あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【広島県庄原市】使わなくなった空き家の解体で、補助金最大30万円

相続した空き家は管理が難しいですよね。しかも、使い道を考えているうちに老朽化が進んでいませんか? そこで、広島県庄原市では危険空き家の解体補助金として、最大30万円の補助金を出しています。ぜひ、上手に活用しましょう。

危険空き家の解体補助金の概要

では、危険空き家の解体補助金はどのような建物、人が対象なのでしょうか? そもそも補助制度が使えるのかについて、一緒に確認しましょう。

対象物件

次の条件すべてに当てはまる建物、工事

  • 市内にある、使用されていない住宅(空き家)
  • 老朽危険度が高いと認定されている
  • 解体工事を、許可または登録の届出をしている業者が行う
  • 解体業者との契約、着工をしてない

老朽危険度が高いと認定されるために、庄原市に依頼して判定してもらいます。のちほど詳しくお話ししますので、とりあえず「ボロボロになってしまって使い道がない」状況なら、対象と考えていいでしょう。
また、最後の条件は特に注意してください。交付の決定通知(交付の申請に対する結果通知)が届く前に、解体業者との契約、着工をしてしまうと、補助対象外とされてしまうので気を付けてください。

対象者

次のどちらかに当てはまる方

  • 対象物件の所有者または相続人
  • 対象物件がある土地の所有者または相続人

どちら場合も、市外にお住いでも対象です。また、相続人も対象なので、ご両親に代わって手続きをするのも可能です。

補助金額

対象経費×1/3(上限額:30万円。また、千円未満切り捨て)

対象経費とは、解体費用+解体工事で出たゴミの運搬や処分にかかる費用とお考えください。ただし、家財道具等、建物の内部に残っているモノ(残置物と言います)は、対象経費に入らない可能性があります。内部にモノが残っていると見積りが高くなったり、そもそも解体工事ができないケースもありますので、できる限りご自身で処分しておきましょう。

危険空き家の解体補助金の手続き方法

では、実際に危険空き家の解体補助金の制度を利用するには、どうすればよいのでしょうか? 手順をご説明したいと思います。

(事前準備)
☆老朽危険度の判定依頼

現地調査、結果通知

☆解体業者選び

現地調査、見積書等作成

(交付申請を開始)
☆交付の申請

交付の決定通知

☆解体業者と契約、着工

☆実績報告

補助金額の確定通知

☆交付の請求

補助金入金
※事前準備の老朽危険度の判定依頼と解体業者とやり取りを、平行して行うことも可能です

「☆」を付けた部分が、申請者側で何らか動く必要があるところです。では、「☆」を上から順に確認していきましょう。
(危険空き家の解体補助金の申請開始は新年度の4月以降ですが、事前準備はいつからでもできます)

老朽危険度の判定依頼

最初に、概要で触れた通り老朽危険度が高いとの認定を受けなければなりません。以下の書類を庄原市に提出しましょう。

・認定申請書(様式第1号)

さらに、以下の書類を用意します。
・位置図(付近見取図。所在地が分かるような目標物等も記入)
・平面図(縮尺1:100程度で、間取りが分かるもの)
・解体工事後の措置計画(砕石敷きや舗装などを明記)
・外観写真(2面以上)
この4つは、交付申請の際にも使用しますので、念のため予備を取っておきましょう。措置計画は、解体工事後に処理が問題がなく、土地が管理や再利用等のできる状態になるかを庄原市が確認するために提出します。

調査を依頼すると現地調査が行われ、その後判定の結果通知が届きます。(依頼から結果通知まで1~2週間程度かかります)

解体業者選び

交付の申請には解体業者の見積書(+許可証等の写し)が必要です。そのため、解体業者を選んで現地調査を依頼し、見積書を作成してもらいます。(大体2週間程度かかります)
ただし、すでにお話ししましたが、解体業者との契約、着工はまだしてはいけません(交付の決定通知後に行う)ので、注意しましょう。
ちなみに、解体業界は悪徳業者が非常に多いので、ほとんど存在しない優良業者をご自分で見つけるのは大変です。もし、悪徳業者に当たってしまうと、手抜き工事や近隣住民への配慮を怠る等でご近所トラブルに発展したり、コストを抑えるために不法投棄したり、不当な追加工事、追加費用を請求してきたりと、大変なことが起こります。ですので、解体業者選びはぜひあんしん解体業者認定協会にご連絡ください。

