危険空き家は解体工事が断然お得?!南会津町で話題の助成金制度とは

老朽空き家

長い間放置していた空き家が、地震の影響で突然倒壊してしまった、という話は珍しくありません。この記事を読んでいるあなたも、老朽化した空き家の対処に悩まされている事でしょう。
でも、安心して下さい。南会津町では老朽化した危険な空き家を解体工事する場合には、助成金制度が活用できるかもしれません。

どんな人がもらえるの?もらえる金額は?

疑問

助成金制度を利用すれば、解体費用を半分以下にする事だってできます。でもなぜそれほど高額の解体費用を負担してくれるのでしょうか?

老朽化が激しい危険な空き家が対象

実は、南会津町の助成金制度は危険空き家等に指定された老朽化の激しい空き家が対象です。

町内にある空き家等で、適正に管理されずに倒壊や防犯上の問題など周辺住民への生活環境への悪影響が大きい「危険空き家等」の解体費用の一部を補助することで、地域の良好な景観の保全と住民の安全で安心な暮らしを確保することを目的としてます。

引用:南会津町|危険空き家等除却事業補助金

老朽化が激しい空き家は、周囲にさまざまな危険を及ぼす可能性があります。例えば、

  • 地震などの自然災害で倒壊の危険がある
  • 不法滞在者が住み着いたり、不審火の被害にあったりと事件や事故の原因になる
  • 害虫や動物が住み着いて異臭の原因になる

など

その為、南会津町では危険な空き家を保有している所有者に対し、助成金制度を実施して解体工事をしやすい環境を提供しています。
その結果、「危険空き家に指定されてしまい、町から通知が来てしまった…」「適正に管理しろと言われてもいつまでも継続して管理するのは無理だ」となやんでいる方も、助成金制度が利用できるなら!ということで、以前よりもはるかに解体工事に取り組みやすくなりました。むしろ、危険空き家に指定された方が普通に解体工事をするより断然お得です。

では、実際に負担してもらえる助成金ってどれくらいなのでしょうか?

助成金額を実際に計算してみよう!

助成金額の計算方法は2種類あり、市町村民税の課税状況によって異なります。

①市町村民税が非課税の世帯

まずひとつめ、市町村民税が非課税になっている世帯では、解体費用総額のうち2/3以内を負担してもらうことができます。

助成率2/3
解体費用総額 120万円 × 助成率 2/3 = 助成金額 80万円
解体費用総額 120万円 - 助成金額 80万円 = 実質負担額 40万円
お金と電卓

ただし、上限金額80万円が設定されているので、解体費用の総額が120万円を超えてしまう場合には注意が必要です。

【注意】①市町村民税が非課税の世帯では上限金額は80万円。解体費用の総額が120万円を超える場合、助成金額は一律80万円になる。

②市町村民税が課税されている世帯

助成率1/2

続いてふたつめ、市町村民税が課税されている場合は解体費用総額のうち1/2以内を負担してもらう事ができます。

【計算例】
解体費用総額 100万円 × 助成率 1/2 = 助成金額 50万円
解体費用総額 100万円 - 助成金額 50万円 =実質負担額 50万円
お金と貯金箱

ただし、市町村民税が課税されている世帯の場合も上限金額が設定されています。市町村民税が課税されている世帯の場合、上限金額50万円が設定されているので、解体費用の総額が100万円を超える場合には注意が必要です。

【注意】②市町村民税が課税されている世帯の上限金額は50万円。解体費用の総額が100万円を超える場合は助成金額が一律50万円になる。

さて、もらえる金額が分かった所で、今度は対象条件を詳しくみていきたいと思います。危険空き家などに指定されている以外に、どのような条件を満たしている必要があるのでしょうか?

