あなたに最適な解体業者を無料で一括見積

トラブルゼロ!安心して家の取り壊し依頼できる解体業者の判別法

トラブルゼロ!安心して家の取り壊し依頼できる解体業者の判別法

長年住んだ家の取り壊しを考える際に、あなただったらどの会社に依頼しますか?

プロに仕事を依頼すればトラブルゼロで行えるだろうと思います。

「解体業者なんて、どれも変わらない。」、「ハウスメーカーさんに任せればいい。」、「長年付き合っている地元に根付いた不動産会社に紹介してもらう。」など、考える方が多いでしょう。実際に、ハウスメーカーや不動産会社の紹介で解体工事を依頼するといった方が多いでしょう。

確かにハウスメーカーや不動産会社の紹介で、家の取り壊しをお願いする場合、自分で探さなくていいため楽です。

しかし、本当に得をしているかは見えてきません。伝えられた費用や日取りで行っていくでしょう。特に費用に関しては、高額かそうでないかの判断はつきません。

損しないためにどの方法を選択するのが一番いいのかを考えてみました。

ハウスメーカーに任せっきりは時代遅れ

ニュースを見ていると、解体工事にまつわる衝撃的なニュースがたまに報道されます。
過去にあった事例では、『ハウスメーカーが無許可の業者に廃材の処理を依頼したため逮捕者が出てしまった。』というようなショッキングなニュースです。

不法投棄ニュース

新築工事という今後の住まいづくりを担うハウスメーカーで発覚した出来事だからこそ、建築業界に与える影響は多大なるものでした。

この事件の発端で大小様々なハウスメーカーは、付き合いのある解体業者を今一度見直すようになりました。もしかしたら、100%信頼して依頼することができなくなったのかもしれません。

ハウスメーカーのこういった動きは誉められる内容です。しかし、ハウスメーカーとの繋がりで仕事を受注していた解体工事業者はどれくらい変わるかはわかりません。

事故を起こさずしっかりと業務を行っているから、お客様に喜んでもらえる努力を怠っているところもきっとあるでしょう。
本当の企業努力をしている解体業者は、ハウスメーカーとの繋がりがある・ないに関わらず単純な価格競争に入るのではなく、解体工事を行いたい方々への喜びを考えているでしょう。

また、直接的に仕事を請けているわけではないため、お客様に対する考えも薄れているかもしれません。ハウスメーカー経由で請けた仕事は、お客様がハウスメーカーになってしまうこともあり得ます。

安心した解体工事をお願いする場合は、実績と信頼のある解体工事の専門業者にお願いするのが一番です。
ハウスメーカーや不動産会社を挟まないため、その分コストダウンも実現できるでしょう。

安心して信頼できる解体業者の見つけ方

解体工事専門の業者を見つけて、数カ所に相見積りをお願いするのが一番です。

その解体工事専門業者を見つけるために、インターネットを使った情報収集を行うのがいいでしょう。昔はあまり出てこなかった『解体工事』の情報も今では沢山の情報を知ることができます。

安心して家の取り壊しを行うには、解体工事や業者の知識を少しでも身につけることや情報を取得する必要があります。ホームページで解体業者の実績や情報、少しばかり手間はかかってしまいますが、市役所などで過去違反履歴があったかも確認をしておくのがいいでしょう。

ホームページで確認しておく点をまとめておきます。

  • 1.許可証はしっかりと所有しているのか
  • 2.事務所を構えているのか
  • 3.重機は保有しているのか
  • 4.マニフェストを発行してくれるのか

少なくともこれらの情報は把握しておくべきでしょう。
次に、なぜこれらが必要なのかまとめます。

1.許可証はしっかりと所有しているのか

国や県からの許可

解体工事を行うためには、国や県の許可証が必要です。

解体工事の許可証を所有していれば、届け出を出していない無許可の業者である可能性はほとんどなくなるでしょう。

建設リサイクル法では、延床面積80㎡以上の建物の解体工事を行う場合届け出が必要です。小さい建物の取り壊しの場合は届け出なしで行えるため、無許可の解体業者が存在してしまう理由とも考えられるでしょう。

2.事務所を構えているのか

事務所

事務所を構えているということは、敷地内や近くに重機を保管している可能性が高く、解体工事専門の会社と考えられるでしょう。最初から下請けに依頼する会社の場合、事務所は別の会社に間借りすることやマンションの1室でも物理的にはできてしまいます。

解体工事専門の会社の住所をGoogleやYahoo!で検索するといいでしょう。
地図検索だけでなく、ストリートビューなども活用することで、どのくらいの大きさの会社なのか、重機は保有しているのかもわかる場合もあります。

検索して出てきた住所が住居用のマンションや一般家屋の場合は、考えた方がいいでしょう。マンションの一室の場合、バーチャルオフィスであることが考えられます。
一戸建ての場合、個人で解体工事の事務所を構えているため、しっかり工事を行ってくれる可能性もあります。

住所がわかれば直接確かめに行ってみるのがいいでしょう。一番信頼できるのは、自分自身で確認し判断した場合になるでしょう。

3.重機は保有しているのか

重機の保有

重機は解体工事を行う上で、必要不可欠なものです。もちろん、保有しなくてもリースで重機を借り、解体工事を行っている解体業者もいます。

しかし、依頼する場合は出来る限り重機を数台保有している解体業者に頼むのがいいでしょう。
自社で保有していれば、リース費用が含まれることはありません。それだけで、解体費用を1割程度抑えることができます。

4.マニフェストを発行してくれるのか

マニフェストは、解体工事を行った業者が5年間保管し続けなければいけない義務があります。

マニフェストの控えをもらうことも言えばできますので、一度解体業者の「マニフェストの控えをもらってもいいですか?」と聞いてみるのがいいでしょう。少しでも拒むようならば、その解体業者に解体工事を依頼するのは控えた方がいいでしょう。

これら4点は、解体工事を頼める最低条件です。実際に依頼する前に確認しましょう。
一生に一度あるかないかの解体工事は、事前準備をしておくことで、満足する解体工事ができるでしょう。

その他、安心して依頼できる解体業者の条件を以下にまとめていますのでご覧ください。

年々減少しているもののなくならない不法投棄

法令が厳しくなり、どの地域でも不法投棄撲滅に向けて様々な対策が取られています。そのおかげか、不法投棄の件数は、年々減少しています。しかし、不法投棄の撲滅はできていないのが現状です。

不法投棄の約9割が建築物の不法投棄です。廃材が多く出る解体工事において、信頼できる工事業者に建物の取り壊しをお願いすることが不法投棄撲滅の一歩に繋がります。

まとめ

トラブルゼロ!安心して家の取り壊しを依頼できる解体業者の判別法をお届けしました。

解体工事は、普段触れることのない分野でかつ情報も限られています。専門的な分野であるため、自分自身で情報を集めようとしても難解なことが多いです。
インターネットを活用し、有益な情報を集めることや市役所に電話してみるなど一手間加えるだけで、安心して工事を任せられる解体業者の条件を知ることができます。

ちょっとした手間で、費用が安くなったり、解体工事後のことを考えての取り壊しや土地の整地を行ったりと嬉しいことが多いです。

これまで多くの方が行っていたハウスメーカーや不動産会社に任せきりにする方法より、信頼できそうな専門の解体業者を見つけ相見積りを取って自分で判断するのがいいです。

解体工事を行う必要が出てきたら、しっかりとしたところから情報を取って、信頼できる解体業者を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。