交付の申請

事前準備が終わったら、いよいよ交付の申請を始めましょう。以下の書類を提出します。

・交付申請書(様式第4号)


一緒に提出する書類で、
・対象物件の所有者を確認できる書類(家屋登記簿や納税通知書の写しなど)
・解体工事の見積書またはその写し(内訳の記載されたもの)
・解体業者の建設業許可書の写しまたは解体工事業登録証の写し
・位置図(付近見取図。所在地が分かるような目標物等も記入)
・平面図(縮尺1:100程度で、間取りが分かるもの)
・解体工事後の措置計画(砕石敷きや舗装などを明記)
・外観写真(2面以上)
以上を用意します。家屋登記簿は登記所、法務局、納税通知書は庄原市に依頼します。

解体業者と契約、着工

交付の決定通知が届いたら、解体業者と契約し、工事を始めてもらいましょう。また、開始と同時に着手届を、工事が完了したら完了届をそれぞれ提出します。

・着手届(様式第7号)

・完了届(様式第8号)

工事の内容に変更がない限りは、その他の提出書類はありません。
実績報告では工事の完了写真が必要なので、解体業者に写真撮影を必ず依頼しておきましょう。(トラブル回避のため、工事の全工程を撮影してもらうと良いと思います)

実績報告

解体工事が完了して完了届を出した後、解体業者から請求書等が届いたら庄原市へ実績報告をします。

・実績報告書(様式第11号)

また、解体業者から受け取れる書類も一緒に渡します。
・請求書の写しまたは領収書の写し
・廃棄物に関する処分証明書等(マニフェスト)
・工事完了を確認できる写真
庄原市は報告を受けたら現地検査や審査を行い、問題がなければ補助金額の確定通知を出します。

交付の請求

補助金額の確定通知が届いたら、あとは交付の請求をするのみです。

・交付請求書(様式第13号)

請求から数日後、指定した口座に補助金が入金されたら完了です。

以上で、危険空き家の解体補助金の手続きの説明は終わりです。
何か分からないことがあれば、庄原市にお問い合わせください。

広島県庄原市
環境建設部 都市整備課 都市整備係(本庁舎2階)
〒727-8501
広島県庄原市中本町1丁目10番1号
電話:0824-73-1151
FAX:0824-73-1147
庄原市公式サイト:庄原市老朽危険建築物除却促進事業補助金制度について

庄原市公式サイトで最新情報を取得しよう

話は変わりますが、補助金を申し込みたいと考えたら、庄原市の公式サイトを確認するのではないでしょうか?
また、公式サイトでいち早く補助金の最新情報を入手するには、どこを見ればいいのでしょう?
とても分かりにくいので、公式サイトへ行き方、最新情報の取得や書類データがダウンロードできる場所をお伝えします。

補助金ページへの行き方

以下のリンクをクリックしていただくか、検索サイトで下記のように入力し、「広島県庄原市のホームページへようこそ」をクリックします。
庄原市公式サイト:庄原市老朽危険建築物除却促進事業補助金制度について

庄原市の公式サイトに入れたら、くらし・環境⇒すまい⇒庄原市老朽危険建築物除却促進事業補助金制度についての順番にクリックします。この庄原市老朽危険建築物除却促進事業補助金制度についてというページが危険空き家の解体補助金に関するぺージで、対象物件や対象者などの情報が確認できます。(もっと詳しい情報は、同じページ内の補助金交付申請の手引きの中にあります)

書類データの入手方法

書類データの取得には、様式と書いてある場所をクリックします。


庄原市公式サイト:庄原市老朽危険建築物除却促進事業補助金制度について

様式をクリックするとWordのファイルが開き、書類データが表示されます。
老朽危険度の判定調査に申し込むために、1ページ目の認定申請書(様式第1号)を印刷します。
他の書類データも2ページ目以降にありますので、交付の申請を始めるときに印刷してください。

以上で、庄原市公式サイトについての説明は終わりです。
公式ページは度々更新されます。重要なお知らせが発信される場合もありますので、常に最新情報を手に入れられるようにしておきましょう。

まとめ

今回は、広島県庄原市の危険空き家の解体補助金について取り上げました。新年度の4月以降に受付が開始されますが、すでにお話しした通り、老朽危険度の判定調査はいつでも申し込めますので、まずは調査を依頼しましょう。



庄原市公式サイト:庄原市老朽危険建築物除却促進事業補助金制度について

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)