対象条件と注意事項をQ&Aでみていこう

Q&A

助成金をもらう為には、対象条件を満たしている必要があります。対象条件と注意事項をQ&A形式でまとめたので一つずつ確認しながら見ていきましょう。

空き家に関する条件

空き家

質問
どのような空き家が対象になりますか?
回答
南会津町空き家等の適正管理に関する条例に規定する助言又は指導を受けている空き家等が対象となります。
質問
どれくらい古い空き家が対象ですか?
回答
昭和56年以前に建築又は築造されているものが対象です。

対象者に関する条件

税務署

質問
市町村民税を滞納していても助成金は受け取れますか?
回答
町税、使用料等を滞納している場合は助成金制度を利用することはできません
質問
他の補助金制度との併用はできますか?
回答
他の補助金制度と併用することはできません。

その他の条件と注意事項

見積もり

質問
どこの解体業者に依頼すればいいですか?依頼する解体業者は決まっていますか?
回答
解体業者は決まっていません。町内に住所がある解体業者に依頼して下さい。
質問
交付決定通知が来る前に着手する事はできますか?
回答
交付決定通知が届く前に着工した解体工事は対象外になります。また、交付決定通知が到着してから60日以内に工事に着工して下さい。
質問
空き家を解体工事した後、すぐに新築を建てようと思うのですが?
回答
助成金を利用する場合、空き家等の除却後2年以内は、住宅や物置を建築するしたり、土地を有償で譲渡する事はできません。また、工事完了後の跡地は、周辺の住民又は景観に悪影響を及ぼさないよう適正な維持管理に努めて下さい。

参考:南会津町|危険空き家等除却事業補助金

いかがでしたか?対象条件は全て満たしていましたか?対象条件が確認できた方は、いよいよ申請書類を実際に書いて、申請の用意をしていきましょう。

申請に必要な書類を用意しよう

パソコン

南会津町の助成金制度では申請に必要な書類がいくつかあります。添付書類も複数あるので注意して見ていきましょう。

記入例を参考にして書いてみよう!

申請の際に記入が必要な書類は申請書が1点、添付書類が2点あります。まずは、下記URLからダウンロードしてみましょう。

ダウンロードができたあなたは、記入例を参考にしながらさっそく記入していきましょう。

1 危険空き家等除去事業補助金交付申請書

まず一枚目の記入書類は、危険空き家等除去事業補助金交付申請書です。

【危険空き家等除去事業補助金交付申請書の注意点】

  • 申請者区分はチェック漏れがないように注意する。
  • 補助対象工事費は実際の見積もり金額を記入する
  • 補助金交付申請額は見積もり金額総額のうち助成割合をもとに計算した金額を記入する。
注意点1

申請者が補助対象空き家の所有者や相続人から同意を受けた人が申請をする場合には、同意書が必要になります。また、相続人が複数いる場合も他の相続人の同意が必要になるので、同意書が必要になる場合があります。

注意点2

補助対象工事費は、南会津町内にある解体業者さんに見積もりを依頼して実際に計算してもらった総額が、補助金交付申請額の欄には、実際に計算した助成金額が入ります。助成金額の計算方法はこちらを参考にして下さい。

2 誓約書

次に記入するのは添付書類の誓約書です。記入欄はほとんどありませんが、右上に住所・氏名・電話番号を記入するようになっています。最後に捺印も忘れないようにして下さい。

3 工事計画書

最後に紹介するのは添付書類の工事計画書です。工事計画書は記入欄が多いので記入間違いがないよう注意して記入して下さい。

【工事計画書の注意点】

  • 登記簿謄本などを参考にして空き家等概要欄を埋める
  • 工事施工者は町内で許可を取得している解体業者を記入する
注意点3

一番上の、空き家などの概要を記入する欄には、床面積や建築年度などの対象空き家の詳細情報が入ります。詳細情報が不明な場合は、登記簿謄本などを参考に埋めていくとスムーズに記入ができます。なお、登記簿謄本は管轄の法務局で入手することができます。

注意点4

用紙最後の工事施工者の欄には、実際に解体工事を依頼する予定の解体業者さんを記入します。解体業者さんは、南会津町内に拠点がある解体業者さんで、建設業許可もしくは解体業許可のいずれかを取得している必要があります。許可番号などは、解体業者さんに直接聞いて確認しましょう。

