あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

【愛知県豊川市】古い空き家の解体で、最大40万円の補助金

放置している空き家をそろそろ解体しようと考えていても、いざ実行に移すのはハードルが高いですよね。でも、そのままにしてご近所とトラブルになるのは絶対避けたいものです。そこで、愛知県豊川市では空き家対策で老朽空家等解体費補助金が設けられています。うまく活用できれば、最大40万円の補助金が下りるので、非常に助かる制度です。

似た制度がある?「木造住宅解体工事費補助金」とは

では、これより老朽空家等解体費補助金について詳しく見てみたいのですが、その前に別の制度木造住宅解体工事費補助金について少しだけ触れておきたいと思います。

実は豊川市のWEBサイトで「解体」等キーワードを検索すると、木造住宅解体工事費補助金老朽空家等解体費補助金より上に表示されることがあります。
どちらも家屋解体に関する補助制度という点では共通していますが、制度目的や対象に違いがあります。

木造住宅解体工事費補助金老朽空家等解体費補助金
目的地震発生時における木造住宅の倒壊等による被害を防止良好な生活環境の確保や土地の有効活用の促進等
対象耐震診断の結果が基準値以下の木造住宅解体工事市内の老朽化した空き家や危険な空き家の解体工事

上記は2つの制度の違いを簡単にまとめたものです。(実際には、制度対象になるか判定するための様々な条件が豊川市より明示されていますが、この記事では省きます)

老朽空家等解体費補助金老朽化し放置された結果、倒壊して近隣に迷惑をかける可能性がある空き家が対象である一方、木造住宅解体工事費補助金旧基準のもとで建築されていて、指定耐震診断の結果が現在の耐震基準を満たさない、地震で倒壊するおそれのある居住者がいる家屋が対象です。

2つの制度は一見似ていてもかなり異なるので、間違えないように注意しましょう。木造住宅解体工事費補助金については、以下の記事をご覧ください。

【愛知県豊川市】古くなった家の解体で、最大20万円の補助金

「老朽空家等解体費補助金」の概要

では本題の老朽空家等解体費補助金について説明します。そもそも制度の対象でなければ補助金は下りませんので、しっかり確認しましょう。

対象物件

次の条件のすべてに当てはまる空き家

  • 豊川市内の1年以上住居として使用されておらず、居住用の部分が延床面積の2分の1以上ある
  • 個人の所有
  • 所有しているだけの状態(抵当権など所有権以外の権利設定がない)
  • 老朽空家又は倒壊危険空家と判定された(豊川市老朽空家等解体費補助金交付要綱より)

既にお話をした通り、この制度は老朽化し放置された結果、倒壊する可能性がある空き家が前提で、個人(または親族)がかつて居住していた建物が対象として想定されています。

ちなみに、老朽空家等解体費補助金のなかには老朽空家解体費補助倒壊危険空家解体費補助の2種類が存在します。ただ、補助金の上限額や申請書類等に少し違いはあるものの、制度全体では大体同じ内容です。豊川市老朽空家等解体費補助金交付要綱の判定基準を参考にして、算出した結果をもとに老朽空家解体費補助倒壊危険空家解体費補助のどちらかを選択(のちほどお話をする老朽空家等申請書に記入)しますが、最初の申請後に市が厳密な判定調査を行います。(豊川市老朽空家等解体費補助金交付要綱についてはこちら)

対象者

次のすべての条件に当てはまる方

  • 空き家の所有者(又は一定の親族等)。ただし、空き家が共有である場合は、その空き家の解体について共有している親族等の同意がある
  • 豊川市税を滞納していない
  • 暴力団員でない

1つめは、申請後に親族間でトラブルが発生することを未然に防ぐ目的と考えられます。まずは親族同士でしっかり確認をとってから話を進めましょう。

補助金額

(1)補助率:補助対象工事に要する経費の3分の2(千円未満切り捨て)
(2)補助限度額
老朽空家解体費補助金:20万円
倒壊危険空家解体費補助金:30万円
※密集市街地の場合は、各+10万円

補助対象工事とは、簡単に言い換えれば解体工事費用+解体工事に関連する費用です。

また、密集市街地は老朽化した木造建物が密集していて、地震で避難路がふさがる、火災で延焼する等の危険性が高い市街地のことです。密集市街地での倒壊危険空家の場合に、補助金の限度額が40万円(30万+10万)と最大になります。

注目
密集市街地の倒壊危険空家の解体費補助金は、限度額40万円!!

対象工事

次の条件のどちらにも当てはまる工事。

  • 対象となる空き家の全部を解体する工事
  • 建設業の許可又は解体工事業者の登録がある事業者が行う工事

2つめは解体業者の条件です。当然ですが、市から認められていない会社が行った工事には補助金は下りません。
もし業者選びにお困りの場合は、あんしん解体業者認定協会にお問い合わせください。

受付期間

受付期間:2019年(平成31年/令和元年)4月1日から同年12月28日まで
※ただし、予算の上限に達した時点で終了

色々条件をお伝えしてきましたが、もう一つとても大事なことがあります。それが受付のタイミングです。
基本的に受付は年度ごとに先着順です。気を付けないと、本来補助制度を使える方でも補助金が下りなくなってしまいます。

注意
・受付開始は年度初め
・受付は先着順!! 予算分が埋まったら終了!!

