点では特に用意する書類はありません。(工事内容に大きな変更等があるときには提出)
ただし、次の工事の完了報告で工事前・中・後の写真が必要ですので、必ず解体業者に依頼しておいてください。

完了報告

工事が終わって代金の支払いが済んだら、さぬき市へ工事の完了報告をします。

・実績報告書(様式第10号)

〇その他の必要書類
・請負契約書の写し
・代金領収書の写し
・工事前・中・後の写真(分別解体等、工事の内容が分かるもの)
・建設リサイクル法の届け出の写し(必要な場合のみ)
・産業廃棄物管理票(マニフェスト)E票の写し

建設リサイクル法の届け出は解体業者が代行してくれていることが多いです。必要な場合は解体業者に確認してみましょう。(建物の大きさによっては、そもそも届け出が不要)
完了報告が終わったら再び書類審査等があり、問題がなければ補助金額が確定します。

交付の請求

補助金額が確定したら、交付の請求をしましょう。

・交付請求書(様式第11号)

この交付請求書で指定した口座に対して補助金が振り込まれます。入金確認は怠らないようにしましょうね。

以上で、空き家解体の補助金の手続きは完了しました。
不明点・疑問点はさぬき市役所に問い合わせてみましょう。

香川県さぬき市
市民部 生活環境課
電話:087-894-1119

さぬき市公式サイトの見方

ところで、空き家解体の補助金の詳細が知りたいと思った方の多くは、さぬき市公式サイトをご覧になっているのではないでしょうか?
公式サイトには、暮らしに密接に関わる情報がたくさんあります。ところが、情報が多過ぎて欲しい情報をピンポイントで見つけるのは非常に難しいと思います。
そこで、空き家解体の補助金ページへの行き方とページ内容について説明したいと思います。

空き家解体の補助金ページへの行き方

はじめに、Google等の検索サイトを使って、「さぬき市」と入力して調べましょう。検索結果の一覧で「香川県 さぬき市」と表示されたら選択します。

これで、さぬき市公式サイトのトップページに入れました。そのまま続けて、「くらしの情報」⇒「(住まい・生活環境の)老朽危険空き家除却支援事業」⇒「(老朽危険空き家除却支援事業|生活環境課の)老朽危険空き家除却支援事業」の順に選択します。ちょっとややこしいですが、順番通りに選択していただければ大丈夫です。

すると、以下のページが表示されます。


引用元:さぬき市公式サイト

この老朽危険空き家除却支援事業空き家解体の補助金の正式な名前です。

空き家解体の補助金ページの内容

空き家解体の補助金(老朽危険空き家除却支援事業)ページには、制度の詳細が載っています。ただし、言い回しが難しく少々分かりづらいかもしれませんので、対象条件等については、すでにこの記事で説明した内容を参考にしていただければと思います。

また、ページ内で知っておくと便利なのが、参考資料としてリンクが貼ってある要綱(さぬき市老朽危険空き家除去支援事業補助金交付要綱)です。以下の部分をクリックしましょう。

要綱の中身は次の通りです。

〇1-6ページ
制度の詳細(条文形式)
〇7-19ページ
申請書類のデータ

制度の詳細については、何らか工事内容の変更等があり、細かいきまりまできちんと確認したいときにご覧ください。
また、申請書類のデータがあるので、いつでもダウンロードが可能です。ただし、申請者側で使わない通知書も見本で含まれています。インクと紙がもったいないので、全ページを一気に印刷しないようにしましょう。

まとめ

今回は、香川県さぬき市の空き家解体の補助金についてお話ししました。空き家の解体は負担が大きく、マイナスをゼロにする作業なので、面倒に感じてしまうかもしれません。ただ、いつかはやらなければいけませんので、補助金が下りる今のうちに問題を解消してしまった方がよいと思います。
まずは、さぬき市への事前協議と建物調査の依頼から始めましょう。



さぬき市公式サイト:老朽危険空き家除却支援事業

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)