一緒に提出する添付書類一覧

さて、申請書と誓約書、工事計画書の記入ができたら、一緒に提出するその他の添付書類も確認しておきましょう。
最初の申請で必要な添付書類は先程記入した添付書類も合わせて全部で7点です。

添付書類 問い合わせ先
①誓約書 ダウンロードはこちら
②工事計画書 ダウンロードはこちら
③現況写真 依頼する解体業者
④工事見積書 依頼する解体業者
⑤登記事項証明書 福島地方法務局 田島出張所
⑥世帯全員の課税証明書 本 庁 税 務 課   収税係 TEL 0241-62-6110
舘岩総合支所町民課住民税務係 TEL 0241-78-3325
伊南総合支所町民課住民税務  TEL 0241-76-7712
南郷総合支所町民課住民税務係 TEL 0241-72-2224
⑦同意書 南会津町役場(申請者が所有者と異なる場合のみ)

申請の際は、問い合わせ先を参考にしながら集めてみて下さい。

まとめ

空き家

助成金制度に関する問い合わせ先

南会津町

「対象になっているか不安だ…」「もっと詳しく聞きたい」という方は、南会津町役場の担当部署に直接と言わせて見て下さい。

南会津町役場本庁舎 総合政策課 地域振興係
〒967-0004 福島県南会津郡南会津町田島字後原甲3531番地1
TEL:0241-62-6210
メールでのお問い合わせはこちら

助成金制度を受けるためには、対象の空き家が特定空き家等の危険な空き家だと判断される必要があります。もちろん、ご自分で判断することはできないので助成金の対象になるかどうか不安だという方は、一度南会津町役場に問い合わせて見て下さい。

ご利用者様の95.9%が、平均185,567円の解体工事の費用削減に成功しています

解体工事は優良な業者の相見積りで安くなります。無料でご相談できますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-978-952(携帯・PHS 可)

運営元が気になる方はこちら
※別サイトに移動します

無料ダウンロード資料
知らないと損!『解体工事で失敗しないための手順書』

この手順書は、単に、“解体費用を安くする方法”や“いい解体業者の選び方” がわかるだけの資料ではありません。

「賢く(安く)」「安心できる」解体工事を行うための手順書です。

解体工事でよくある失敗例…

  • 工事時期を先延ばしにしていたら解体費用と税額負担が増額してしまった

  • 「安くてイイ業者」のはずが、悪徳業者だった…自分も不法投棄の処罰を受けた

  • 工事後1ヶ月以内に書類の提出を忘れ罰せられてしまった

  • 安さに惹かれて依頼したらずさんな工事で土地の価格が下がってしまった

  • 近隣住民からの苦情で工事が中断し、新築工事に間に合わなくなってしまった
  • 無料EBOOK

    「ちゃんと解体業者を選んだ」はずだった方が、結果的に大損してしまうケースは珍しくありません。最悪の場合、解体業者や近隣住民とのトラブルが訴訟にまで及ぶこともあり、解体後の新築や売却、土地活用等の命運を分けてしまいます。

    将来の計画を大きく左右する解体工事を、「賢く(安く)」しかも「安心して」行うには、「いつ」「何を」「どんな事に注意して」進めることが正解なのか?

    解体業者探しから工事後の申請手続きまで、手順に沿ってお伝えします。一生に一度の解体工事で大損しないために、この「解体工事で失敗しないための手順書」を是非お役立てください。

    ABOUTこの記事をかいた人

    友永敏行

    空き家は周りに沢山ありますが、解体工事に詳しい人はそれほどいません。 空き家問題に直面する人達がネットでしか情報を集めることができない現状ではより実用的な記事が求められていると思っています。 『解体工事の情報館』に来てくれた人が少しでも安心して解体工事に取り組めるようたくさん記事を書いて行きたいと思います。