「老朽空家等解体費補助金」の手続きフロー

では、制度が使用できるかの確認ができたところで、申請する手順を確認してみましょう。

☆老朽空家等判定申請

現地調査・結果通知

☆補助金交付申請

交付決定

☆解体工事契約・着手・完了

☆実績報告

補助金額確定通知

☆補助金請求

補助金交付

「☆」を付けたフローが、申請者側が何らか動く必要があるところです。
では、「☆」ごとにお話をしていきましょう。

老朽空家等判定申請

まず、豊川市へ厳密な判定調査を申請し、老朽空家解体費補助または倒壊危険空家解体費補助のどちらに当たるかを判定してもらいます。
この段階では、以下の書類を市へ提出します。

・老朽空家等判定申請書(様式第1号)

先に述べた通り、豊川市老朽空家等解体費補助金交付要綱の判定基準を参考にして、算出した結果をもとに老朽空家解体費補助または倒壊危険空家解体費補助のいずれかを選択します。そして、申請後に豊川市が現地調査して、どちらが対象かを厳密に判定します。

さらに、一緒に提出する書類として
・空き家の位置図(付近の見取図)
・空き家の外観写真(複数方向から撮影されたもの。正面玄関を含む)
を加えます。こちらはご自身で用意してください。

また、次のフローのために解体業者から見積書をもらうところまでは済ませておくと望ましいです。(ただし、のちほどお話をしますがこの時点では契約や着工を絶対してはいけません。補助金が下りなくなります)

補助金交付申請

豊川市から老朽空家等判定申請の結果が通知されたら、次に補助金交付を申請します。
この段階では、以下の書類を市へ提出します。

・老朽空家等解体費補助金交付申請書(様式第3号)

・補助事業実施計画書(様式第3-1号)

市の判定調査、解体業者の見積書をもとに書類を記入します。見積書は事前に入手しておきましょう。

加えて、一緒に提出する書類として
・空き家の登記事項証明書または所有者を確認できる書類
・工事見積書の写し(解体業者の記名、押印のあるもの)
を用意します。

解体工事契約・着手・完了

このタイミングで実際に解体工事に入りますが、先にお話をした通り交付申請より前に解体業者との契約、または工事に着手しては絶対にいけません。申請と並行して、解体業者と何らかやりとり(見積り等)をするケースは多いと思いますが、先に契約や工事に入ってしまったら補助金は一切下りなくなってしまいます。この点は、ぜひお気を付けください。

注意
交付申請より前に解体業者との契約、または工事に着手するのは絶対にNG!!

実績報告

解体が完了したら、豊川市へ最終的な工事金額等を伝えます。
もし、解体に関わる追加工事や追加料金が発生した場合は、この報告をもとに補助金額の調整がされます。

・老朽空家等解体費補助金実績報告書(様式第9号)

・老朽空家等解体費補助金決算書(様式第9-1号)

変更がない場合でも豊川市老朽空家等解体費補助金決算書は提出しましょう。

さらに、一緒に提出する書類として
・領収書の写し
・工事写真(着手前、工事中、完了時の敷地全体)
・産業廃棄物管理票(マニフェストA票の写し)
を用意します。

工事完了日から30日を経過した日又は交付申請年度の2月末のいずれか早い日までという提出期限がありますので、必ず守るようにしましょう。

補助金請求

ここまで来たら、後は補助金が下りるよう市へお願いするのみです。

・老朽空家等解体費補助金請求書(様式第12号)

口座は申請者本人のものを指定します。

また、特に一緒に提出する書類はありません。補助金額決定通知が届き次第、手早く済ませてしまいましょう。

以上で補助金申請は完了です。
提出書類が多いと感じられるかもしれませんが、今はネットでダウンロードできるものも多いので、案外集めやすくなっています。
どうしても分からないことはお問い合わせも可能なので、ぜひ以下をご参照ください。

建設部 建築課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2144
ファックス:0533-89-2171
豊川市WEBページ:老朽空家等解体費補助金について

申請書一式はこちらからダウンロード可能です。(豊川市のWEBサイト。必ずしも全ページは使いません)

まとめ

今回は、豊川市の老朽空家等解体費補助金について確認しました。
まずは補助金が受けられるのかどうか、条件に当てはまるのかをチェックしてみましょう。(老朽空家等解体費補助金の条件はこちら)

解体工事には決断が必要で、簡単ではないかもしれません。しかし、信頼できる解体業者と正しい情報が得られれば、意外とスムーズに工事は進められます。私たち、あんしん解体業者認定協会では、信頼できる解体業者の紹介と正しい情報の発信をしています。迷ったら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-978-952(携帯・PHS 可)
受付時間: 9:00~19:00(日曜・祝日除く)